Web音遊人(みゅーじん)

ドイツの正攻法のデュオで、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタの神髄を味わう

ベートーヴェンの生誕250年のメモリアルイヤーに当たる2020年、ヴァイオリニストのフランク・ペーター・ツィンマーマンとピアニストのマルティン・ヘルムヒェンがベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲録音の第2弾を録音した。

今回は第5番『春』、第6番、第7番の登場。ドイツを代表する実力派であるふたりのデュオは、虚飾を配した正攻法。ベートーヴェンのソナタの内奥にひたすら迫っていく圧倒的な説得力に満ちた演奏で、ツィンマーマンの柔軟性あふれる歌謡的な旋律のうたわせ方に、ヘルムヒェンの知的で内省的で繊細なニュアンスに富むピアノが自然に和していく。ここでは各曲の内容を紹介してみたい。

まず、CDは人気の高い第5番『春』で開幕する。『春』という副題は作曲者の命名ではないが、この作品のもっている明るく浮き立つような気分にふさわしい。その理由としては、当時ジュリエッタ・グイッチャルディという女性に恋をしていて、その気分が反映しているからだといわれている。

第1楽章は通常の気難し屋のベートーヴェンではなく、上機嫌で陽気な青年の健康的な顔が見えてくる。
第2楽章は主題が次々に転調されて気分を変えていく様子が春のうつろいを連想させる。
第3楽章は短く洒脱な楽章で、愛らしさとロマンをただよわせる。
第4楽章は3つの主題が組み合わされたロンド・フィナーレ。明るく幕を閉じる。

次いで第6番。作品30の3曲(第6番、第7番、第8番)のヴァイオリン・ソナタは、ロシア皇帝アレクサンドル1世に献呈された。この3曲のなかでは第6番がもっとも演奏される機会に恵まれず、ヴァイオリン・ソナタの全曲演奏会以外にはほとんど登場してこない。

しかし、第1楽章のリリカルで落ち着いた情緒をもつ第1主題、シンコペーションが特徴的な第2主題など、ベートーヴェンらしさが横溢している。特にピアノに華やかなフレーズが多用されているのが目立つ。

第2楽章の小さなロンドは、叙情的な旋律が両楽器によって奏でられ、第3楽章では、当初ベートーヴェンはタランテラを用いたフィナーレを構想していたが、それは『クロイツェル』ソナタの第3楽章へと移され、ここでは簡潔な主題と6つの変奏曲が書かれた。

ベートーヴェンのソナタのなかで、『クロイツェル』『春』に次いで人気の高い第7番は、作品30のなかでも傑出した作品となっている。「ハイリゲンシュタットの遺書」が書かれたのは1802年の秋であり、やがて「傑作の森」といわれる名作を生み出すことにつながっていく時期に作曲されている。

各楽章の主題は非常に明確で、親しみやすい。第1楽章はピアノの重々しい響きで始まる主題は緊迫感を備え、劇的な音楽を形作っていく。第2楽章はヴァイオリンの流麗な響きと、装飾性に彩られたピアノが闊達な動きを見せる。第3楽章は付点リズムがメヌエット風の舞踏を表現し、ヴァイオリンとピアノが快活な表情を織成していくスケルツォ楽章。第4楽章は再び緊張した響きが全編を覆い、ふたつの主題とふたつのエピソードが交錯しながらブレストのコーダへと突き進む。

こうした内容を踏まえ、ツィンマーマンとヘルムヒェンの濃密なデュオを堪能したい。

■インフォメーション

『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.2』

発売元:キングインターナショナル
発売日:2021年5月11日
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:MORISAKI WINさん「音は感情を表すもの。もっと音楽を通じたコミュニケーションをして、世界を見る目を広げたい」

3194views

音楽ライターの眼

連載50[ジャズ事始め]“なぜ日本でジャズなのか?”という問いに対する50回目の回答

658views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

29188views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

86048views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6227views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

12773views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

5112views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1369views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6463views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4872views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4385views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25654views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5652views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10958views

音楽ライターの眼

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.1

7576views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4706views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

3133views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

1818views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

18108views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

6200views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

28386views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

8388views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25654views