Web音遊人(みゅーじん)

ブルースの巨匠ライトニン・ホプキンスの名盤にして異色作2タイトルが重量盤LP再発

ライトニン・ホプキンスの2大アルバムが2021年3月、180g重量盤アナログLPとして日本発売されることになった。

サミュエル・ジョン・ホプキンス(1912 – 1982)はテキサス・ブルースを代表するギタリスト/シンガー/ソングライターであり、その閃光のようなギター・プレイで“ライトニン=稲妻”の異名を取った。今回リリースされるのは『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』と『モージョ・ハンド』という、ライトニンの代表的アルバムであり、ブルース音楽のオールタイム・ベストに挙げられることも少なくない名盤だ。

『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』は1954年に録音され、“ヘラルド・レコーズ”からシングルとして発表された全12曲をアルバムにまとめた作品(1960年にアルバム発売)。こってり濃厚なスロー・ブルース『ナッシン・バット・ザ・ブルース』のハートに突き刺さるギター、師匠ブラインド・レモン・ジェファーソンの『ニューモニア・ブルース』を発展させた“病気系ブルース”の『シック・フィーリング・ブルース』、ロックンロールのルーツとしての『ライトニンズ・ブギ』『ライトニンズ・スペシャル』など、起伏に富んだサウンドで魅せる作品集だ。

一方の『モージョ・ハンド』は1960年に録音、1962年に“ファイア”レーベルから発表されたアルバムだ。1曲目『モージョ・ハンド』の“ルイジアナに行ってモージョ・ハンドを手に入れる”という宣言と、ワイルドな速弾きを交えたギターにはインパクトがあり過ぎるが、スローに攻める『オーフル・ドリーム』、黒馬がトコトコ走っていくようなインストゥルメンタル『ブラック・メア・トロット』、ライトニン自身のピアノも聴ける『ハヴ・ユー・エヴァー・ラヴド・ア・ウーマン』など、全編そのインパクトが持続する。

両アルバムともライトニンはアコースティック・ギターにマイクを取り付けて生々しいプレイとサウンドを録音、ベーシストとドラマーを従えて奔放に弾きまくり、唸っている。音域が広く、重量感のあるサウンドは180gの重量盤LPでさらに効果を出している。

これまで紙ジャケット盤CDやボーナス・トラックを加えた拡大版エディションなども発売されている両作だが、アルバム本編のみで勝負する今回のリリースは、ピュアでストイックな仕様となっている。

歴史を超えた名盤と呼ばれることも少なくないこの2作だが、実はアルバムの発売当時、この音楽性は必ずしもライトニンに求められたものではなかった。1959年、ブルース研究家のマック・マコーミックとサミュエル・チャーターズが彼を“発見”、白人社会に紹介したとき、求められたアコースティック弾き語りのフォーク/カントリー・ブルースだった。1960年10月、彼が出演したニューヨークのカーネギー・ホールでの公演は、ジョーン・バエズ、ピート・シーガーとのアコースティック・ショーだった。

『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』のジャケットには“アメリカン・フォークロアを歌う”という副題が付けられている。枯れた味わいの弾き語りを期待してレコードを手にした当時の白人オーディエンスは、スピーカーから飛び出す脂っこいブルースの塊とバンド演奏にぶったまげたのではなかろうか。

だが『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』と『モージョ・ハンド』には、“異色作”を“代表作”にしてしまうマジックがある。近年ではこの2作を入口にしてライトニンの膨大な作品群に踏み込んでいくリスナーも少なくないだろう。筆者(山崎)もそうだった。

1947〜1951年の初期音源を集めた『シングス・ザ・ブルース』(1960)ではライトニンの若々しい歌声とギターを聴けるし、サミュエル・チャーターズがプロデュースしてカントリー・ブルースマンとしてのライトニンの姿を捉えた『ライトニン・ホプキンス』(1959)やソロでのニューヨーク吹き込み音源『ライトニン・イン・ニューヨーク』(1960)、サイケデリック・ロックの13thフロアー・エレヴェイターズとの共演作『フリー・フォーム・パターンズ』(1968)など、彼は幾多の優れたアルバムを世に出してきた。そんな豊潤なるブルースの道を歩んできたライトニンの軌跡の、まさに最高峰といえるのが、『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』と『モージョ・ハンド』なのである。

■インフォメーション

アルバム『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』

発売元:Pヴァイン・レコード
発売日:2021年3月31日
価格:4,400円(税込)
詳細はこちら

アルバム『モージョ・ハンド』

発売元:Pヴァイン・レコード
発売日:2021年3月31日
価格:4,400円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

Web音遊人_上原ひろみ

今月の音遊人

今月の音遊人:上原ひろみさん「初めてスイングを聴いたときは、音と一緒に心も躍るような感覚でした」

25799views

音楽ライターの眼

バッハからショパンへ、大人のロマンティシズム/牛田智大 ピアノ・リサイタル

15152views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

13856views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20784views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

14998views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

13625views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6388views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8898views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10952views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

4659views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5296views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24695views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16797views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21721views

音楽ライターの眼

2021年はサン=サーンスの没後100年のメモリアルイヤー

5151views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

3098views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7749views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

29910views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7170views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5265views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

46004views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2856views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24695views