Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人 綾戸智恵さん

今月の音遊人:綾戸智恵さん「『このコンサート安いわー』って言われたい。お客さんに遊んでもらうために必死のパッチですわ!」

2017年、デビュー20周年と還暦を迎えたシンガーの綾戸智恵さん。20周年の集大成となるアルバム『DO JAZZ Gokko』をリリースし、コンサートも各地で大盛況。小柄な見た目からは想像つかないパワフルな声と本音満載のトークが観客を魅了しています。音や音楽に対する考え方も、まさに綾戸流。エンターテイナーとしての覚悟がうかがえます。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

『スワニー』やね。映画『スタア誕生』の中で歌われる歌で、この映画は何百回と観ましたから。両親が映画が好きで連れて行ってもらったり、テレビで放送しているのだったり。2~3歳の頃から観ていて、今ではDVDも持ってます。家で、何か作業するときに流したりしてるけど、この歌が好きだからというわけやないんです。映画はジュディ・ガーランドが若手の歌手で、あるおっちゃんと出会って恋に落ちて成功していくんやけど、そのおっちゃんは落ちぶれていくというストーリー。何で?って疑問がわくところがおもしろい。この歌は映画の中で聴くからいいんです。
家で音楽を聴くことはありません。他の人のも、自分のも。静かなほうがいいんよ、自分がやかましいから(笑)。聴くんやったら、義太夫節などが多いですね。これも人形浄瑠璃や歌舞伎が好きやからかな。

今月の音遊人 綾戸智恵さん

Q2.綾戸さんにとって「音」や「音楽」とは?

気分ひとつで耳障り、気分ひとつで天国心地。
いらんときに音が鳴っていると、ガクッときます。反対にシチュエーションにぴったり合った音が鳴っていると、これくらいええもんはないですね。たとえば、寿司屋に入ったらジャズより海の男の歌のほうが「いい魚出てくるやろなぁ」って思うんです。単純な話、気分やね。
救急車の音とか、すぐに何の音かわかるのは好き。反対に、冷蔵庫のようなブーンとうなっているような音は苦手や。何の音かわからないのが嫌なんです。烏の鳴き声もあかんわ。上からフンが落ちてくるのがイメージされるから。
音はええとこもあるし、悪いとこもある。私の声かて息子には「うるさい」言われてますけど、わざわざ聴きに来てくれはる人もおる。以前、紅白に出たときに、「あっ、リメンバーのおばちゃんや」とか「テネッ♪テネッ♪のおばちゃんや」て言われた。清水ミチコさんがテレビで物まねしてくれたおかげやね。そうやって覚えてもらうのは嬉しいことやね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

見に来てくれてはるお客さんやね。お客さんに楽しんでもらえるようやってますから。もう、必死のパッチですわ!お客さんはお金を払って来てくれてはります。それやのに「なんでこんなんに払わなあかんねん」って言われたらえらいことですわ。「このコンサート安いわー」って言われたい。チケット代に見合う、それ以上に楽しんでもらわなあかんって考えてますよ。お客さんには遊んでもらいます。ほら、遊女は遊んでないでしょ。遊女で遊ぶのはお客さん。せやから、私も音で遊んだことはないですわ。私は自分のことをアーティストとは思ってないんです。“音楽屋”ですね。“八百屋”が野菜を売るみたいに、私も「音楽をおひとつどうぞ」って売ってるんですから。
以前、ライブ中にすごく体調が悪くなって、もうこれ以上歌われへんってお客さんに土下座して謝ったことがあるんです。そうしたら、みなさんチケットを払い戻すどころか「延期の日を教えてね」と言ってくれはった。そういうお客さんが来てくれはるんです。「今日の綾戸はどんなか、ひとつ観に行こう」って。だから私も、どんな形であれ楽しんでもらいたいって思ってます。その日の自分を全部出した上で「来てよかったわ」と言ってもらえるよう、音で遊んでもらおうと思ってがんばってます。

綾戸智恵〔あやど・ちえ〕
3歳からピアノを始め、中学生の時からナイトクラブでピアノ演奏する。17歳で単身渡米。1991年帰国後に、大阪のジャズクラブで歌い始める。1998年にアルバム『For All We Know』を全国発売、翌1999年には後の代表曲となる『テネシー・ワルツ』『アメイジング・グレイス』を含む弾き語りアルバム『LIFE』をリリース。2003年には紅白歌合戦で『テネシー・ワルツ』を熱唱し、大きな話題をよんだ。その後もアルバム、ライブのほか、テレビ、ラジオ出演など、精力的に活動を続けている。
綾戸智恵オフィシャルサイト  https://www.chie-ayado.com/

 

特集

川井郁子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:川井郁子さん「私にとっての“いい音楽”とは、別世界へ気持ちを運んでくれる翼です」

9776views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

4228views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

8843views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63052views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

11868views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

11160views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21668views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2620views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8088views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1220views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8218views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24504views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9201views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21460views

音楽ライターの眼

詩情豊かに初々しい定番曲/ダニエル・シュー ピアノ・リサイタル

1276views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

14113views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

7490views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

8475views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6257views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7808views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

45760views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7063views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9436views