Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#003 新旧ジャズの分水嶺となったハイブリッドな室内楽~『ポートレイト・イン・ジャズ』編

“名盤”のピックアップ3回目にして、早くも演奏者がダブるという事態が発生。

それだけビル・エヴァンスという人の功績が大きいということなので、ダブっても、「“名盤”を考え直す」というコンセプトなのだから気にしないようにして進めたいと思います。

『枯葉』/ビル・エヴァンスのアルバム『ポートレイト・イン・ジャズ』より。


参考動画:ポートレイト・イン・ジャズ+1/ビル・エヴァンス

アルバム概要

1959年にスタジオで収録された、ピアノ・トリオ(ピアノ~アコースティック・ベース~ドラムス)による作品。

リーダーであるピアニストのビル・エヴァンス(1929年生まれ)は30歳。幼少期からラフマニノフやストラヴィンスキーなどの音楽に親しんできた彼は、20世紀前半の“ジャズの展開”についても興味をもち、楽理的な面を含めて豊富な知識を得ていたと言われています。

1958年にはマイルス・デイヴィスのバンドに参加、翌年に脱退したものの、本作レコーディングの直前(といっても8~9か月ほど前になりますが)に、ジャズの流れを変えるエポック・メイキングなマイルス・デイヴィスのアルバム『カインド・オブ・ブルー』にも名を連ねていました。

マイルス・デイヴィスのバンドを辞して、念願のオリジナル・コンセプションを表現できるトリオで臨んだのが、この『ポートレイト・イン・ジャズ』です。

“名盤”の理由

『ポートレイト・イン・ジャズ』が“名盤”であるとされるのは、「リズムをキープすることに主眼が置かれていたリズムセクションのピアノ、ベース、ドラムスそれぞれに、独自の発想によるインプロヴィゼーションを展開する機会を与え、それが破綻なくまとめられている」からというのが定説です。

この背景を考えるには、ジャズがヨーロッパ音楽からもたらされた鼓笛隊と室内楽のハイブリッドな展開系であることを理解する必要があります。

ジャズは米ルイジアナ州のニューオーリンズで生まれ育った、と言われています。19世紀、ミシシッピ川河口の港湾都市として栄えたニューオーリンズは、ヨーロッパ交易の玄関口であるとともにアメリカ国内の主要都市を結ぶ交通網の起点でもありました。

交易で栄える街では、懐が豊かになった人たち相手の歓楽街が発展し、客をもてなす趣向が凝らされるようになります。そのひとつが、ジャズだったわけです。

そして南北戦争の余韻を残す19世紀後半に、用済みとなった軍楽隊人員(と楽器)が稼ぎ口を求めて集まったのもニューオーリンズでした。彼らはパレードにおける演奏を得意としていたわけですが、それだけでは歓楽街の専属バンドとして生き残ることができなかったため、ヨーロッパのサロンで流行していた室内楽的なアプローチも意識するようになります。

マーチングバンドから打楽器を減じ、音量を調節して生まれたのが、ジャズのラージ・アンサンブル(≒ビッグバンド)。クラシック音楽の三重奏や四重奏といった室内楽的なアプローチをマーチングバンド的に(つまりリズム・アクセントを強調できる楽器を取り入れて)アレンジし直したのがピアノ・トリオやサックス・カルテット、2管クインテットとなっていったと考えられます。

特に、室内楽的なアプローチでは、ジャズのアイデンティティとも言える“リズム楽器とのミクスチュア”に固執したことで、トリオは「ソロ楽器であるピアノに対してベースとドラムスが(ジャズらしい)リズムをキープする」というスタイルをあたりまえとする風潮を生んでしまったようです。

クラシック音楽に精通していたビル・エヴァンスは、室内楽が本来は楽器ごとの声部(=パート)の組み合わせを工夫して楽しむ音楽であることに立ち返るべく、ピアノと同様にベースもドラムスも“リズム専従”ではなく、旋律に絡んでくる役割を与えることができる環境をつくろうとしました。それを具現したのが、スコット・ラファロ(アコースティック・ベース)とポール・モチアン(ドラムス)によるトリオであり、この『ポートレイト・イン・ジャズ』だったということになります。

つまり、この『ポートレイト・イン・ジャズ』が“名盤”なのは、リズムセクションという固定観念をまとったパートの呪縛を解き放ち、20世紀後半に大きく飛躍する“ピアノ・ジャズ”の礎を築いたモデルケースの第1号であるという、栄誉ある地位を表しているからでもあるのです。

いま聴くべきポイント

『ポートレイト・イン・ジャズ』によって“リズムセクションという固定観念”から解放されたジャズは、それ以降の演奏アプローチや聞こえ方がまったく変わってしまった──と言ってもいいと思います。

4ビートを感じる曲調のときに「これはトラディショナルなジャズのフィーリングだ」と無条件に連想してしまうのは、おそらくこれが原因。つまり、「旧来のジャズと“これからのジャズ”の分水嶺」をビル・エヴァンスがつくっていたからこその印象だ──と言えるのではないでしょうか。

しかし、なによりも重要なのは、始めから終わりまでカッチリと4ビートで固められた曲調でなくてもジャズだと感じられるアプローチを発明して証明したのが『ポートレイト・イン・ジャズ』だった──ということです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

上野耕平さん

今月の音遊人

今月の音遊人: 上野耕平さん「アクセルを踏み続けることが“音で遊ぶ”へとつながる」

12281views

音楽ライターの眼

和やかさの中に感じる、ジャズアンサンブルの原点/珠玉のリサイタル&室内楽 中川英二郎×エリック・ミヤシロ×川口千里 Special Jazz Night

1727views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

3469views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

107297views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11244views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

13328views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7345views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9035views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22103views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4887views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7957views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29293views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8480views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13607views

徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.10

音楽ライターの眼

演奏者たちの個性と作品の情緒がぴたりと合う/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.10

447views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

11890views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4215views

トランスアコースティックピアノ™

楽器探訪 Anothertake

音量の問題を解決し、ピアノの楽しみを広げる「トランスアコースティックピアノ」

3840views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20456views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5328views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

177151views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6542views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29293views