Web音遊人(みゅーじん)

連載47[ジャズ事始め]プラザ合意という国際政治経済の転換点がアジア発のジャズを生み出した!?

ジャズが“20世紀を象徴する表現芸術”と言われるまでになった背景は、世界経済がアメリカを中心に動くようになったこと抜きには語れないと思う。

ある意味で、好景気による熱狂がスウィングの需要を高め、その反動としてビバップを生み出し、20世紀前半という“新時代”のなかでジャズと総称されるようになったその両者。それらにマーケティング戦略の一翼を担わせ、世界へ輸出していったことが、「ジャズ=20世紀の象徴」というイメージづくりに大きく影響していると考えるからだ。

“マーケティング戦略の一翼を担う”とは、例えば映画音楽や流行曲にジャズの要素が使われることを指すわけだけれど、1776年の独立宣言によって“建国”した歴史の浅いアメリカ合衆国にとって、南北戦争(1861~1865年)を経て統一された国家のなかで生まれ育った、ようやくオリジナリティを主張できる文化がジャズであったといっても過言ではなく、いわゆるアンバサダー(=文化使節役)としての重責を負わされてもむべなるかな、だったのだろう。

1960年代にはイギリス発のロックの大波が来襲、アメリカにおけるジャズの存在感も薄れた時期はあったものの、建国200年の1976年にはホワイトハウスでジャズ演奏が企画されるといった再評価によって、ジャズは単なる流行音楽とは別格の地位にあることを公的にも認められることになる。

一方で日本では、第二次世界大戦前からジャズを無条件に受け容れ、戦後(特に1950年代)はブームにすらなったのは、本連載でも触れた。

ただし、そのブームはあくまでも“アメリカのジャズを手本”としたものであり、日本発のジャズ・オリジナリティを模索することに対する“逆風の歴史”であったことを掘り起こしてきたつもりだ。

この“逆風”の大きな要因として、経済的な主従関係があることを無視することはできないと思っている。

アメリカの経済力に影が射したと言われる1970年代、敗戦後の荒廃からの復興を果たしていた日本は、いざなぎ景気(1965~1970年)による好況で、アメリカなど先進国を脅かす存在になっていた。

これに対して先進国は、変動相場制への移行で対抗。1971年から段階的に円のレートが切り上げられたことで、輸出産業が支えていた日本経済は大打撃を被った。1985年のプラザ合意で決まった、ドル高是正のための各国による協調介入がダメ押しと思われたが、急速に進行する円高への対策として日銀が公定歩合の引き下げを繰り返し、政府による積極財政も展開された結果、景気が拡大。株価や地価など資産価格が急騰し、日本経済はバブル景気に沸くことになった。

日本の好況は、生産拠点のアジア移転を促し、それによって東南アジアにも好景気をもたらしたのだが、エイジアン・ファンタジィ・オーケストラの活動は、この時期にほぼ重なる。これが、“経済的な要因が影響している”とする理由である。

こうしたシンクロが浮かび上がってきたことが、エイジアン・ファンタジィ・オーケストラのような存在をして、ジャズの主従をひっくり返そうとする動きと連動しているのではないかと考えさせたことになるわけだ。

日本ではこのほかに、“ジャズ維新”と名付けられたムーヴメントも1990年代初頭に起きていた。こちらは、その音楽スタイルをアメリカのそれに準拠しようとする傾向が強かったため、新たな日本発(あるいはアジア発)のジャズという文脈には至らなかったと考えている。

ということで次回は、この時期のアジア発ジャズというムーヴメントに関係していそうなイヴェントについて、もう少し触れてみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:姿月あさとさん「自分が救われたり癒やされたりするのは、やはり音楽の力だと思います」

今月の音遊人

今月の音遊人:姿月あさとさん「自分が救われたり癒やされたりするのは、やはり音楽の力だと思います」

7845views

音楽ライターの眼

なぜカプースチンは、東西冷戦のソ連でジャズよりもジャズらしい曲を作れたのか?

5172views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

16793views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

7163views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

8964views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

16142views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3031views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

14484views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

5779views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4629views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6542views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

7311views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

10131views

音楽ライターの眼

キャリアの最終章に入ったドミンゴが「音楽の力」で聴き手の心を魅了する

1810views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

33058views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3060views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

102390views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

5862views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3656views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

7242views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

711views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6542views