Web音遊人(みゅーじん)

奏者に寄り添い、楽器のあらゆる不具合を解決に導く。ゴールなき「管楽器リペア」の世界

『表舞台で活躍する奏者とその活躍を裏で支えるリペア技術者』それは、一つの楽器をとおした表裏一体の関係。リペアは決して「壊れたところを直せば終わり」ではなく、その楽器を最良の状態に近づけ、奏者の理想を叶えることがミッションです。
そんなリペアの奥深さや魅力について、リペア技術者を多数輩出する「ヤマハ管楽器テクニカルアカデミー」所長の河田章さん、同アカデミー講師の小出真衣さんにうかがいました。

管楽器において「リペア」が重要な理由

奏者自身が持ち運び、楽器の構造やキイメカニズムが精密な管楽器は、定期的なメンテナンスが必要です。そのため、奏者とリペア技術者の距離は近くなければならず、優れた技術者なくして理想の音色、音楽を表現することはできません。困っている奏者に寄り添い、あらゆる故障・不具合に対応するお医者さんのような存在──それが管楽器のリペア技術者です。
壊れたところを修理し、楽器を限りなく“新品”の状態に近付けること。その楽器の“いい状態”を知り、構造や設計についての深い知識がないと、的確なリペアは不可能です。また近年、店頭でのリペア環境は、『見えない工房』から『見せるリペア』へと変化しています。お客様にあえて見せることで、充実したアフターサービスや安心感を与え、付加価値を生み出しています。そんな背景から、中学・高校の吹奏楽部の生徒を中心に「マジシャンのように楽器を修理できるリペア技術者は格好いい!」と注目が集まっていますが、憧れのリペア技術者になるためには、専門の教育機関で基礎知識・技術を習得する必要があります。

生徒は、吹奏楽・オケなどで管楽器に触れた人がほとんど。困ったときリペア技術者に助けてもらった経験から、自分も同じ立場になって奏者をサポートしたい、という思いで入学してくる人が多いという。

1年間の短期集中で即戦力を育てる

リペア技術者の養成機関には2年制の専門学校が多いですが、1年間でプロとしての即戦力を身に付けるのが、ヤマハの運営する「ヤマハ管楽器テクニカルアカデミー」。1978(昭和53)年にスタートした同アカデミーは、ヤマハの管楽器を製造する静岡県磐田市の豊岡工場敷地内にあり、楽器がつくられているすぐそばで、開発・製造の専門スタッフから設計論・音響学を学ぶこともできます。
「ヤマハ管楽器テクニカルアカデミーは学校ではなく、楽器メーカーであるヤマハが運営する職業訓練機関です。私たちは“社会人0年目”と呼んでいますが、専門知識・技術の習得だけでなく、チームビルディングやストレスマネジメント・ビジネスマナーなどの研修を通して社会人としての基礎も養います。通常2年で学ぶことを1年に凝縮しているため、とにかく忙しく大変ですが、生活指導も含めて生徒一人ひとりとしっかり向き合い、きめ細かく指導していきます」と、所長の河田章さん。

信木隆輝 講師(左)とインタビューに応えてくれた小出真衣 講師(右)。

実習でまず教わるのは、安全教育や作業用エプロンの付け方。「エプロンのリボンを綺麗に結べないリペア技術者に、自分の大事な楽器を任せられるか?」という考えから、身だしなみもプロの条件の一つと叩き込まれます。
「4月の実習で行うのは、ヤスリ掛け・リペアで使う工具作りで、生徒はなかなか楽器にさわれません。これは、リペア技術の前に学ぶべき基礎技術があるからですが、多くの生徒がカリキュラムの後半になって基礎の重要性を実感するようです。また技術面のことだけでなく、リペア技術者としての心得・挨拶の徹底・時間の管理・納期の厳守といった社会人として当たり前のことも実習に盛り込み、“なぜ大切なのか”という理由まで教えます」と、同アカデミーの講師で卒業生の小出真衣さん。

4月に課題の一つとして出される楽器のデッサン。パーツの把握など、楽器をよく知るために役立つという。

生徒が集中して学べるようアカデミーは全寮制で、寮には土日も含めて、毎日遅くまで使える作業室を完備。さらに、実習や作業で使える管楽器を1,000本以上常備し、リペアの工具類も充実しているなど、生徒の「もっと腕を磨きたい」という気持ちに応える環境・設備が整っています。

一生かけて学び続ける覚悟が必要

生徒が1年かけて目指すのは、9つの管楽器(フルート・クラリネット・サクソフォン・ピッコロ・トランペット・トロンボーン・ホルン・オーボエ・ファゴット)において、基本的な修理・調整に対応できる技術レベルを証明するリペアグレードの取得。修了生の100%がヤマハ特約店(楽器店)に就職しており、日本各地でリペア技術者として活躍しています。近年は、アカデミー出身者の活躍を見た後輩がリペア技術者を志すことも多く、なかには「中学生のときからアカデミーへの入学を決めていた」という人もいるそう。

また、アカデミーを修了したら終わりではありません。
「リペア技術者の養成には多くの時間がかかり、簡単に替えがききません。リペア技術者になったからには長く続けて欲しいので、特約店に就職したのちも数年かけて修了生を見守り、サポートしていく体制を整えています。お客さまに楽器を長くご愛用いただくためにも、社を挙げてリペア技術者を大事に育てていきたいと考えています」(河田さん)

ヤマハ管楽器テクニカルアカデミーが掲げるテーマは「覚悟を、胸に。」。
この言葉から、生半可な気持ちでは務まらないことがわかります。
「厳しい指導はやや時代に逆行している感じがありますが(笑)、リペア技術者に求められるものは今も昔も変わらず、常に探求心を持って腕を磨き、仕事に誠実に向き合う姿勢が不可欠です」と、講師の小出さん。
「管楽器には木管・金管の多様な種類があり、不具合の状態に一つとして同じものはなく、プレイヤーであるお客さまの要望もさまざまです。対応はそのつど異なり、責任も重いですが、自分のリペアでお客様を笑顔に出来た時、言い表しようのない喜びを感じます。一生、鍛錬を積まねばならない厳しい世界ですが、努力を重ねたぶん、大きな達成感を得られるのが管楽器のリペア技術者の魅力だと思います」(小出さん)

ときに厳しく、ときに優しく、親身になって技術指導・生活指導してくれる講師は、アカデミーの生活において親同然の存在。また、就職指導では、履歴書の書き方、社会人としての正しい言葉使い・オンライン対面の両方に備えた個別の模擬面接なども行っている。

管楽器が好きで、困っている奏者の力になりたい、そのための努力は惜しまないという気概のある人は、管楽器リペアの道に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。みずから舞台に上がることはありませんが、自分の手がけた楽器が美しい音色を奏で、奏者が生き生きと輝く姿を見る喜びは、リペア技術者にしか味わえない醍醐味です。


将来の夢、管楽器リペア。|ヤマハ管楽器テクニカルアカデミー

【Web見学ツアー】見る!知る!分かる!ヤマハ管楽器テクニカルアカデミー

■ヤマハ管楽器テクニカルアカデミー

ヤマハが運営する管楽器修理技術者育成機関。当校修了後、全国のヤマハ特約店への就職を前提とした技術習得施設です。
オフィシャルサイト

特集

上野通明

今月の音遊人

今月の音遊人:上野通明さん「ステージで弾いているときが、とにかく幸せです」

906views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase16)リスト「詩的で宗教的な調べ」、超絶技巧の果ての高い精神性と旋律美

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase16)リスト「詩的で宗教的な調べ」、超絶技巧の果ての高い精神性と旋律美

1043views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2202views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

8580views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8462views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6749views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4441views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5259views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12631views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4884views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4716views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24850views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8131views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19078views

音楽ライターの眼

連載1[ジャズ事始め]ジャズの生い立ちには“文化”を知る手がかりが秘められている

6593views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

14328views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5595views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11326views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6526views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5498views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20957views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2775views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29264views