Web音遊人(みゅーじん)

ヴァン・モリソン

ヴァン・モリソンのスキッフル原点回帰『ムーヴィン・オン・スキッフル』

ヴァン・モリソンの2023年のニュー・アルバム『ムーヴィン・オン・スキッフル』は、77歳を迎えた彼がその原点であるスキッフルを正面から見据えた作品だ。

1964年、北アイルランドのベルファストでゼムを率いて本格プロ・デビュー。それまでダンスホール向けのショーバンド中心だったベルファストの音楽シーンにR&B/ビート・ブームを巻き起こしている。ソロ転向してから、彼は『アストラル・ウィークス』(1968)『ムーンダンス』(1970)などの名盤を発表、アイリッシュの魂の歌い手として世代を超えたリスナー層から支持を得てきた。

近年では映画『ベルファスト』(2021)で彼の楽曲が使われたことも話題を呼んでいる。

原点である1950年代スキッフル・ブーム

2000年からのコロナ禍ではロックダウン政策に反発して『ボーン・トゥ・ビー・フリー』『アズ・アイ・ウォークド・アウト』『ノー・モア・ロックダウン』、さらに賛同したエリック・クラプトンとのコラボレーション曲『スタンド・アンド・デリヴァー』などのメッセージ・ソングを発表するなどして、北アイルランドのスワン保健相から「危険な考え」と批判されたりもしたが、新作では打って変わって、少年時代の彼が聴きふけってきたスキッフルに接近している。

第二次世界大戦後、イギリスでは自国産のジャズが急速に成長。ロンドンのクラブ・シーンで重要な役割を果たしたのがケン・コリアーとクリス・バーバーだった。1950年代の彼らのコンサートは二部あるいは三部構成だったが、休憩中にはギター、ウォッシュボード、洗濯桶などによる演奏が行われている。ブルースやジャズ、カントリー、トラッドなどをごった煮で演奏するそんなインターヴァル・ショーの音楽はスキッフルと呼ばれ、徐々に“本編”のジャズよりも人気を得るように。1956年にはロニー・ドネガンの『ロック・アイランド・ライン』(レッド・ベリーのカヴァー)が大ヒット。1950年代後半、イギリス全土にスキッフル・ブームが到来している。

高度な演奏技術も高価な機材も要さない音楽ということで20年後のパンク・ロックと共通するものがあったスキッフルはワーキング・クラスの若者たちの心を捉え、一時は3万から5万のスキッフル・バンドが存在したというが、その大半は忘れ去られている。その原因はまず彼らのほとんどが既存の楽曲をプレイすることに安住、オリジナル曲を書かなかったことにあった。もし自分の曲を書いたとしても、1970年代と較べるとインディーズ・レーベルがはるかに少なく、レコードを出して多くの人に聴かせ、後世に残すことが出来なかった。1950年代末にはクリフ・リチャードやトミー・スティールなどが台頭、若者たちはより華があるポップやロックンロールに目を向け、スキッフルは急速に廃れていく。

ただ、そんなムーヴメントから巣立っていったのがザ・クオリーメンのジョン・レノンとポール・マッカートニーであり、ザ・スパトニックスのヴァン・モリソンだった。

(ビリー・ブラッグは1957年生まれと、時代的には重ならないものの、研究書『Roots, Radicals and Rockers: How Skiffle Changed the World』を著すなど、スキッフル愛好家として知られている)

アイリッシュ・ソウル・シンガーとして成功を収めたヴァンは1970年代から自らのルーツに立ち返ったスキッフル・アルバムを作ろうと考えていたそうだが、それが遂に実現したのが『ザ・スキッフル・セッションズ』(2000)だった。このライヴ作ではクリス・バーバーとロニー・ドネガンという2人の重鎮を迎え、レッド・ベリー、ウディ・ガスリー、ジミー・ロジャース、ファッツ・ウォーラー、作曲者不明のトラディショナル曲など、往年のスキッフル・グループがライヴ・レパートリーにしていた楽曲をプレイしている。ドクター・ジョンやビッグ・ジム・サリヴァンがゲスト参加しているのも聴きものだ。

ヴァン・モリソン

スキッフル企画物でない“ヴァン・モリソンのアルバム”

それから約四半世紀を経て発表されるのが『ムーヴィン・オン・スキッフル』だ。今回も上記のアーティストに加えてハンク・ウィリアムス、ハンク・スノウらカントリー系の面々によるナンバーを全23曲プレイしている。ウィリアムスの『アイム・ソー・ロンサム・アイ・クッド・クライ』『コールド・コールド・ハート』、ジミー・ロジャースの『トラヴェリン・ブルース』など、他アーティストによるヴァージョンで知られる曲もあるが、かつてドネガンやバーバー、ヴァイパー・バンドらが演奏してきた決して知名度の高くない“隠れた名曲”がメイン。少年時代のヴァンが感銘を受けた楽曲のコレクションとして楽しむことが出来るし、原曲を掘り下げてみることで新しい発見をすることが出来るだろう。

このアルバムで興味深いのは、音楽的にはスキッフルではなく、フル・バンドによるヴァージョンとして演奏されていることだ。『ザ・スキッフル・セッションズ』では1950年代のサウンドを意識してラフなチープさも感じさせるアレンジだったが、今回は“スキッフル企画物”ではない“ヴァン・モリソンのアルバム”として楽しませてくれる。唯一スキッフルらしさを残しているのは、スティッキー・ウィキットによるウォッシュボードがフィーチュアされていることだが、懐古趣味に陥ることなく、リラックスしたムードに浸ることが可能だ。

2023年4月末、英国“チェルトナム・ジャズ・フェスティバル”からヴァンはツアーを開始。無理な移動スケジュールを避けて大都市で複数公演を行ウスタイルで、北米とヨーロッパをサーキットする。残念ながら日本公演はリストアップされておらず、今回も実現することはなさそうだ。

しばしば“気難しい”とも言われるヴァンだが、そもそもインタビューが少ないため、気難しいか判らないのが実情だ。彼と共演したことのあるキャンディ・ダルファーに筆者(山﨑)が訊いてみたところ「全然気難しくない。すごくスウィートな人よ」と言っていたため、案外気さくな人という可能性もある。ぜひ日本のステージで、その真の姿を見せてもらいたい。

■アルバム『ムーヴィン・オン・スキッフル』

ヴァン・モリソン

発売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2023年3月10日
価格:3,960円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 大貫妙子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:大貫妙子さん「言葉で説明できないことのなかに本当に素晴らしいものがいっぱいある。それが音楽ですよね」

16460views

音楽ライターの眼

英国ハード・ロック・バンド、バッジーの受け継がれる伝統

2586views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

13942views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

107461views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4599views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

5247views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

13839views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6553views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23702views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10652views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5368views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9746views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10636views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12670views

壷阪健登

音楽ライターの眼

ジャズの新時代を拓く瑞々しいリリシズム/壷阪健登ソロ・ピアノ・コンサート“Departure”

945views

オトノ仕事人

テレビ番組の映像にBGMや効果音をつけて演出をする音の専門家/音響効果の仕事

1893views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1643views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

13116views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6938views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8019views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

2712views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10560views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24893views