Web音遊人(みゅーじん)

シューベルト「弦楽五重奏曲」、C調言葉は変幻自在/宮田大と仲間たち~ウェールズ弦楽四重奏団と共に~

弦楽四重奏団にもう1人チェリストが加わり、叙情と諧謔、悲喜劇が交錯するだまし絵のような世界に誘う。2020年9月30日、ヤマハホールでの「宮田大と仲間たち~ウェールズ弦楽四重奏団と共に~」は、シューベルト最晩年の「弦楽五重奏曲ハ長調作品163、D956」を通じて、この「歌曲王」の怪物ぶりを浮き彫りにした。「交響曲第8番ハ長調『グレート』」に匹敵する大作だが、絶妙な転調の魅力を引き出し、5人でたっぷり50分間奏でた。

宮田は数々のコンクールで優勝を重ねた日本を代表するチェリストの1人。公演は彼の独奏から始まった。バッハの「無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009」。決然と入り、音が明快だ。瞑想的な静けさを創り出し、緩急と強弱のメリハリもある。高い技術による正確な演奏だ。いつか第6番までの全組曲を聴いて彼のメッセージを確かめたい。

後半はいよいよシューベルトの「弦楽五重奏曲」。ミュンヘン国際音楽コンクール第3位の実績を持つウェールズ弦楽四重奏団は、バイオリンが﨑谷直人と三原久遠、ビオラが横溝耕一、チェロが富岡廉太郎。今回は彼らにチェロの宮田が加わった編成だが、「五重奏団」のように自然に溶け込んでいる。

第1楽章ではアクセントとスタッカートを存分に付けながら、明快なハ長調の旋律を疾走させる。「歌」を担う﨑谷の第1バイオリンは音量が強すぎず、軽やかだ。第2主題は意表を突く遠隔調の変ホ長調だが、ビオラではなくチェロを2人にした作曲家の意図を反映し、充実した中・低音でおおらかに歌う。4拍子なのにウィンナワルツ風の叙情を醸し出す第2バイオリンとビオラのリズムの刻み方も秀逸だ。

人気の高い第2楽章アダージョは、ホ長調の持続和音に乗って幸福感に満ちた緩やかな旋律を紡ぐ。突如として遠隔調のヘ短調に変わり、悲劇的な中間部が始まる。その入りはやや拍子が分かりにくく、第2バイオリンとビオラの音量がもう少し大きくてもよかった。しかし悲痛な旋律は美しい。再びホ長調に戻ってからの第1バイオリンの弱音は、遠い丘の向こうで鳴る軍隊ラッパの思い出のようだ。

第3楽章では後のブルックナーの交響曲につながる武人気質のスケルツォを聴かせた。バイオリンがヒロイックに旋律を鳴らし、チェロ2人の低音の響きは激烈だ。中間部では極端な弱音で静寂の深みを表現し、シューベルトの革新性を示した。

最も惹き込まれたのは第4楽章だ。ハンガリー風の旋律はハ短調から変ホ短調、ホ短調へと目まぐるしく変転し、ついに勝気で明るい曲想が現れ、ハ長調が明らかになる。だまし絵の展開で目立ったのは﨑谷だ。冷静を装いつつも冗舌なバイオリンである。軽妙で猥雑な「歌」はウィーンの街を想起させる。ハ長調(=C)の変幻自在ぶりは、桑田佳祐の曲名で言えば「C調言葉に御用心」だ。最後は全員が滑稽にも変ニ音から半音下げてハ音で締める。シューベルトと「弦楽五重奏団」の魔術に魅せられた夜だった。

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社文化部デスク。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:木嶋真優さん「私は“人”よりも“音楽”を信用しているかもしれません」

2648views

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

音楽ライターの眼

初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

2589views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6911views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

9256views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2135views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

6664views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

8622views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2814views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

13975views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2486views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5211views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21773views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

8176views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

20471views

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

音楽ライターの眼

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

3942views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

5206views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1876views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

37172views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3649views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4415views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

11065views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4238views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21773views