Web音遊人(みゅーじん)

ケイコ・リー

深みのある歌声と情感豊かなボーカル・スタイルが魅せる、ケイコ・リー新アルバム『Voices Ⅳ』

名実ともに、日本のジャズ・ボーカル屈指のケイコ・リー。共演したミュージシャンから「楽器と対等に渡りあえる歌手」と絶賛され、第一線で輝き続ける。
2001年の日産ステージアCMソング『We Will Rock You』が、未だ強烈なインパクトをもって耳に残っている方も多いのではないだろうか。
同曲を収録し、大ヒットとなった初のベストアルバム『Voices(ヴォイセズ)』発売から20年。周年を記念したアルバム『Voices Ⅳ』が、2022年10月26日にリリースされる。

メンバーとの渾身の作品&ゲスト・トラックに注目

2002年にリリースされた『Voices』、2005年の『Voices Again』、2011年の『Voices Ⅲ』、そして今回発売される『Voices Ⅳ』。約四半世紀のキャリアのなかで、4枚ものベストアルバムをリリースすること自体が、そもそも快挙といっていいかもしれない。
新作には『Voices Ⅲ』以降、約10年間に制作したオリジナル・アルバムから全16曲が収録されている。
「最初に数十曲選び、そこからふるいにかけて残ったのがこの子たちです。ここ約10年間レコーディングスタジオでレギュラーメンバーと密な時間を過ごし、みんなで創った渾身のトラックばかり。BGMとしても、深く聴きこむのにもいい曲を選びました」
彼女の良き理解者であるバンドメンバーは、野力奏一(ピアノ/キーボード)、岡沢章(ベース)、渡嘉敷祐一(ドラム)というオーソリティ。その至芸にも注目だ。
「私たち4人は、絶対に慣れ合いで音楽をやらない。それは胸を張って言えることです。図的にいうと、私は強い妹(笑)。愛情と思いやりにあふれたお兄様たちが私を支えてくれる感じですね」
もうひとつ、選曲にあたってはゲスト・トラックにもこだわった。ジャズ界のレジェンド渡辺貞夫や、ニューヨークのレコーディングで初めて会ったときからフィーリングが合ったというラウル・ミドンとの共演、さらにジャズの枠を超えて玉置浩二やEXILEのATSUSHIとのデュエットなどビッグゲストとのコラボレーションが収録されている。
「そうしたスペシャルな楽曲を再認識していただいたり、あるいは知らなかった方にも聴いていただけたりしたら嬉しいと思う曲を揃えました」
ケイコ・リーの魅力は、深みのある歌声と情感豊かなボーカル・スタイルにあることは言わずもがな。加えて、世代もジャンルも違うこれだけのコラボを可能にする、人を惹きつける吸引力を感じずにはいられない選曲だ。

若かりし日の日記を読み返すような気持ち

収録された16曲のすべてに、それぞれ思い出と思い入れがある。なかから強いて挙げてもらった推し曲のひとつが、1曲目に据えられた『Fly Me To The Moon』だ。
「もともとは2000年にレコーディングした弾き語りアルバム『ローマからの手紙』に収録したトラックなのですが、今回収録されているのは野力さんが新しくオーケストラのアレンジをしてくれた、2015年の『Love XX』に入っているものです。がむしゃらにやっていた30代のころと15年後の自分——不思議な気持ちで感慨深いです」
ホイットニー・ヒューストンの遺作でもあり、野力がスタジオにヤマハのエレクトーンを持ち込んでオーバーダビング(多重録音)した『I Look To You』も要注目だとか。
「若かりし頃の日記を読み返すと、恥ずかしくなりますよね。今回ベスト盤をつくるにあたってはそれと似たような感覚をもちましたが、かつての自分には今の自分が忘れていた何かがあったという気づきも多くありました。過去10年のケイコ・リーの奇跡をぎゅっと凝縮した1枚です。音楽的には全曲完成度が高いと自信をもっています」

2022年11月4日(金)には、ブルーノート東京で発売記念ライブも行われる。
「アルバムの曲もやりますが、1995年にデビューしてから2022年までのベスト・オブ・ベストという感じになると思います。最近取り上げていなかった楽曲をバンドと私でもう一度調理し、見直すということも大事だな、と」
さらに2022年11月10日(木)には沖縄で、80歳にして現役の世界的ジャズトランペッター日野皓正との豪華ステージも予定されている。
「沖縄でのコンサートは初めてなのですが、これで全都道府県を制覇できることになります。日野さんはものすごいエネルギーを放出される方なので、そのエネルギーを浴びつつ、やりたいと思っています」
2022年12月には兵庫県立芸術文化センターでの公演、そして九州ツアーも予定。唯一無二のケイコ・リーの世界を、ぜひ体感してほしい。

■インフォメーション

●アルバム『VoicesIV』

発売元:ソニーミュージック
発売日:2022年10月26日
料金:3,300円(税込)
詳細はこちら

●2022年公演

11月4日(金)ブルーノート東京(東京都)
11月10日(木)琉球新報ホール(沖縄県)
12月20日(火)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール(兵庫県)
12月21日(木)〜25日(日) 九州ツアー予定
詳細はこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:May J.さん「言葉で伝わらないことも『音』だったら素直に伝えられる」

9639views

音楽ライターの眼

弛まぬ進化を続ける、3人のAKIRAによるスーパーサウンド/AKIRA’S Special Live Vol.5

3358views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

45987views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

10528views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8231views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

13449views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20769views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9139views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22297views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1706views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8428views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9863views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11517views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13731views

音楽ライターの眼

2020年代にブルースを受け継ぐ男。ジョー・ルイス・ウォーカーが『ブルース・カミン・オン』を発表

3238views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

1903views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4343views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

7092views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8308views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5159views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

2706views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13629views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29589views