Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#011 ジャズであるための理由を教えてくれる、かたくななピアノ・スタイル~ウィントン・ケリー『ケリー・ブルー』編

1960年代“黄金期”のジャズを象徴するピアニスト、ウィントン・ケリーの出世作。

10代からプロとしてのキャリアをスタートさせたウィントン・ケリーは、20代でダイナ・ワシントン(ヴォーカル)のバックを務めたり、ビバップのオリジネーターであるディジー・ガレスピーのバンドに参加するなど、着実にキャリアを積み重ねていました。

そして1959年、時代の寵児として脚光を浴びていたマイルス・デイヴィスから声がかかり、彼のバンドへ参加。歴史的名盤である『カインド・オブ・ブルー』の収録にも名を連ねることになります。

本作は、その『カインド・オブ・ブルー』のレコーディング時期と重なるようにして録られた、飛躍の瞬間をとらえた記念碑と言える作品です。


参考動画:ケリー・ブルー+2/ウィントン・ケリー

アルバム概要

メンバーは、マイルス・デイヴィスのバンドでも一緒のポール・チェンバース(ベース)とジミー・コブ(ドラムス)によるピアノ・トリオを軸に、2曲でナット・アダレイ(コルネット)、ボビー・ジャスパー(フルート)、ベニー・ゴルソン(テナー・サックス)が参加したセクステット(=6重奏団)となっています。

リリース時のアナログ盤には6曲を収録。CDリマスター版で2曲が追加されて、現行では8曲となっています。

“名盤”の理由

ベニー・ゴルソンは当時、アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズで音楽監督的な立場にいたので、本作もその勢いにあやかろうという意図があったのかもしれません。

実際に、ベニー・ゴルソンが参加している収録曲『ケリー・ブルー』と『キープ・イット・ムーヴィング』は、彼がホーン・セクションのアレンジをしたものと思われる仕上がりになっていて、それがウィントン・ケリーのピアノの特異性を引き立たせる効果を生んでいます。

それでは、ウィントン・ケリーの特異性とはなにか?

ひと言で言えば、リズム&ブルースのフィーリングにあふれた演奏スタイルということになると思います。

その特異性があったからこそ、ビバップからハード・バップへとジャズが進化を遂げていく時期に、旧来のジャズ・ファンから新しもの好きまでを取り込んで支持されたのです。

それはまた、“ジャズにとって忘れてはならないものはなにか”をシッカリと主張するサウンドを備えている──ということだったはずです。

いま聴くべきポイント

ウィントン・ケリーの特異性は、ジャズを改革していく進取性とは逆のベクトルをもつものだと思います。

言うなれば、「不器用ですから……」とTVCMで語っていたイメージそのままの高倉健さんのように、変わりゆく時代に合わない自分を否定せず、認めている潔さに対して、ジャズ・ファンは共鳴してしまうのではないでしょうか。

時代の先に飛び出ることしか考えていなかったようなマイルス・デイヴィスがウィントン・ケリーを起用したのも、そのかたくななブルース由来のジャズのフィーリングを自分のバンドに混ぜることで、拠り所=アイデンティティを見失わないようにしたかったからではないか──とも想像できます。

ジャズのアイデンティティについての問題は、ロバート・グラスパーら現代の最先端を切り拓こうとしているミュージシャンたちの作品を読み解くうえでも参考になるポイント。

ピアノ・トリオとセクステットが混在した本作は、サウンド・コンセプトの違いによってアイデンティティをあぶり出すことのできる最適な教科書になっているのです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

沖仁さん

今月の音遊人

今月の音遊人:沖仁さん「憧れのスターに告白!その姿を少年時代の自分に見せてあげたい」

10858views

イアン・ハンター

音楽ライターの眼

イアン・ハンター、84歳にしてロックンロールの道半ば。2作品がリリース

1292views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2115views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

26696views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11131views

トーマス・ルービッツ

オトノ仕事人

アーティストに寄り添い、ともに楽器の開発やカスタマイズを行うスペシャリスト/金管楽器マイスターの仕事

1120views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11170views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2870views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10979views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4825views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5276views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29022views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9359views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13455views

音楽ライターの眼

名手ぞろいの楽団員が一夜限りの室内楽/ベルリン・フィル スペシャル・アンサンブル Vol.3

5763views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

43871views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1328views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

25301views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12977views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5878views

エレキベース

楽器のあれこれQ&A

エレキベースを始める前に知りたい5つの基本

2403views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6657views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24728views