Web音遊人(みゅーじん)

石若駿

新世代ドラマー石若駿が繰り広げる多彩な音楽体験。新宿PIT INN 3DAYS

ジャズのみならず、ロックやヒップホップにも積極的にアプローチする注目の若手ドラマー石若駿。彼が毎年新宿PIT INNでおこなっている3DAYSライブが、2022年も開催決定。今回で5年目を迎えるこの3DAYSは、縦横無尽の活動を繰り広げる彼にとって“再確認の場”なのだそうだ。

企画段階から楽しい。ステージでは毎回新しい発見がある

「5年前にPIT INNの鈴木店長に“石若、3日間使って何か好きなことやっていいよ”って言われたことから始まって。毎年関わる音楽とか、今年はこういう人たちと音楽をやってたなっていうのが、その一年に一回の3DAYS公演のおかげで、あらためて自分に刻めるような気がしてて。だからライブを企画する段階から結構楽しくて。今回は3日間で5公演になんですけど、“この日はあの人とライブができたら面白いだろうな”とか、いろいろ考えたりするのが楽しいですよね。もうお祭りみたいな感じです」

石若の心躍る様子はそのままプログラムに反映。初日のソロ・ステージから、意欲的なパフォーマンスが用意されている。

「約2年前から山口情報芸術センター【YCAM】とコラボでメディアアート作品を作って、2022年6月に発表しました。ソロ・ステージではそれの縮小版をやろうかなと思ってまして。石若駿の演奏を学習したAIと共に音楽をリアルタイムで作っていくっていうものなんですけど。実はこれまでの5年間の3DAYSでのソロ・パフォーマンスが、そのYCAMとのコラボに向けての大事な準備にもなっていたりして。だから今回もソロ・パフォーマンスでどんなフィードバックができるか、また新しい発見があるんじゃないかって楽しみにしてるんですよ」

打楽器奏者としてメロディーに関わるのは忘れちゃいけない部分

ほかにもKing Gnuの常田大希率いるmillennium paradeでボーカルを務めるermhoiとのステージや、俳優としても活動するシンガーソングライターのHIMI、玉置周啓(ボーカル/ギター)と加藤成順(ボーカル/ギタ)のアコースティックユニットMIZとのコラボといった“歌”をクローズアップしたステージもあり、メロディーやハーモニーにこだわる打楽器奏者という石若の音楽的懐の深さを感じることもできるのだ。
「打楽器奏者としてメロディーとハーモニーに関わるっていうのは、忘れちゃいかん部分だと思っていて。例えばですけど、大太鼓を5度、1度って意識しながら2発叩くだけで、大太鼓でもドミナントやトニックをともなった音色って表現できると思うんですよね。ポップスの現場で8ビートを叩いてるときも、頭の中ではハーモニーとメロディーの関係を意識して鳴らしてますし、それはジャズでも一緒ですね」

いろんな音楽をやっても“全部自分なんだ”という感覚

さらに、曲ごとにメンバーを入れ替える石若主導のプロジェクトAnswer to Rememberや、2022年で15周年を迎える石井彰(ピアノ)、金澤英明(ベース)とのジャズトリオBoys Trioでも登場。いかに石若の表現が多岐にわたるかをPITT INNの3DAYSは物語っているが、彼にとってはあくまで“ひとりの自分”から出ている表現なのだという。
「自分には“いろんな音楽体験がしたい”っていうのがあるんですよね。あの人と一緒にやったらどんなインスピレーションが生まれるんだろう、どういう響きの音を出せるんだろう、オーケストラに入ってトゥッティでシンバルをフォルテシモで鳴らしたらどんな気持ちになれるんだろう……。そういう興味が幼少の頃からいろいろあって、それを実際に音楽体験したいって、いつも言ってるんです。だから今回のPIT INNの3DAYSのようにひとつの企画の中でいろいろやることも、全部“自分”なんだなっていう感覚ですね」
“いろんな体験”を望む石若のステージを新宿PIT INNで目撃する。それはきっと僕らにとっても新たな音楽の体験の場となるだろう。

■インフォメーション

●石若駿 PITT INN 3DAYS 5公演

2022年10月21日(金)【昼公演】14:00開演(13:30開場)、【夜公演】19:30開演(19:00開場)
2022年10月22日(土)【夜公演のみ】19:30開演(19:00開場)
2022年10月23日(日)【昼公演】15:00開演(14:30開場)、【夜公演】20:00開演(19:30開場)
会場:新宿Pit Inn
詳細はこちら
※チケットの予約販売受付が終了している場合があります。
最新情報は石若駿オフィシャルサイトよりご確認ください。
石若駿オフィシャルサイトはこちら

●アルバム『Boys15』

石若駿
発売元:ANTXDEDE
発売日:2022年10月21日
価格:5,000円(税込)
購入はこちら

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ kana tarumi

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

10502views

音楽ライターの眼

スペース・ジャズ神サン・ラー主演SF映画『スペース・イズ・ザ・プレイス』2021年1月公開

2897views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

7306views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

280690views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

7066views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

28783views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22114views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8462views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13624views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10633views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5501views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9732views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9464views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9884views

音楽ライターの眼

連載14[ジャズ事始め]アメリカよりも箔が付いた?“ジャズの蜜月地”上海

2300views

カッティング・エンジニア

オトノ仕事人

レコードの生命線である音溝を刻む専門家/カッティング・エンジニアの仕事

1899views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7851views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

15380views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13401views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

8051views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

26816views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6544views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29314views