Web音遊人(みゅーじん)

YH-5000SE

目指したのは、深く長く音楽に没入できるヘッドホン。ハイエンドクラスの「YH-5000SE」誕生

ヤマハ初のフラッグシップモデルのヘッドホン「YH-5000SE」が2022年12月に発売。
音楽に没入したい。“超”長時間ヘッドホンで音楽を聴く。ヘッドホンに強いこだわりがある。そんなユーザーも、ヘッドホンでの新しい音楽体験を味わうことができるだろう。

新開発の平面磁界型ドライバーで「TRUE SOUND」を実現

YH-5000SEが目指したのは、深く長く音楽に没入できるヘッドホン。ポイントとなったのは、まずはTRUE SOUNDを形作る技術だ。
アーティストの意図した音を正確に表現し、リスナーの感情を高める──。すべてのヤマハホームオーディオ製品に共通するTRUE SOUNDという音質思想は、このヘッドホンにも貫かれている。
重要なキーとなったのは“平面磁界型”のドライバーだ。非常に薄い振動板を搭載し、駆動板を駆動させるポイントが多いのが特徴で、音にムラがなくクリアな高域と低歪の音質を実現する。一方で、構造的に複雑で、通常のダイナミックドライバーよりも設計が困難だ。
実はヤマハは1976年に発売されたヘッドホン「HP-1」に、すでに平面磁界型のドライバーを採用している。ただし、当時は現在の様にハイレゾ音源のような高音質音源が存在せず、そのまま現代の技術に流用できるものではなかった。当時の開発者のノートに記載されていた情報を元に、ヤマハの目指す理想の音を目指して開発が行われた。

HP-1の遺伝子を踏襲しつつも、現代の新しい技術で平面磁界型のドライバーを。その開発は、ゼロからのスタートとなった。2016年から研究と改善を繰り返し、千枚にも及ぶ振動版試作を経て生まれた今の形は、まさに開発者の探究心の結晶。しかし、同時に生産し続ける難しさも認識することになる。そこで本社から近い掛川工場で、熟練の職人による精度の高いドライバー作りが行われることになった。開発メンバーが足を運びやすい環境でもあり、高品質性をより担保できたのだ。

YH-5000SE

YH-5000SE

超軽量・薄膜振動板にヤマハが独自に開発した平面磁界型ドライバー“オルソダイナミック®

また、振動板の両面を挟むダンパーもTRUE SOUNDの実現に大きな役割を果たしている。メタルパンチングの微細孔ダンパーを採用することで、中高域のロスを軽減している。
ハウジングは、密閉型と比べて広い音場が味わえる開放型だ。内部にはステンレス素材を使用した日本製圧延平畳織フィルターを採用し、音抜けを調整。音が立ち上がった瞬間の密度感と開放感を両立する。

YH-5000SE

広い音場の開放型ハウジング。

ユーザーの好みに合わせた音が楽しめる点にも注目したい。イヤーパッドはレザーと、世界的に評価が高い東レのウルトラスエードと呼ばれる素材の2種類。触感はもちろん、レザーはよりクリアで開放的な音、スエードはより温かみのある音と音質にも違いをもたらす。精悍さを感じさせる独自のデザインも、所有心をくすぐることだろう。
さらに、音楽再生に適した銅に、音に煌びやかさを与える銀コートを施したケーブルも、バランス、アンバランスの2種類。それぞれの組み合わせで、自分だけの音質をカスタマイズすることができる。

YH-5000SE

320gの軽量ボディで聴く人の負荷を軽減

ふたつ目のポイントは軽量化と優れた装着感だ。
ハイエンドクラスのヘッドホンは、音はいいのだけれど重くて長時間つけていると疲れてしまう。そんな感想を持つ人は少なくないのではないだろうか。
YH-5000SEはマグネシウムを採用することで、わずか320グラムという軽量なボディを実現。また、2層構造のヘッドバンドと、スムーズに稼働してそれぞれの頭にフィットする細かな調整ができるステップレススライダーが極上の装着感を生む。

YH-5000SE

実際に装着してみると、その軽さは感動モノ。視聴ではレスポンスがすばらしく、音場はかなり広々。そのなかで1音1音が躍動する自然な没入感を得ることができた。国内外の評論家からも高評を得ているという。
販売は本体に2種類のイヤーパッドと2種類のケーブル、ヘッドホンスタンドが付属したセットで。別売りでXLRプラグのケーブルも用意されている。

目の前のパフォーマンスを聞いているかのような没入感を、あなたにもぜひ体験してほしい。

YH-5000SE

■YH-5000SE

YH-5000SE

コンサートホールの広大な雰囲気や、小さなクラブならではの温かみを正確に再現することに加え、アーティストの位置や繊細な動きまで感じられるような臨場感と豊かな表現力のニュアンスを実現。まるで目の前のパフォーマンスを聞いているかのような没入感を体験できます。

詳細はこちら
開発者の声

facebook

twitter

特集

林英哲

今月の音遊人

今月の音遊人:林英哲さん「感情までを揺り動かす太鼓の力は、民族や国が違っても通じるものなんです」

1857views

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

音楽ライターの眼

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

5751views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

自宅で一流アーティストのライブが楽しめる自動演奏ピアノ「ディスクラビア エンスパイア」

55522views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

4551views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8295views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

41953views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12790views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8228views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18595views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1468views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7808views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24504views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

10918views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12388views

ジョージ・ハリオノ

音楽ライターの眼

チャイコフスキー国際コンクール第2位の若き天才ピアニストが待望のヤマハホール・デビュー!!/ジョージ・ハリオノ ピアノ・リサイタル

377views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

13522views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7566views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

11142views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

7861views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7787views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

3613views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6558views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24504views