Web音遊人(みゅーじん)

ホールの空間を広げるピリオド楽器の“怪”と“快”/珠玉のリサイタル&室内楽 ベートーヴェン初期の室内楽 ~鈴木・小倉・岡本が創る新時代の幕開け~

ヤマハホールらしからぬ光景が目の前に広がる。舞台の上にあるピアノは黒光りしていないし、「YAMAHA」の金文字や「Bösendorfer」の髭文字も刻まれていない。調律師もヤマハの技術者ではない(古典鍵盤楽器製作者・太田垣至さん)。
それもそのはず、この楽器は演奏者の持ち込んだフォルテピアノで、ウィーンの製作家アントン・ヴァルターの作った楽器(1795年)を模している。弦楽器の2人も1800年前後のセッティングか、それに近い状態の楽器で演奏に臨む。いわゆるピリオド楽器だ。

2021年7月11日のコンサートにはバイオリン奏者の岡本誠司、チェロ奏者の鈴木秀美、フォルテピアノ奏者の小倉貴久子の3人が出演し、ベートーヴェンの室内楽を披露した。3つの楽器それぞれのソナタに、全員集合の三重奏曲を加えた全4曲のプログラム。

バイオリンの岡本は、弦楽器と管楽器の音色を、弓づかいとビブラートで弾き分ける。曲の中での役割を踏まえているから、単なる物真似ではなく、作品の中にきちんと居場所を持った音を出す。
フォルテピアノはもともと音域によって音色がはっきりと違う。楽器のなかに“老若男女の役者”を閉じ込めているわけだ。奏者の小倉はさらに、彼ら“登場人物”のセリフに句読点をしっかりと打つので、“おしゃべり”への参加人数が多くても、その会話は決してごっちゃにならない。
チェロの鈴木秀美は3人のうち最年長。その貫禄はつねに新鮮な演奏の中にあらわれる。たとえば同じ音形の繰り返しでも、子音(音の出端の雑音成分)を変え、母音(発音後の音の広がり)を改めるので、ニュアンスが刻々と変化する。

そんな3人が顔を揃えた三重奏曲第1番は圧巻だった。最初、舞台から客席へと放射状に広がっていた音響空間が、短調の局面を境に舞台後方に奥行きを広げる。フォルテピアノのペダルづかいが空間を拡張するのだろう。管弦楽のホルンのような役割を担っているのだ。それに呼応して弦楽器陣が母音の残し方を変える。ダブルリード楽器のようなどこか滑稽な響きを、バイオリンが奏でてみたりもする。

第3楽章スケルツォの活発な長短短リズムも、終楽章の伸びやかな短長リズムも、弓づかいの巧みな弦楽器奏者と、弓づかい同様の力動を鍵盤から引き出すピアニストのおかげで、しっかりとして煮崩れない。一方で面取りもしてあるから適度に柳腰にもなる。


スカイダイビング直前のような緊張感と、そこからふわりと着地するときのような安堵感との振幅も大きいし、音響空間の拡げ方も大胆で、これはまるで交響曲だと思わされる。それでいて、室内楽曲の丁寧さがその土台に。だから演奏は、繊細な手つきで大胆なサウンドを、鷹揚な仕草で細やかな情緒を表現できる。

ベートーヴェンの室内楽は交響曲と地続き。ただし、シンフォニーが縮小したのではない。濃縮したのだ。その濃い世界を進むのに、ピリオド楽器は最適なコンパスであり、地図であると、この日の演奏が改めて教えてくれた。

澤谷夏樹〔さわたに・なつき〕
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。2003年より音楽評論活動を開始。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞受賞。2011年度柴田南雄音楽評論賞本賞受賞。著書に『バッハ大解剖!』(監修・著)、『バッハおもしろ雑学事典』(共著)、『「バッハの素顔」展』(共著)。日本音楽学会会員、 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)会員。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:諏訪内晶子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:諏訪内晶子さん「音楽の素晴らしさは、人生が熟した時にそれを音で奏でられることです」

15666views

音楽ライターの眼

人類がなぜギターという楽器を愛してきたのか、その理由を垣間見た/Acoustic Guitar Festival LIVE -Yamaha Acoustic Mind 2020 Ginza Special Vol.2-

3289views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

10754views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

13175views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

13962views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

14886views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

6458views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10174views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11875views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7357views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3572views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21702views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6221views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7992views

音楽ライターの眼

哀愁のスペイン、深いソロと熱いデュオ/沖仁フラメンコギター・コンサート

2144views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

3324views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

8733views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

13025views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

5587views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6434views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

7404views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

6868views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7619views