Web音遊人(みゅーじん)

連載37[ジャズ事始め]留学先から“アメリカならではのジャズ”を持ち帰らなかった佐藤允彦が示したものとは?

佐藤允彦が丸2年の留学を終えて帰国したのは、1968年8月。

その翌年にリリースしたアルバム『パラジウム』は、ジャズ専門誌から賞を授与されるなど、“アメリカ帰り”の彼に対する期待の大きさと注目度の高さを示すに足る評価を得た。

『パラジウム』の収録メンバーは、ベースの荒川康男とドラムスの富樫雅彦。

荒川は佐藤より2年年長で、1年先にバークリー音楽大学へ入学し、ほぼ同時期に帰国した“留学組”。

富樫は1年年長で、1960年代初頭から日本のフリー・ジャズ・シーンを牽引する存在として脚光を浴びていたが、1969年は“実験的音響空間集団ESSG”を立ち上げ、彼の経歴のなかでもひときわ重要な年とされる。それを象徴する作品として『パラジウム』も挙げられている。

『パラジウム』は、1曲目『オープニング』がリズムもメロディもない30秒に満たない短さで“フリー”の雰囲気を強く意識させるものの、2曲目はビートルズ・ナンバー『ミッシェル』を取り上げていたり、タイトル・チューン『パラジウム』も荒川の4ビート・ベースが全編に敷かれるなど、“新しい世界に向かって突っ走る”というよりは、従来のビバップ的な規範から逸脱しながらもそれらを融合する“調整力”の重要さを示そうとした作品のように感じる。

佐藤允彦のそうした“役割”に対する論考は、『パラジウム』をレコーディングした直後に宮間利之&ニューハードと共演した『パースペクティヴ』によっても証明される。

『パースペクティヴ』では、ピアニストとしてだけでなく、作曲と編曲でも参加。1960年代の日本で人気・実力ともに1、2位を争う存在だったこのビッグバンドからのオファーは、“その実力を認めたうえでの起用”でなければ実現しえない企画だと考えられるからだ。

つまり、“一歩先を進んで演奏するお手本”ではなく、“最先端を知りながら立ち止まってアメリカ(アフリカン・アメリカン)ではない日本のジャズを考えてくれる存在”という、日本の多くが求めていただろうニーズを反映できる、器用さと技量を持ち合わせていたのが佐藤允彦だったから──というわけだ。

ちなみに、アルバム『パラジウム』では収録曲『スクローリン』、アルバム『パースペクティヴ』では収録曲『直立猿人』が“推し曲”だ。前者ではロック・ジャズと呼ばれるようになる1970年代の8ビートを先取りしたような疾走感を、後者ではチャールズ・ミンガスのオリジナルに漂うアフリカンなテイストを排したアレンジの妙を、それぞれ味わっていただきたい。

次回は、佐藤允彦がビバップやフリーに接する際の所感を記した文章を拾いながら、論考を進めたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

山下洋輔さん

今月の音遊人

今月の音遊人:山下洋輔さん「演奏は“PLAY”ですから、真剣に“遊び”ます」

5117views

音楽ライターの眼

「ゴルトベルク変奏曲」を弦楽器で聴く歓び

2731views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

10146views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

9469views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

6816views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

2927views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

3466views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

533views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

9261views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

2207views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

5796views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22285views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

6816views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5322views

音楽ライターの眼

テデスキ・トラックス・バンドがライヴ・アルバム『レイラ・リヴィジテッド』を発表。デレク&ザ・ドミノスの名盤『いとしのレイラ』を完全再現

494views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4048views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5624views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4940views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4347views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5444views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

9469views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5458views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18625views