Web音遊人(みゅーじん)

摂氏40度をはるかに超える、“個性の競演”の熱量/イエルーン・ベルワルツ トランペット・リサイタル -竹沢絵里子(ピアノ)とともに-

トランペット奏者はかつて、雇用形態が他の楽器奏者や歌手とは異なっていた。彼らは宮廷や都市、そして教会で、その権勢なり栄華なりを示すという大切な役割を負っていたので、エンターテインメントとしての音楽を奏でる楽士とは“身分”が異なっていたのだ。

そんな“高貴な音”を奏でていたトランペットはやがて、オーケストラの一員として市民社会に足場を築くようになり、ジャズなどポピュラー音楽のジャンルでも人気を博すようになる。
つまり私たちは、この楽器の魅力をありとあらゆる角度から楽しめる時代に生きている。このたびのリサイタルもまた、そんな“さまざまな角度”を聴き手に見せてくれる愉快なステージだった。

2022年7月31日、ヤマハホールでの演奏会が始まるとすぐに面白いことに気が付いた。振動する空気の柱を作り、その波を周囲に広げていくトランペットと、弦を直に打突して震わせ、それを客席に手渡していくピアノとでは、響き方からしてずいぶんと性格が違うのだ。
この特性の違いを“個性の競演”として聴かせるのは、なかなか難しい。その点でふたりの奏者のアンサンブル能力に疑いの余地はない。加えてホールにも、手柄の一部はあるだろう。ここはステージと客席が近いので、音楽を生のまま聴き手に届けるが、一方で天井が高いので、余韻を決して取りこぼさない。このホール特有のサウンドは、性格の違う二者の演奏を楽しむのにふさわしい。

前半、シャルリエ作品の後にベーメのトランペット協奏曲が続く。とりわけその第2楽章に、イエルーン・ベルワルツの演奏の美点がくっきりと浮き彫りになった。身体の勢いを殺して、落ち着いた音で音楽を一歩一歩、前に進める。輝かしく鳴る高音はもちろんだが、この、地に足のついた“大人の音”は格別に美しい。
それに寄り添うピアノも堂に入ったもの。奏者の竹沢絵里子は、管楽器との共演のエキスパート。ピアノの鍵盤から金管楽器の音色を巧みに引き出し、トランペットと対話を重ねていく。重要なのは管楽器奏者同様、ブレスのタイミングで音楽を分節していくこと。パートナーと同じ“言語”を話しているのがよく分かる。

後半、その共同作業が文字通り舞台上で乱舞した。リゲティの『マカーブルの秘密の儀式』をふたりが演じたからだ。この作品はオペラ《グラン・マカーブル》第2幕に登場する、超絶技巧のソプラノ・アリア。秘密警察の署長がおかしな言葉で警告を発する。
奏者は楽器の音に加え、意味不明な台詞回し、吐息や叫び声、ホイッスル、マラカス、果てはピアノの蓋をガタガタさせる音までも駆使して、極彩色の世界を描き出していく。

トランペットは常軌を逸したソプラノの歌を、ピアノはそのソプラノと綱引きするオーケストラをステージに現前させる。両者のサウンドの違い、つまり“個性の競演”が、その主導権争いを見事に語り尽くす。そのインパクトの前では、摂氏40度にならんとする気温の衝撃もかすむほどだった。

 

澤谷夏樹〔さわたに・なつき〕
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。2003年より音楽評論活動を開始。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞受賞。2011年度柴田南雄音楽評論賞本賞受賞。著書に『バッハ大解剖!』(監修・著)、『バッハおもしろ雑学事典』(共著)、『「バッハの素顔」展』(共著)。日本音楽学会会員、 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)会員。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

石若駿

今月の音遊人

今月の音遊人:石若駿さん「音楽っていうのは、人の考えとか行動の表れみたいなものだと思う」

1032views

音楽ライターの眼

キャリアの最終章に入ったドミンゴが「音楽の力」で聴き手の心を魅了する

2628views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

12452views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

41981views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6871views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

9720views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

19291views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7800views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20986views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

6668views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6730views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22356views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8903views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

12474views

音楽ライターの眼

ベンチャーズが来日60周年記念ツアー。変わる時代と変わらぬ音楽

1802views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

6264views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

6881views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3970views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

17211views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4662views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

150396views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

4136views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22356views