Web音遊人(みゅーじん)

連載42[ジャズ事始め]『ランドゥーガ〜セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ’90』解説その2

前稿に続き、アルバム『ランドゥーガ〜セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ’90』を、収録順に解説していく。

3曲目の『捨丸囃子』は、伊予国(現在の愛媛県)松山地方に伝わる舞踊の一種「伊予万歳」で歌われる「豊年踊り」のメロディを引用し、祭り囃子を想起させるリズムと錯綜させることによって、世界共通とも言える“祝祭による陶酔感”を日本ならではの“素材”で表現した曲だ。

高田みどりのマリンバとナナ・バスコンセロスのパーカッションが、鎮守の杜から間断なく聞こえてくるお囃子のような導入部を浮かび上がらせ、「豊年踊り」の歌をホーン・セクションが対位法的に重ね合わせることで祭りの場が見えたことを再現、そして輪になって踊る村の衆の場景が描かれていく──という演劇的かつ重層的な構成になっている。

ナナ・バスコンセロスはブラジル出身のパーカッショニストで、ブラジル・パーカッションの遣い手として知られているが、いわゆる伝統的な奏法や楽器の選択をするような“保守的な”タイプの演奏家ではない。

この曲でも彼は、一般にはアフリカン・パーカッションの一種であるガラガラ(ラトル)を用いたり、リバーブとループで加工したヴォイスを合わせたりして、楽器が生み出すプリミティヴさと聴いたことがない音に対する驚きをごちゃ混ぜにしようとする、革新性にあふれたプレイを披露している。

その革新的なアプローチがそのまま、佐藤允彦が意図する民謡とロック・ビートの融合という“聴いたことがない音”にシンクロしていたことになる。

一方の、メロディをジャズ・オーケストラのソリのように表現しているホーン・セクションのなかからは、梅津和時のアルト・サックスがフリーキーなトーンで、ソリストとして飛び出していく。

それはまた、踊りの輪が一糸乱れぬものではなく(つまり軍隊的ではなく恣意的な行為である比喩にもなっている)、興に乗じた浮かれ者が暴れることを許す空気のなかで、行事として踊りと歌は粛々と続けられていくという“ハレの日のあるべき姿”が描かれていると言えるだろう。

その“高揚感”が覚めやらぬうちに、4曲目の『井戸替え唄』が始まる。

トロンボーンのレイ・アンダーソンが、その真骨頂ともいうべきグロウルやフラッターなどの特殊奏法を駆使したイントロダクションで“作業を始める号令”を発し、2拍子の“労働歌(作業歌)”へと導く。

日本の作業歌は、アメリカン・アフリカンにおける“ブルース”や“ゴスペル”に相当し、その特徴的な形式である“コール・アンド・レスポンス”にも類似していたことに気づけば、民謡や作業歌がジャズにならないはずはないじゃないか──という佐藤允彦の囁きが、轟音のアンサンブルのなかから聞こえてくるような気もする。

う〜む、掘れば掘るほど、このランドゥーガのステージが、スター・プレイヤーを並べて日本的な題材をジャズっぽくアレンジしただけのイヴェント仕事ではなかったことが明らかになってくるのがおわかりいただけるだろうか……。

アルバム後半は次回。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

原田慶太楼

今月の音遊人

今月の音遊人:原田慶太楼さん「音楽によるコミュニケーションには、言葉では決して伝わらない『魔法』があるんです」

1219views

徳永二男、堤剛、練木繁夫

音楽ライターの眼

スメタナの傑作、G線上の哀歌から流れ出す激情/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.9

1109views

82Z

楽器探訪 Anothertake

アンバー仕上げが生む新感覚のヴィンテージ/カスタムサクソフォン「82Z」

85views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

62942views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

14888views

オトノ仕事人

テレビ番組の映像にBGMや効果音をつけて演出をする音の専門家/音響効果の仕事

1479views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13340views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2754views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8072views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6494views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4968views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24449views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

7927views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21378views

エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

その夜、バセット・クラリネットは“歌った”|エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団~バセット・クラリネットで聴く、モーツァルト『クラリネット五重奏曲』

6280views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7146views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4726views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

6862views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

3312views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6813views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16786views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10286views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9401views