Web音遊人(みゅーじん)

編曲作品や委嘱作品を積極的に演奏し、次世代のマリンバ奏者に受け渡していきたい

音楽家はほとんどの場合、幼いころから親に勧められて楽器を習い、生涯その楽器を愛奏していく人が多いが、なかには最初から自身の意志で好きな楽器を選ぶ人もいる。ニューヨーク在住のマリンバ奏者、名倉誠人は小学校3年のときに学芸会でリコーダーを担当したが、友だちが演奏していたバス木琴の音に魅了された。

「バス木琴はマリンバに近い音をもっていて、そのすばらしさに一度で惹かれてしまったのです。絶対にあの楽器を演奏したいと両親に頼み込み、レッスンに通うことになりました」

以来、マリンバひと筋。高校は普通高校に通い、やがて音楽大学に進み、1980年代にはロンドンで研鑽を積み、1990年日本演奏連盟賞を受け、関西フィルとのコンチェルトでソリスト・デビューを果たす。転機は1994年。権威あるニューヨークのヤング・コンサート・アーティスツ国際オーディション(YCM)において、マリンバ奏者として史上初の優勝に輝き、全米41州で演奏を行うようになる。

「YCMはオーディション後のケアがすばらしく、さまざまな土地で演奏する機会を与えてくれるシステムです。それにより、僕はアメリカ各地のホールで演奏することが可能になり、名前を覚えてもらうことができました。マリンバのよさも伝えることができましたし、何よりプロとしての道筋ができました」

マリンバはオリジナル作品が少ないため、さまざまな編曲作品を演奏することが多い。これまで内外の作曲家への委嘱も積極的に行い、世界初演も数多く手がけている。

「ピアノやヴァイオリンなどと異なり、作品が限られているため、編曲作品や委嘱作品を演奏していますが、それらをひとりでも多くの人が聴いてくれ、マリンバの魅力を知ってほしいと願っています。クラシックは既存の作品だけではなく、いまも新たな作品が生まれ続け、変貌していく。それをステージで演奏することに意義があると思っていますし、自分のそうした姿勢を次世代のマリンバ奏者に興味をもってもらえたら最高です」

名倉誠人のマリンバが生み出す音はオーケストラのように多種多様な響きを有し、心の奥にじわじわと染み込み、深い感動を呼び起こす。常に「いかにしたら面白い企画が提案できるか」「幅広い聴衆に聴いてもらえるか」と考え、他の楽器や絵画、バレエ、朗読などとの共演にも取り組み、コンサート前には「マリンバの魅力、聴きどころ」などのトークも行う。

「マリンバは楽器によって鍵盤の幅や長さが異なり、自分の楽器を持ち込めない場合はそれに対応するのが大変です。マレット(ばち)も多数用意し、リハーサルでホールの響きを瞬時にとらえ、本番に向けて完璧な準備をするように心がけていきます」

2021年12月にはアメリカで、混声合唱との共演による森に関する作品の初演が控えている(ニュー・アムステルダム・シンガーズ合唱団 音楽監督:クララ・ロングストレス ゲスト:名倉誠人(マリンバ)「The Return of Song」12月10日(金)午後8時開演、12月12日(日)午後4時開演、会場:ブロードウェイ・プレスビテリアン教会)

「いまはもういわれませんが、90年代にアメリカの地方を回っていたとき、日本人を見たこともない聴衆がたくさんいて、“ジャッキー・チェンに似ている”といわれたことがありました(笑)。マリンバはアメリカで広められた楽器ですから、これからも各地で演奏していきたい。もうニューヨークに25年間住んでいますが、他に移りたいとは思いませんね」

一度ナマの演奏に触れると、ずっとその響きが脳裏にしっかり居座るほどインパクトが強いマリンバ。ぜひ、ナマ演奏体験を。

オフィシャルサイト

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

facebook

twitter

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

11626views

音楽ライターの眼

連載46[ジャズ事始め]ジャズの枢軸を動かさんとするアジアン・チームはどのように膨張していったのか

1381views

サイレントブラス

楽器探訪 Anothertake

“練習”の枠を超え人とつながる楽しさを「サイレントブラス」

3936views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

8697views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

17156views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

4594views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23898views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2944views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13818views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

8115views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6727views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25124views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4709views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

10037views

音楽ライターの眼

「ショパン国際ピアノコンクールの父」と称される創設者、イェジ・ジュラブレフ

2108views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4386views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10597views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

131167views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8892views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4568views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

55957views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7431views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29841views