Web音遊人(みゅーじん)

絆の極み ~さだまさしと渡辺俊幸の半世紀~

深い“絆”によってお互いを支えてきた、さだまさしと渡辺俊幸の50年を振り返る一冊

『絆の極み ~さだまさしと渡辺俊幸の半世紀~』は、その副題が物語っているように、それぞれが稀代の音楽家として名を成しているさだまさしと渡辺俊幸の足跡を、“絆”という視点から振り返ったドキュメント作品だ。

著者と渡辺俊幸の出会いから生まれた企画

ライブ数通算4500回を超える記録を持つシンガー・ソングライターのさだまさしと、NHK大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語」テレビドラマ「オレゴンから愛」など、多くのドラマや映画音楽を手掛ける渡辺俊幸に深い結びつきがあることを意外に感じる人もいるかもしれない。
本書は、渡辺を20年以上にわたって取材し、信頼を得てきたジャーナリストのルーシー原納(原納暢子)が渡辺との交流を深める中で、彼とさだの半世紀におよぶ“絆”を知ることで生まれたという。
「私は、渡辺俊幸さんのことを親しみを込めてナベ先生とお呼びしています。ナベ先生とは『利家とまつ』が放送された2002年頃に取材で知り合い、それからお会いする機会が増えていったんです。そのなかで、ナベ先生がさださんをソロデビューに導いたことや、長く一緒に仕事をされているということを伺って面白いなと思い、そこから二人のことを本にまとめようと考え始めました」(原納)

本書は、彼らの生い立ちから出会い、そして今日まで育まれてきた“絆”を、本人たちの言葉と著者の考察によってたどっていくのだが、二人のどちらが主ということでなく、それぞれの個性を浮き上がらせつつ、彼らの関係がバランスよく描かれている印象だ。また、あらためて二人の関係を知るだけでなく、さだの音楽をより深く味わうための興味深い示唆にも満ちている。

「私がナベ先生と出会ったのが20年くらい前で、さださんとの企画を考え始めたのが7〜8年前くらいからなので、けっこう長いあいだキャッチボールしながら進めて、2022年11月にようやく発刊できました」(原納)

困難を乗り越えて続く50年の“絆”

1973年、グレープというフォークデュオでデビューしたさだは、渡辺がドラマーとして参加していたバンド、赤い鳥と同じ事務所に所属し、そこで二人は出会う。1976年にグレープを解散したさだは、渡辺に新たなバンドを一緒につくろうと提案するが、渡辺は「まさしはソロデビューするべきで、自分はプロデューサーとして支援していく」と説得。さだはソロアーティストとしての活動をスタートすることとなる。さだのソロデビューは成功するが、彼らの活動は必ずしも順風満帆には進まなかった。さだの音楽性を高いレベルで作品として表現していくために、音楽家としてさらに成長する必要を痛感した渡辺はボストンのバークリー音楽大学に留学する。
「ナベ先生が、“まさしの音楽は将来的にはもっとオーケストレーションが必要なものになっていく。そのためには、自分が本格的に学ぶ必要がある”と考えて、アメリカ留学のために仕事を休止することを決意したことも、それを受け入れたさださんもすごいと思うんです」(原納)
しかし、渡辺の留学中にさだは映画『長江』で巨額の借金を抱え、返済に奔走せざるを得なくなる。そんな苦難、鍛錬の時期をそれぞれが別に歩みながらも、彼らの“絆”は切れることなく、さまざまな形で花を咲かせていく。
本書では、それぞれの“思い”にていねいに焦点を絞って、その時その時の足跡を蘇らせていく。
「紆余曲折ある中で、半世紀近く一緒に音楽をつくっているということは大変なことです。けれど、本人たちはそれをすごいとも思っていない。自分の軸足をもったうえで、お互いに相手の求めているものにプラスで応えるようにしながら、今日まで続いているのが素晴らしいなと思います」(原納)

さだと渡辺は深い“絆”によってお互いを支えてきた。けれどその“絆”は、お互いのことを思い、その思いにそれぞれが応えようとしてきた結果であり、決して打算の産物ではないことを本書は教えてくれる。
さらに、一つ一つの文章は短く簡潔にまとめられていて読みやすく、タイトルには「情意投合」「七転八起」など、テーマに沿った四字熟語がキャッチとして付けられる遊び心も楽しい。
「二人の関係は商業的に成功するためのものではないので、ビジネス書のような構成にするのは違和感がありました。それで、時系列に沿って話を進めながら、“二人の関係を客観的に見たときに、こういうことは言えそうだ”という四字熟語をタイトルに入れていったら、二人の“絆”のあり方に興味をもってもらえるのではと思ったのです。読者が、ご自身といろいろな方との関係や“絆”を考える機会に、“さださんたちはこうだよね”と少し参考にしてもらえるとうれしいです」(原納)
彼らのような“絆”は簡単につくれるものではないだろう。けれど、そのあり方を自分の生き方と重ね合わせてみることも、本書を読む意義の一つかもしれない。

■書籍『絆の極み ~さだまさしと渡辺俊幸の半世紀~』

著者:ルーシー原納
価格:1,870円(税込)
発売元:全音楽譜出版社
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:反田恭平さん「半音進行が使われている曲にハマります」

15417views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

3286views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

11299views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16783views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9163views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14489views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21539views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5695views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10827views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9298views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6401views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28548views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8503views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23077views

音楽ライターの眼

連載22[ジャズ事始め]上海というアジアの拠点を失った“日本のジャズ”が次に求めたスタイル

1851views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

41883views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7671views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

9639views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

11899views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7458views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

62931views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6536views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9393views