Web音遊人(みゅーじん)

ベートーヴェン生誕250周年、ソナタ最後の境地/福間洸太朗ピアノ・リサイタル

奇跡の公演である。ベートーヴェン生誕250年の2020年は世界中がコロナ禍に苦しみ、コンサートの中止も相次いだ。その記念年のまさに楽聖の誕生日である12月16日、ヤマハホールで「福間洸太朗ピアノ・リサイタル」が実現した。曲目は最後のピアノ・ソナタ3曲(第30、31、32番)。ベートーヴェンのピアノ作曲技法の集大成だ。苦境の1年を闘い、希望をつなごうとする私たちへの、楽聖からの贈り物だ。

福間はソナタ3曲に入る前に「4声フーガ『Dona nobis pacem(われらに平和を与え給え)』」を弾いた。バッハを思わせる曲だが、自筆譜の発見で楽聖の真作と認定された。24歳頃の作という。福間の指摘通り、最後のピアノ・ソナタ3曲に通じる音型を聴く気がした。3曲は大作『ミサ・ソレムニス』の作曲期間とも重なり、変奏曲とフーガの技法が特徴であるだけに、バッハ風の曲は導入にふさわしい。

『第30番ホ長調作品109』は幻想的な音楽だ。気負ってはいけないし、ロマン派風に歌いすぎると構成が崩れてしまう。第1楽章の演奏は強弱と緩急の幅が大きい。速い2拍子の部分が9小節続くだけですぐに、遅い3拍子の部分が挿入句のように現れる。それが交互に続いて夢見心地の気分を醸し出す。コントラストを浮き彫りにするために、速い部分ではリズムと響きの輪郭を明確にしたい。遅い部分も緩急をやや付けすぎていた。

第2楽章は音量が大きく、若さを感じる。熱情的であり、中期のソナタを聴くようだ。『第30番』は49歳の作であり、まだ『ミサ・ソレムニス』も『交響曲第9番』も完成していない。晩年らしい達観の雰囲気を出す必要はないのかもしれない。第3楽章では落ち着いた優しい音色になったが、もう少し内省的な味わいがほしかった。

『第31番変イ長調作品110』は第1楽章が柔らかい響きだ。第2楽章は一音ごと愚直な弾き方が枯淡を感じさせる。ブラームスの晩年のピアノ曲を先取りする内向的な渋さだ。第3楽章では悲しみを込めて『嘆きの歌』を紡いだ。『不滅の恋人』との悲恋も回想するようなシーンだ。その悲しみの深さゆえに、続く荘厳なフーガが前向きな盛り上がりを築いた。

『第32番ハ短調作品111』は冷静で入念な弾き方だ。激しい第1楽章は粗暴にならず、厳格な構成美を聴かせた。第2楽章も安定している。唐突に入る32分の12拍子の第3変奏は「ジャズ風」ともいわれるが、当時ジャズはまだ無い。現代の耳でそう思えるだけであり、ここをポップに捉える演奏は嫌いだ。福間はポピュリズムとは無縁で、主題が細分化される変奏の美を伝えていた。

アンコールは最後のピアノ曲集『6つのバガテル作品126』から『第3曲変ホ長調』。ソナタ3曲に通じる安らぎを聴かせつつ、100年後のウェーベルンを予感させる音の小宇宙。現代音楽にまで続くベートーヴェン250年の影響力を小品に象徴させて、記念公演を閉じた。

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社文化部デスク。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

神保彰

今月の音遊人

今月の音遊人:神保彰さん「音楽によって、人生に大きな広がりを獲得できたと思います」

9288views

音楽ライターの眼

トレイシー・ソーンの自伝的エッセイが刊行。エヴリシング・バット・ザ・ガールを読む

964views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

20334views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

2768views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

4048views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3735views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4515views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3075views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8495views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6403views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4913views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19865views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4426views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8226views

音楽ライターの眼

連載5[ジャズ事始め]日本にジャズが芽生えた大正前夜の音楽事情

2137views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

14038views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2666views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

90175views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3316views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3339views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

36760views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5925views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19865views