Web音遊人(みゅーじん)

八神純子さん - 今月の音遊人

今月の音遊人:八神純子さん「意気込んでいる状態より、フワッと何かが浮かんだ時の方がいい曲になる」

16歳でポプコン(ポピュラーソングコンテスト)に出場し入賞を果たしたのをきっかけにデビュー。『みずいろの雨』『パープルタウン』など数多くのヒット曲を世に送り、1987年より渡米した八神純子さん。現在、日本とアメリカで活動する八神さんにお話をうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

私が小さい頃に大好きだったのが、ザ・ピーナッツです。みなさんがよくご存じなのは『恋のフーガ』や『恋のバカンス』だと思いますが、私が一番聴いたのは『恋のロンド』という曲です。最初、「ララララーララ」という美しいフレーズで始まるのですが、このフレーズは、はじめの部分以外どこにも出てこないという工夫に満ちた曲でもあり、メロディも歌詞も大好きでした。
私が、自然に洋楽っぽい曲が作れるようになったのは、ザ・ピーナッツの曲が持つ異国情緒の影響だと思います。アレンジも含めて、ザ・ピーナッツはあの頃の日本の音楽とは一線を画していましたね。当時は、音楽的にリッチな時代でした。テレビ番組で歌うザ・ピーナッツのバックの演奏にも、弦楽器や管楽器のセクションが入っていましたから。
ポプコンの全国大会や世界歌謡祭に出たかった理由も、生の弦楽器や管楽器をバックに歌いたかったからなんです。ザ・ピーナッツといえば、作曲家の宮川泰さんが多くの名曲を残されていますが、先日、息子さんの宮川彬良さんと一緒にオーケストラを入れたコンサートを開き、とても素晴らしい経験をさせていただきました。その時、「ザ・ピーナッツは、時代が変わってこういうバックが使えなくなったからやめたんだよ」と聞いて、納得しましたね。私の根っこにはザ・ピーナッツがいるんです。

八神純子さん - 今月の音遊人

Q2. 八神さんにとって「音」や「音楽」とは?

耳をふさがない限り、生活していて周囲に流れている音は全部、音楽として聴こえてきます。ちょっとした街の音から曲のヒントをもらったり、リズムパターンが浮かんだり。ジョギングを毎日欠かさず行っているのですが、自分のフットステップ、足音が曲やリズムになることもありますね。「今日は曲を作るぞ!」と意気込んでいる状態より、フワッと何かが浮かんだ時の方がいい曲になることが多いようです。
アメリカで主婦業や子育てに追われていた頃は、歌うよりも人の音楽を聴くほうがメインでした。それだけでも満足でしたが、女性ボーカルを聴くと「自分も歌いたいなあ」と思ったこともありましたね。
音楽活動を再開したのは、音楽番組に出た時に、また私の歌を聴きたいと言ってくださる方がいたからです。私の音楽を求めてくださる方たちがいる限り、これからも素敵な音楽を届けたいと思っています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

やっぱり、私が一緒に音楽をやっているミュージシャンたちかな。彼らは、とっても楽しそうなんですよね。特に、この質問でパッと頭に思い浮かんだのが、私のバンドのバンドマスターで、キーボーディストの中村康就(やすなり)さんです。宮川彬良さんとのコンサートの前にリハーサルがあったのですが、ベーシストのスケジュールが合わなくて参加できなかったんです。
中村さんはシンセベース(シンセサイザーでベースの音色を出して鍵盤を弾く)もうまい方なので、じゃあ彼を呼ぼうかということで、「本番はいいんだけれどリハーサルだけ来てくれないかな?」と誘ったら、「あ、いくいく」って言って喜んで来てくれたんです。「リハーサルで和音を弾かずに、ほとんど指1本で演奏したのは初めてだ」と、笑っていました。
彼はキーボーディストでもあり作・編曲家、プログラマーでもあるので、ベースもドラムもシンセサイザーの鍵盤で弾けてしまうんです。自分のやりたいことにこだわらず、音楽ならどんなことでも柔軟に対応でき、喜々として駆けつけてくれる。彼みたいな人が、「音遊人」という言葉にぴったりなんじゃないでしょうか。

八神純子〔やがみ・じゅんこ〕
1958年生まれ、名古屋市出身。1978年にプロデビュー。デビュー前からポピュラーソングコンテストやチリ国際音楽祭などで入賞。『みずいろの雨』をはじめ、『思い出のスクリーン』『パープルタウン』など、数々のヒット曲を生み出す。1987年以来アメリカ在住。2011年、しばらく休止していた日本での音楽活動を再開、『Here I am』や『There you are』などのオリジナルアルバムを発売、全国ツアーを続けてきた。2017年はポプコンエイジに参加する他、1月29日渋谷Bunkamuraオーチャードホールでの「ヤガ祭り」コンサートをはじめ、全国ツアー、そして「ビルボードクラシックス」などに出演予定。
八神純子オフィシャルサイト http://junkoyagami.com

 

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

3842views

J.S.バッハの《コーヒー讃歌》

音楽ライターの眼

ああ、コーヒーのおいしいこと。1000回の接吻よりすばらしく、マスカット酒より甘い…… J.S.バッハ《コーヒー・カンタータ》の誕生秘話

2471views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

4082views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

1206views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9043views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

5795views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2620views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1279views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

11372views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1281views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2124views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3162views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

4949views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9758views

エマーソン弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

テクニックと知性に裏打ちされた、円熟の響き/エマーソン弦楽四重奏団

2575views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

3373views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1274views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

2118views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

8895views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

2748views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

34439views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1621views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3162views