Web音遊人(みゅーじん)

新緑の季節、思わず散歩がしたくなるおすすめの3曲

オン・グリーン・ドルフィン・ストリート

『ケリー・ブルー+2』ウィントン・ケリー
ユニバーサル クラシック&ジャズ UCCO-99011 1,000円(税抜)

『オン・グリーン・ドルフィン・ストリート』
数え切れない録音があるこの曲ですが、アップテンポで軽快にスイングするピアノが印象的なウィントン・ケリーのバージョンがおすすめ。『ケリー・ブルー+2』というアルバムに収録されているこの曲はABAB構成で、Aの部分はアフロキューバンのようなラテンのリズムで演奏されることも多く、ここをどうアレンジするかはミュージシャンのセンスが表れるところ。ウィントン・ケリーのバージョンではポール・チェンバースのベースだけでリズム感の変化を出していて、シンプルに楽曲のよさとケリーのピアノを引き立てています。そしてBの部分ではチェンバースお得意のウォーキング・ベースがウキウキ感を盛りたててくれます。
そもそも「ウォーキング」というくらいだから、歩きたくなるような軽快なリズム。もともとの歌は「過ぎた恋を想い出すたびに、その舞台だったグリーン・ドルフィン通りにキスをする」というちょっぴり切ない歌詞なのですが、外に出て街を歩けば、自分にとっての「グリーン・ドルフィン通り」ではありませんが、新たな出会いがありそうな、そんな気分にさせてくれるのです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ?

『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ?』マリーナ・ショウ
ユニバーサルミュージック TOCJ-50512 951円(税抜)

『フィール・ライク・メイキン・ラヴ』
ソウル音楽の金字塔ともいうべき1974年の曲。ふわりと宙に浮くようなリズムに乗って、「公園を歩いていて春の訪れを感じる」という出だしの一節が流れてくるのを聴くたびに、不思議といつも公園に行きたくなります。
オリジナルのロバータ・フラックと同じくらい、ひょっとしたらそれ以上に有名なのが、マリーナ・ショウによるカヴァー。ブルーノートで制作されたアルバム『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ?』に収められ、ラリー・カールトン(ギター)、デヴィッド・T・ウォーカー(ギター)、チャック・レイニー(ベース)、ハーヴィー・メイソン(ドラム)といった当時のトップ・ミュージシャンが参加しています。このメンバーが編み出すグルーヴに包まれていると、たとえ落ち込んでいても、「何かいいことがある!」と思えてくる、力を与えてくれる曲です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

シベリウス:交響曲第5番

『シベリウス:交響曲第5番』ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ワーナーミュージック・ジャパン WPCS-12828 1,400円(税抜)

『シベリウス 交響曲第5番』
今年生誕150年を迎えたシベリウス。彼の作品は、北欧フィンランドの印象からか、冬の厳しい寒さと結び付けられて語られるものが多いですが、交響曲第5番は、長い冬を覆っていた雲が姿を消し、青空のもと草木が新たな生命を広げていくような、清々しさや喜びを感じます。
第一楽章は、雪がとけて緑の大地が顔を出し花々が辺りを彩り、最終楽章では、その大地を一歩一歩力強く歩いて行くイメージです。北欧の春は遅く、短い。だからこそめいっぱい楽しみたい。そんな人々の気持ちが曲を通じて伝わってくる、なんていったら大げさでしょうか。
野原を思いっきり駆け回りたい、そんな気持ちになります。

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

9761views

Z EXPRESS BIG BAND - Web音遊人

音楽ライターの眼

スタンダードジャズから吹奏楽ナンバーまで、20人の凄腕たちが魅せた熱いステージ/Z EXPRESS BIG BAND

3507views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

17753views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

10756views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

1275views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

1846views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

8938views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1328views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

12762views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

2422views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

2947views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11356views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

4737views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

5381views

アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

その夜、《ゴルトベルク変奏曲》はフランス語で”演じられた”/アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

1816views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

4015views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

5475views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

1785views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

5418views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

1689views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

3010views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

2755views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11356views