Web音遊人(みゅーじん)

前橋汀子

今月の音遊人:前橋汀子さん「同じ曲を何千回、何万回演奏しても、つねに新しい発見や見え方があるのです」

2022年に演奏活動60周年を迎えるバイオリニストの前橋汀子さん。5歳からバイオリンとともに人生を歩み、今なお、「つねに作品や演奏についての思いが頭から離れず、日々の生活そのもの」という前橋さんに、ご自身の音楽観を伺った。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

バッハの『無伴奏バイオリンソナタとパルティータ』の6曲です。バイオリンという楽器が単独で表現し得る限りのあらゆる技巧、そして、音楽的な意図がバッハ独自の様式の中で凝縮された作品です。「よくぞこれほどの偉大な創作を遺してくれた」と思わずにはいられないですね。
私自身、家で練習する際は、最初に必ずこの作品集の中から、どこかの楽章を弾くようにしています。私の中での長年にわたる演奏前の“楽器への挨拶”のようなものです。もう何十年もこうして弾き続けていますから、間違いなく何千回、何万回にもなっていると思います。

Q2.前橋さんにとって「音」や「音楽」とは?

5歳からバイオリンに関わっていますので、私にとって音楽は日々の生活そのものです。今でこそ、オンとオフでの気持ちの切り替えも上手くできるようになりましたが、次に演奏する作品のことが頭から離れないのは、今も昔も変わらないですね。
演奏家というのは作曲家の書いた記号を通して、「いかに彼らの意図を汲み取れるか」という点において、つねに挑戦し続けています。しかし、私の中で「音楽を奏でる」ということは、音、そして、音楽に関わる事柄を通して生まれ出るあらゆるコミュニケーションそのもののかたちなのだと思います。
例えば、私自身がバッハやベートヴェンを育んだ土地に立ち、彼らが覚えたであろう内なる思いを感じた時、やはり自らの内面とも対話(コミュニケーション)しているわけです。もとをたどれば、私が多くの人々に巡り合えたのも、様々な国や土地でその場所ならではの空気感を体験できたのも、すべてバイオリンと出合って音楽を演奏し続けてきたからこそ実現したのです。これもまた、音楽を通してのコミュニケーションの一つのかたちです。そして、最終的には、こうした様々な事柄を通して生まれた私自身の思いや印象、体験のすべてを、バイオリンが奏でる音を通して皆様に発信しているのだと強く感じています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

先ほどもバッハの作品についてお話しましたが、たとえ何千回、何万回、同じ曲を演奏したとしても、つねに新たな発見や見え方があるのです。それは、例えば指使いだったり弓使いであったりするのですが、一回一回、必ず“気づき”というものがあります。むしろ、そのような体験に挑戦し続けているのかもしれませんが、単に同じ曲だから、「また、もう一度弾く」という思いで演奏することは絶対にないんです。
そのような意味でも、私にとっては、音楽は「楽しむ」「戯れる」ものというよりも、一回一回の真剣勝負であって、音楽を演奏し続けるということに、むしろ「厳しい、つらい」という側面を感じているのかもしれません。ただ、私の中では体力も、気力も続く限りは、このような「新たな出合い」をもう少し続けていきたいと思っています。

前橋汀子〔まえはし・ていこ〕
5歳からバイオリンを学び、桐朋学園高校を経て、17歳で旧ソ連国立レニングラード音楽院(現サンクトペテルブルク音楽院)に日本人初の留学生として学ぶ。ニューヨーク・カーネギーホールでのデビュー後、国内外で活発な演奏活動を展開し、ベルリン・フィルを始めとする世界一流の音楽家たちと数多くの共演を重ねる。2004年日本芸術院賞、11年春に紫綬褒章、17年春に旭日小綬章を受章。
オフィシャルサイト

photo/ 篠山紀信

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

宮本笑里

今月の音遊人

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

6035views

音楽ライターの眼

編曲作品や委嘱作品を積極的に演奏し、次世代のマリンバ奏者に受け渡していきたい

909views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

17717views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

2159views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6384views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4693views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

16644views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4440views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9307views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

6141views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3571views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21698views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

13960views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7992views

音楽ライターの眼

連載10[ジャズ事始め]改元がもたらしたジャズの重心移動と全国展開

1558views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

6593views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

2973views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

2912views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15126views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4709views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

8644views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5651views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7617views