Web音遊人(みゅーじん)

ブルースの巨匠ライトニン・ホプキンスの名盤にして異色作2タイトルが重量盤LP再発

ライトニン・ホプキンスの2大アルバムが2021年3月、180g重量盤アナログLPとして日本発売されることになった。

サミュエル・ジョン・ホプキンス(1912 – 1982)はテキサス・ブルースを代表するギタリスト/シンガー/ソングライターであり、その閃光のようなギター・プレイで“ライトニン=稲妻”の異名を取った。今回リリースされるのは『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』と『モージョ・ハンド』という、ライトニンの代表的アルバムであり、ブルース音楽のオールタイム・ベストに挙げられることも少なくない名盤だ。

『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』は1954年に録音され、“ヘラルド・レコーズ”からシングルとして発表された全12曲をアルバムにまとめた作品(1960年にアルバム発売)。こってり濃厚なスロー・ブルース『ナッシン・バット・ザ・ブルース』のハートに突き刺さるギター、師匠ブラインド・レモン・ジェファーソンの『ニューモニア・ブルース』を発展させた“病気系ブルース”の『シック・フィーリング・ブルース』、ロックンロールのルーツとしての『ライトニンズ・ブギ』『ライトニンズ・スペシャル』など、起伏に富んだサウンドで魅せる作品集だ。

一方の『モージョ・ハンド』は1960年に録音、1962年に“ファイア”レーベルから発表されたアルバムだ。1曲目『モージョ・ハンド』の“ルイジアナに行ってモージョ・ハンドを手に入れる”という宣言と、ワイルドな速弾きを交えたギターにはインパクトがあり過ぎるが、スローに攻める『オーフル・ドリーム』、黒馬がトコトコ走っていくようなインストゥルメンタル『ブラック・メア・トロット』、ライトニン自身のピアノも聴ける『ハヴ・ユー・エヴァー・ラヴド・ア・ウーマン』など、全編そのインパクトが持続する。

両アルバムともライトニンはアコースティック・ギターにマイクを取り付けて生々しいプレイとサウンドを録音、ベーシストとドラマーを従えて奔放に弾きまくり、唸っている。音域が広く、重量感のあるサウンドは180gの重量盤LPでさらに効果を出している。

これまで紙ジャケット盤CDやボーナス・トラックを加えた拡大版エディションなども発売されている両作だが、アルバム本編のみで勝負する今回のリリースは、ピュアでストイックな仕様となっている。

歴史を超えた名盤と呼ばれることも少なくないこの2作だが、実はアルバムの発売当時、この音楽性は必ずしもライトニンに求められたものではなかった。1959年、ブルース研究家のマック・マコーミックとサミュエル・チャーターズが彼を“発見”、白人社会に紹介したとき、求められたアコースティック弾き語りのフォーク/カントリー・ブルースだった。1960年10月、彼が出演したニューヨークのカーネギー・ホールでの公演は、ジョーン・バエズ、ピート・シーガーとのアコースティック・ショーだった。

『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』のジャケットには“アメリカン・フォークロアを歌う”という副題が付けられている。枯れた味わいの弾き語りを期待してレコードを手にした当時の白人オーディエンスは、スピーカーから飛び出す脂っこいブルースの塊とバンド演奏にぶったまげたのではなかろうか。

だが『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』と『モージョ・ハンド』には、“異色作”を“代表作”にしてしまうマジックがある。近年ではこの2作を入口にしてライトニンの膨大な作品群に踏み込んでいくリスナーも少なくないだろう。筆者(山崎)もそうだった。

1947〜1951年の初期音源を集めた『シングス・ザ・ブルース』(1960)ではライトニンの若々しい歌声とギターを聴けるし、サミュエル・チャーターズがプロデュースしてカントリー・ブルースマンとしてのライトニンの姿を捉えた『ライトニン・ホプキンス』(1959)やソロでのニューヨーク吹き込み音源『ライトニン・イン・ニューヨーク』(1960)、サイケデリック・ロックの13thフロアー・エレヴェイターズとの共演作『フリー・フォーム・パターンズ』(1968)など、彼は幾多の優れたアルバムを世に出してきた。そんな豊潤なるブルースの道を歩んできたライトニンの軌跡の、まさに最高峰といえるのが、『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』と『モージョ・ハンド』なのである。

■インフォメーション

アルバム『ライトニン・アンド・ザ・ブルース』

発売元:Pヴァイン・レコード
発売日:2021年3月31日
価格:4,400円(税込)
詳細はこちら

アルバム『モージョ・ハンド』

発売元:Pヴァイン・レコード
発売日:2021年3月31日
価格:4,400円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:由紀さおりさん「言葉の裏側にある思いを表現したい」

3121views

音楽ライターの眼

憧れが魅力に昇華するまで……その軌跡を辿る音楽旅/飯森範親と辿る芸術 Vol.4 ~ピアノの名手ベートーヴェンが描いた弦楽器の世界~

334views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

2792views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

72193views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

7636views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

7095views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

3278views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3351views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

20457views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

5513views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4410views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6164views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

5013views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6644views

音楽ライターの眼

ジャズ・ピアノ6連弾を振り返りながらジャズとクラシックの“分け目”を考えてみる

2129views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

3317views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1873views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

4250views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

12636views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

4935views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

32172views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3765views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18217views