Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#013 レジェンドたちが未来を託した奇跡的セッションの記録~チャーリー・パーカー『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』編

このアルバムについては、すでにボクの連載(連載12[多様性とジャズ]ミンガスは黒人差別というバイアスをジャズで打ち破ろうとしたのか~その1)でも取り上げていました。

改めてこの【ジャズの“名盤”ってナンだ?】で取り上げるなら、まず「このアルバムはチャーリー・パーカー名義でいいのか」というところから論を始めてみたいと思います。

というのも、ジャケットにはレーベル名の“debut records presents”、バンド名の“the Quintet”、公演(収録)場所名の“jazz at massey hall”とともに演奏者名が羅列されているだけで、実はチャーリー・パーカーの名前はないからなのです。

え?演奏者名があるならチャーリー・パーカーの名前も表記されているんじゃないの?と思うかもしれませんが、いえいえ、“ない”のですよ。

記されているのは、“charlie chan”という「誰、それ?」と思ってしまうような名前。

まあ、タネを明かせばそれがチャーリー・パーカーの偽名で、レコード会社の契約絡みのオトナの事情のためにチャーリー・パーカーという表記が使えなかったことによる苦肉の策だったわけです。

もちろん、リリース当時からそれは公然の秘密で、ジャズ・ファンのあいだではチャーリー・パーカーのかなりコンディションが良いプレイを記録した作品として知られていたから、後に契約関係がクリアになってリイシューされる際に、チャーリー・パーカー名義のアルバムになった、というわけなのです。


ジャズ・アット・マッセイ・ホール / チャーリー・パーカー

アルバム概要

1953年5月15日に、カナダのトロントにあるマッセイ・ホールで開催されたコンサートのもようを収めたアルバム。

カナダの主都はオタワですが、最大の都市は同じオンタリオ州にあるトロントのほうで、そこに1894年にオープンしたのがマッセイ・ホール(メッシー劇場とも)でした。

ほかのメンバーは、ディジー・ガレスピー(トランペット)、バド・パウエル(ピアノ)、チャールズ・ミンガス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス)というクインテット。

ビバップの存在が世に知られるようになってすでに10余年。

アフリカン・アメリカンによるアフリカン・アメリカンのためのアフリカン・アメリカンの音楽を掲げてチャールズ・ミンガスとマックス・ローチが立ち上げたデビュー・レコードが、ビバップのオリジネーターを招いて“カナダのカーネギーホール”と呼ばれるような格式のある会場でコンサートを開いたということがすでに歴史的であり、奇跡的に全員のコンディションの良い状態の演奏が記録されていることも加わって、ジャズ史を語るうえでは欠かせない1枚になっています。

“名盤”の理由

前段で「奇跡的に全員のコンディションの良い状態」と書きましたが、チャーリー・パーカーは2年後の1955年に心不全で死去、バド・パウエルも1950年代後半から精神状態の不安定さが増し、フランスに拠点を移したあと帰米した1966年に結核、栄養失調、アルコール依存症が原因で死去したため、この歴史的なメンツが揃うことはもちろん、鑑賞と評価に堪えうる演奏が可能であったラストチャンスだったのではないか、と思わせる内容であることが“名盤”たるゆえん。

いま聴くべきポイント

本稿冒頭で「このアルバムはチャーリー・パーカー名義でいいのか」と疑義を呈したわけですが、それにはもうひとつ、「チャーリー・パーカーが弱いんじゃないか」という疑義を個人的に抱いていたことも影響しています。

収録曲の『オール・ザ・シングス・ユー・アー』のソロなんか、もう美しいのひと言しか出ない名演ではあるものの、全体的に統制された、1950年代ハード・バップの“お手本”となるべく意図されたような行儀よさが、どうにも引っかかるんです。

一方で、1993年に75歳で亡くなるまで変化するジャズの荒波を乗り切ったディジー・ガレスピーの演奏こそが本作の白眉と言ってよく、彼がいちばんの年長でもあったから、“トランペット目線”で本作を聴き直してみるのも一興じゃないかと思ったりするわけです。

さて、リイシュー後の名義問題はさておき、1950年代にジャズを担おうと立ち上がったチャールズ・ミンガスとマックス・ローチが本作で示した編成を含めた演奏スタイルは、先述のようにハード・バップのお手本として広く認知され、それ以降のジャズの“規範”とも言うべき存在になったのではないかと考えています。

というのも、1954年にアート・ブレイキー(ドラムス)がホレス・シルヴァー(ピアノ)とともにクインテットで初代のザ・ジャズ・メッセンジャーズを結成したのも、1955年にマイルス・デイヴィスが第1期の“黄金の”と呼ばれるクインテットを結成したのも、このマッセイ・ホールでのコンサートに刺激されたからだった──。

それはつまり、1953年に彼らが出した音がビバップ創世期の10年前を振り返るものではなく、来たるべき“1950年代のジャズ”に向けたものだったことを意識して聴かなければならない、ということなのです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

Web音遊人 - 牛田智大さん

今月の音遊人

今月の音遊人:牛田智大さん「ピアノの練習をしなさい、と言われたことは一度もないんです」

63447views

Char

音楽ライターの眼

ロック界のレジェンドCharがアコースティック・ギターで圧倒/Char Acoustic Live

23804views

楽器探訪 Anothertake

ピアニストの声となり歌い奏でる、コンサートグランドピアノ「CFX」の新モデル

4507views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

40869views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16831views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

8074views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7209views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8924views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12528views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8464views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5460views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9613views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10837views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13455views

フジ・ロック・フェスティバル'18にボブ・ディランが参戦。歴史的イベントをたっぷり楽しむには

音楽ライターの眼

FUJI ROCK FESTIVAL’18にボブ・ディランが参戦。歴史的イベントをたっぷり楽しむには

5665views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

1191views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

7952views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4923views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4309views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8185views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

49708views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7198views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29022views