Web音遊人(みゅーじん)

津軽三味線とピアノによる唯一無二の“フロム・ジャパン”/吉田兄弟×Les Frèresインタビュー

津軽三味線で伝統芸能の世界に新風を吹き込み続ける「吉田兄弟」。1台4手連弾という独創的なプレイスタイルを確立し、“ピアノ革命”と称された「レ・フレール」。世界を魅了するこの2組の兄弟ユニットのコラボレーションアルバム『吉田兄弟×Les Frères』が2021年9月29日にリリースされた。“弦の匠たち”によって生み出されたこのアルバムは、あたかも古にさかのぼり、未来へと続いていく壮大な絵巻のよう。ここにしかない音の物語に心が震える。

楽器の相性だけでなく、お互い共通するところがある

吉田良一郎(兄)と健一(弟)の津軽三味線アーティスト「吉田兄弟」。斎藤守也(兄)と圭土(弟)のピアノ連弾デュオ「レ・フレール」(フランス語で兄弟の意)。両者が出会ったのは2017年のことだ。当初は対バン形式の共演からのスタートだったが、その後それぞれのオリジナル曲をアレンジし、4人でステージへ。競演を重ね、聴き手を熱狂の渦に巻き込んできた。
打弦楽器であるピアノと撥弦の三味線は、相性がいいという。しかし、至極のコラボ誕生の背景には楽器同士の相性にとどまらない、響き合うものがあったようだ。
「ピアノも三味線も、空気の振動で生の音を感じることができる楽器なんですよね。聴覚だけではなく、体感するといったイメージでしょうか。なかでもおふたりのピアノはそれが強いと感じていました。そして、曲のパッションというか、内面的なエネルギーのようなものが似ていると思いました。そこは音を出す以前の問題だから、一番大事な部分ですよね」(健一)
「合わせることは、実は簡単ではないんです。でも僕たちは常に兄弟でやってきたので、合わせることが得意な者同士なんじゃないかなという気がします」(良一郎)
ライブでは兄を入れ替えたり、兄・弟チームに分かれたりとW兄弟ならではの演奏も。
「どちらとやってもまったく違うものができるので、ワクワク感があります。でも、個が立っていないとそれは難しい感じがしますね」(圭土)
個があるからこそのデュオ。デュオあってのコラボ。そして、それぞれの個を持ち寄り、満を持して4人でつくり上げたのが今回のアルバムだ。

吉田兄弟の兄・吉田良一郎(左)と弟・吉田健一(右)

Les Frèresの兄・斎藤守也(左)と弟・斎藤圭土(右)

ライブでの人気曲に加え、渾身の書下ろし曲も

収録されているのは、ライブでの人気楽曲に本作のために書き下ろされた新曲3曲を加えた計9曲。4人全員がコンポーザーという強みがいかんなく発揮された、多彩な楽曲がそろった。
「今回、曲でそれぞれの個性を出すということはもちろんなのですが、フレーズでも個性がわかるようにすることを心がけました。それぞれに得意なフレーズを活かして4人で弾く部分を減らし、引き算からストーリーをつくっていきました」(健一)
それをもっとも象徴するのが、新曲の『BUSHIDO』。圭土が母体をつくり、健一が壮大に仕上げた弟ふたりの合作だ。ピアノと津軽三味線の魅力を最大限に引き出したこの曲は、聴き手を壮麗な絵巻を見ているような感覚に誘う。約6分半という昨今では異例の長さながら、ドラマチックな物語に惹きつけられ6分半はあっという間だ。
同じく新曲の『Stand Up』は健一が作曲を担当した。
「お客さんと盛り上がりたいと思ってつくりました。同時に、コロナ禍にあって自分を鼓舞する意味もありましたね。マイナーコードとメジャーコードを混ぜながら、楽しさとかっこよさを追求し、クセのある感じに仕上げました」
守也による新曲『転々』は、レ・フレールお得意の弦を押さえるミュート奏法が印象的だ。
「ミュート奏法の音色と三味線の音色は相性がいいと思っていたので、そういう楽曲をつくりたかったんです。レ・フレールと吉田兄弟でしか出せない音が出せていると思います」(守也)
良一郎は自身が作曲し、コンサートではいつも1曲目に演奏される『冬の桜』を推す。
「アルバムに収録されたのは、流行りのファーストテイク(笑)いわゆる一発録りでした。津軽三味線は激しく細かいフレーズが得意で荒波とか吹雪というイメージがあると思いますが、それだけではないことを表現したくてあえてシンプルにつくった楽曲です。三味線とピアノだけで、世界観がちゃんと表現できていると思います」(良一郎)
さらに、良一郎作の『しぐれ』に守也の『夢』をサンドした兄ふたりの競演『しぐれ~夢』や、この楽曲を収録したいという想いが今回アルバム誕生のきっかけとなったという『シャクナンガンピ』。『Parallel world』、『RISING』、『Joker』とファンの魂を揺さぶってきた人気楽曲が、それぞれに違った魅力を放つ。

制作は2021年6月からスタートし、兄弟同士ならではの「夏に親戚の家に集まるような雰囲気」で楽しい時間だったと4人は笑う。それぞれの個性と想いが詰まったアルバムは、ジャケットも斬新だ。吉田家の「五三の桐」と斎藤家の「木瓜」という家紋があしらわれ、出会うべくして出会った2組の兄弟の運命すら感じさせる。
「シンプルですけれど、“和”は我々の持っている共通の武器であると思うので、ビジュアルを含めて力強く印象に残るようなものにしました」(健一)
そうして出来上がった自信作に、彼らは胸を張る。
「カラーがはっきりしていたり、音が違ったり……みんなバラバラですが、この4人だからこその音をくっきり表現できました。2組のアーティストと2種類の楽器ですが、そうは思えない内容になっていると思います」(守也)
「ここまで“ガチで”ピアノと津軽三味線で、ましてお互いが兄弟で1枚のアルバムをつくった例はたぶんないと思うんですよね。吉田兄弟はいろいろなジャンルとコラボレーションして津軽三味線の可能性を追求してきましたが、レ・フレールさんの力を借りてまた新しい一面をお伝えできると思います」(良一郎)
“フロム・ジャパン”にこだわり続けてきた圭土もこう話す。
「日本人とか“フロム・ジャパン”というのは、ピアノだけではなかなか出しづらい。でも、吉田兄弟とやることで、とても心強く感じました。インストは情景が思い浮かびやすいし、世界共通語です。津軽三味線はとくに、音そのもので情景を思い浮かべることができます。おふたりのおかげで、誇りに思って発表できる作品ができました。作曲家として、作りたかったモチーフのひとつを具現化できたことを本当にうれしく思います」
さらに、健一はその先を見据えていた。
「いろいろなことが緩和され4人で海外に行けるようになれば、これは新しい“フロム・ジャパン”のコンテンツになり得ると思っています」

今回のアルバムは「始まりに過ぎず、サビはもっと先にある」という。「兄弟は解散がないから(笑)」。

ライブならではの空気を感じてほしい

今回のアルバムは、コラボ制作のために集まったのではなく、ライブから生まれたことに大きな意味があるという。アルバムを引っさげてのコンサートもスタートする。
「ライブではお客さんの反応を感じて、全然違うものが生まれます。アルバムを聴いて予習して、ぜひ足を運んでいただきたいです」(守也)
ここにしかない音の世界に浸り、空気の振動を体で感じ、唯一無二の音楽を感じて欲しい。


『吉田兄弟×Les Frères』ティザー映像/Yoshida Brothers×Les Frères Teaser(「BUSHIDO」Ver.)

■インフォメーション

●アルバム『吉田兄弟×Les Frères』


発売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2021年9月29日
価格:3,300円(税込)
詳細はこちら

●吉田兄弟×レ・フレール スペシャルコラボコンサート

2021年10月30日(土)大田市民会館 大ホール(島根県)
2021年10月31日(日)浜田市石央文化ホール 大ホール(島根県)
2021年12月23日(木)東京国際フォーラム ホールC(東京都)
※詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。
吉田兄弟
Les Frères

photo/ 坂本ようこ

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

原田慶太楼

今月の音遊人

今月の音遊人:原田慶太楼さん「音楽によるコミュニケーションには、言葉では決して伝わらない『魔法』があるんです」

1269views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

3988views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9388views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63017views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10592views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

8832views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7011views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5708views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21556views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

1670views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4969views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9423views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7399views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13275views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase4)ガーシュウィン「キューバ序曲」、N.Y.サルサへの道 エクトル・ラボー没後30年に聴くダイバーシティ

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase4)ガーシュウィン「キューバ序曲」、N.Y.サルサへの道/エクトル・ラボー没後30年に聴くダイバーシティ

1343views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

6915views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7680views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4692views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

3348views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8080views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

45745views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8773views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24491views