Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人 小沼ようすけ

今月の音遊人:小沼ようすけさん「本気で挑まなければ音楽の快感と至福は得られない」

日本を代表するジャズプレイヤーであり、近年はジャンルを横断する多岐な活動とコミュニケーションで表現の幅を広げる小沼ようすけさんに「音で遊ぶ」原点をたずねました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

タル・ファーロウというジャズギタリストの『Isn’t It Romantic』です。僕はこの曲が発表された1956年から約40年後の19歳のときに初めて聴きました。当時は斬新だった人工ハーモニックスを使っていたりして、そのテクニックに驚きながらも、曲全体がまとう切ない感触というか、たった19年しか生きていない僕に懐かしさを感じさせてくれたんですね。
その当時、実はジャズについてかなり悩んでいました。ロック好きだった高校時代までは練習すれば何でも弾けると思っていたんです。ところが卒業後に通った音楽専門学校でジャズブルースが課題になったとき、すごく気持ちよくてカッコいいのに全然弾けなかった。
そんな時期に『Isn’t It Romantic』に出会って、ものすごくクリアに「こういうことをやりたい」と思ったんです。「こういうこと」とは、タル・ファーロウがそうだったように、僕もまたこの時代で人々に衝撃と感動を与え続ける、ということです。
今でも定期的に聴きます。車での移動中や、あるいはツアーが終わった後などに耳にすると、ジャズの扉を開けてくれた瞬間、本来の自分の場所にすっと戻してくれるんです。

Q2. 小沼さんにとって「音」や「音楽」とは?

その答えははっきりしています。音楽というのは、その人の心や魂の代わり。感情を表現する手段。自分が心から楽しんで出た音は必ず人に伝わるし、魂のごとく後の世にも残ります。だから嘘はつけない。仮に譜面通りに弾けたとしても、心の中にピュアじゃないものがあれば音に出てしまいます。
理想の境地はゼロ。気負わず期待せず自分をフラットな状態にできれば、どこかから降ってくるものを自然と受け止めることができます。その瞬間のギターと自分がひとつになる快感はとても不思議なもので、後になるとあれは何だったんだろうと思うんですね。
とは言え自宅で新しいことにチャレンジしているときは気合い入れまくりで、頭でイメージできるものが「なぜ弾けないんだ」って苛立ったりするんですよ(笑)。けれどひたすら弾き続けると、あるタイミングで時間すら感じないというか、今ここにいるという以外に何も意識しない瞬間が訪れます。常にその状態で音楽がしたい。それが至福ですよね。本気で挑まなければ音楽の快感と至福は得られないと思います。

今月の音遊人 小沼ようすけ

撮影協力:鎌倉 百年の蔵~カフェ&バー tsuu

Q3. 「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

音遊びで言えば、ジャズほどピッタリなジャンルはないでしょうね。ジャズの演奏は、曲のテーマから始まり、インプロビゼーション(即興演奏)があって、再びテーマに戻るのが基本スタイルです。
そのインプロビゼーションの最中はまさに音遊びの瞬間で、たとえばバンドがトリオだったら3人の子供が公園で遊んでいる感じに近いかなあ。最初はみんな砂場にいたのに、気づくと一人はブランコに乗り、もう一人はすべり台に登っている。でも同じ公園の中にいるから互いの遊びが気になっていて、また砂場で山をつくったりしてね。そう、子供みたいに素直で無邪気。けれど相当に深い技術と経験を基に音で遊ぶ様子はジャズそのものかもしれません。
などと言いつつも、ギター初心者の人が覚えたてのコードをポロンと鳴らすときだって音で遊んでいるんですよね。結局のところ、自分が楽しめればいい。そこが音遊びの原点じゃないかな。1曲完成させるというような目的が持てれば、そのプロセスもまたワクワクするでしょ。楽しさで苦労を忘れられるし。だからきっと、音遊びを生涯やめられない人が“音で遊ぶ人”になるんでしょうね。優れたプロはそんな人ばかりですよ。

小沼ようすけ〔おぬま・ようすけ〕
ジャズギタリスト。1974年、秋田県出身。14歳の時に父の影響でギターを始め、19歳から本格的にジャズギターを学ぶ。1995年ヘリテージ・ジャズギター・コンペ日本代表、世界3位、1999年ギブソン・ジャズ・ギター・コンテスト優勝。2001年にアルバム『nu jazz』でメジャー・デビュー。さまざまなアーティストとのコラボレーション、国内外でのライブ活動などを精力的に行い、ジャンルを超えたオリジナリティ溢れる演奏で多くの支持を集めている。
小沼ようすけオフィシャルサイト http://www.yosukeonuma.com/

 

特集

武田真治インタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:武田真治さん「人生を変えた、忌野清志郎さんとの出会い」

8240views

カスタム・ウィンズ木管五重奏団

音楽ライターの眼

アルファ波で満たされた、心温まる冬の一夜/カスタム・ウィンズ木管五重奏団 Vol.4

1546views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

1884views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

47486views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8290views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

6568views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1568views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4324views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7319views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

3440views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2346views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

13509views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

6583views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6624views

反田恭平 - Web音遊人

音楽ライターの眼

ユニークな個性が演奏に反映し、聴き手の心をわしづかみにする反田恭平のピアニズム

4830views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

4215views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

3125views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

2273views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

6021views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2706views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

14334views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2400views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15750views