Web音遊人(みゅーじん)

いまの自分を表現できるのが歌/シンガーソングライター・甲田まひるインタビュー

天は二物を与えず。そんなことわざは、彼女にはまったく当てはまらない。
甲田まひる。ファッションアイコンであり、2018年にはビバップを中心としたアルバム『PLANKTON』を発表し、話題を呼んだジャズピアニスト。近年では、俳優としての彼女に惹かれた人も多いだろう。
そして、2021年11月にはシンガーソングライターとしてデビューEP『California』をリリース。音楽性を刷新したチャレンジングな作品で、リスナーを沸かせている。

やりたいことがより表現できるのが歌

『California』は全4曲を収録。作詞作曲を甲田が手がけ、共同アレンジにはGiorgio Blaise Givvn、ベースは新井和輝(King Gnu)、ドラムは勢喜遊(King Gnu)、そしてギターには映像作家として知られる山田健人を迎えて制作。
「『PLANKTON』をつくっているころから、次は歌をやりたいと思っていました。大きな構想としては、フェスで盛り上がれる曲を目指しましたが1~2年はカタチにならなくて……。その後DTMを始めて、歌のデモをつくり貯めていきました」
表題曲である『California』は、そのなかの一曲。ヒップホップやロック、K-POPなど多様な音楽がセクションごとに目まぐるしく展開し、歌とラップが繰り出される。
実は『PLANKTON』のリリース以前からヒップホップにのめり込み、自分の音楽性に落とし込んでいった甲田。ローリン・ヒルを聴いたことをきっかけにヒップホップ、そして歌への興味が高まっていったという。
「アリアナ・グランデの影響もあります。私はずっとジャズをやってきたのですが、もともとの自分のなかにあるポップさも出せるようになりたかったんです。そのためにできる音楽のジャンルがもっとあると感じていました。アリアナを聴いたとき、もしこういうジャンルを歌うとなったら、自分のファッションの表現ももっと広がるんじゃないかなとも思いました。より表現したいことをこのタイミングでできるのが歌なんじゃないかなと」
その歌唱は、冒頭のフレーズで始まる。
「“わたしはカリフォルニアで生まれた”という英語の歌い出しは、最初のデモからあって。カリフォルニアが大好きだから無意識に出てきたんだと思います。あまり意味はないのですが、残そうということになって書き上げていきました」
カリフォルニア生まれではないが、どこで生まれてどういう生き方をするかは自分の自由。
「みんなSNSに嘘を書いたり、自分をいいように見せようと偽ったりしている部分がありますよね。そういうところにつながったら、面白いんじゃないかと思いました」
同曲は、Givvnとともにもっとも面白いことをとことん突き詰め、アレンジにアレンジを重ねて完成した。一方で、彼女のピアノ独奏が聴ける『California.pf』、デモ曲の雰囲気を色濃く残した『California_demo@201113』も収録。まったく違った仕上がりで興味深い。

2曲目の『Love My Distance』は、『California』とは対極的ともいえるシンプルな一曲。「発展させがいがある」と数あるデモ曲のなかから選んだという。
「もともとは20歳になる直前、19が終わるというタイミングでつくった曲です。まったく違う歌詞だったんですけれど、聴き返してみるとサウンドの感じがラブソングにハマりそうだなと思って。書いていったら、ラブソングに行き着きました」

海外のフェスに出ることが目標

「自分が100%かっこいい!と思うものをつくっていますが、それを聴いてくださった皆さんにどう感じてもらえるかが楽しみです。それが違和感であっても興味であっても、何かのきっかけになればうれしいです」
自分がやりたいこと、好きなこと、かっこいいと思うことを少しもごまかすことなく、媚びることなく表現する。それが彼女の才能が圧倒的な輝きを放ち、支持されるゆえんかもしれない。
そんな甲田は今、どんな未来図を描いているのだろう。
「次はこれだなと思ったとき行動に移すのが早いので、今思っていたとしたらすでに挑戦していますね。でも、とりあえず自分のなかではフェスが目標なので、そこに向かって全速力で走っていきます」


甲田まひる(Mahiru Coda) – California

■インフォメーション

EP『California』

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2021年11月5日
詳細はこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:亀田誠治さん「音楽は『人と人をつなぐ魔法』。いまこそ、その力が発揮されるべきだと思います」

7359views

音楽ライターの眼

ピンク・フロイド関連映像作品3タイトルがリリース。ステイ・ホームなんて怖くない

2632views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32902views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

26952views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7582views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6902views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4656views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5337views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14683views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4887views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5283views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29629views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8980views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12789views

音楽ライターの眼

アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭の「イル・トロヴァトーレ」でヴェルディを堪能する

2909views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14921views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6429views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

6058views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10310views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4530views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

4587views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6800views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9884views