Web音遊人(みゅーじん)

挾間美帆

世界で活躍する作・編曲家、挾間美帆のジャズ室内楽団「m_unit」が5年ぶりのアルバム発売&記念ツアー開催/挾間美帆インタビュー

2012年 に“ジャズ作曲家”として世界デビューを果たした挾間美帆は、作・編曲など数多くの作品を手掛けながら、指揮者やプロデューサーとしても活躍。2022年はデンマークの世界的名門ビックバンド「Danish Radio Big Band」とともに首席指揮者として来日。全国ツアーが話題を呼んだ。そんな彼女が自身のジャズ室内楽団「m_unit」として5年ぶりの新譜『ビヨンド・オービット』をリリース。2023年9月にその発売記念ツアーが東京・文京シビックホールをはじめ、全国で行われる。

m_unitの活動10周年を記念するアルバム『ビヨンド・オービット』

2012年のデビュー・アルバム『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』から3枚目の『ダンサー・イン・ノーホエア』(2018)は“3部作”としての構想のもと制作されたものだった。今回の新譜はどのように作り上げられたのだろうか。
「とにかく“10周年”を記念して生まれたアルバムです。今後はシリーズという形ではなく、それぞれのアルバムで一つの世界観を完成させるようになっていくと思います。何か新しいことをしよう、というよりは、今おもしろいと感じていること、できることを全て出し切ることを念頭に作りました。ただ、演奏者の皆さんからは『曲の書き方が変わった』とか『今までにないことをしているね』と言っていただけたりもしています。聴いてくださる方が新しいものを感じていただければ、それはとても嬉しいことですね」
今回のアルバムで中心となる曲は、規模も大きく、アルバムタイトルと共通する語を含む『エリプティカル・オービット』など3曲から成る『エクソプラネット組曲』である。この曲はもともと2020年に「モントレージャズフェスティバル」の委嘱作品として作ったものだが(フェスティバルは1年延期となったため、初演は2021年)、大幅に改訂をした。
「フェスティバル主催側からの希望は、m_unitのための25~30分の曲ということだけでした。その頃のニューヨークはちょうどロックダウンで部屋から出られない時期で、社会問題も次々起こり、人間同士のかかわりにも不寛容さが目立ち、分断される傾向にありました。それを見ていてつらくなり、人や社会、地球について考えるのをやめてみたんです。そうしたら宇宙に考えが向き、太陽系外惑星(エクソプラネット)の中からおもしろいアイデンティティを持った惑星をテーマにしてみよう!と思い立ったのです」

挾間美帆

『エクソプラネット組曲』以外の曲は2022年以降に新たに書かれたものだという。
「1曲目の『アビーム』とは船の帆に真横から風を受けて進むことで、最もスピードが出る状態を指します。とても速くなるので転覆の危険性もあるのですが、そのギリギリを攻める感じを曲に込めています。2曲目の『ア・モンク・イン・アセンディング・アンド・ディセンディング』はエッシャーのだまし絵に描かれている、上昇と下降を繰り返す階段とそこにいるお坊さんがモチーフ。コード進行などにその回る要素を入れています。『ポートレート・オブ・ゲス』は続くラストの曲につなげるための楽曲として書きました。アルバムとして完成させるために、意表を突くような、断定的でないものを、という考えから生まれた作品です。そして最後の『フロム・ライフ・カムズ・ビューティー』は、資生堂の150周年記念ムービーのために作曲したものですが、2分半ほどの曲を、アルバムのために8分半に拡大しています。通常であれば、もともとの曲の後ろに足すのが通常のやり方ですが、今回はもとの部分を最後にもってくるようにして、前半を足すという形にしました。作曲時には意識はしていませんでしたが、振り返ると新しい挑戦になりましたね」
m_unitのアルバムで“恒例”のカバー曲ももちろん収録されている。今回はアース・ウィンド・アンド・ファイアーの『キャント・ハイド・ラヴ』だ。
「子どもの頃からアース・ウィンド・アンド・ファイアーの楽曲が大好きで、“原点回帰”の意味も込めて選びました。“僕のことが好きなんでしょう?”というかなり強気な歌詞なのです。それに対して“そうよ、隠せないけど悪い?”というようなアンサーソングを書くようなイメージでアレンジしています」

5年ぶりのアルバム曲とともに行われる全国ツアー

m_unitとして久しぶりとなるツアーは、『ビヨンド・オービット』収録曲を中心にした、初のコンサートホールツアーだ。
「これまではライブハウスでの演奏が多かったので、コンサートホールを巡るツアーというのは初めてです。文京シビックホールはコンポーザー・イン・レジデンスを務めているシエナウインドオーケストラの本拠地でなじみのある会場ですが、室内楽オーケストラでこの舞台に立つのは初めてなのでとてもワクワクしています。会場によってさまざまな演奏の違いが生まれてくると思いますし、新しいm_unitのサウンドをお楽しみいただけるはずです。ぜひご期待ください」
挾間が信頼できるアーティストたちと奏でる“いま”だからこそのサウンドを、スケールの大きな響きで楽しめる今回のコンサートホールツアー。圧倒的な感動体験を届けてくれるはずだ。


デビュー10周年 & “ビヨンド・オービット” 発売記念 挾間美帆m unit 日本ツアー 2023

■アルバム『ビヨンド・オービット』

挟間美帆
発売元:ユニバーサル・ミュージック
発売日:2023年9月13日
料金:3,300円(税込)
詳細はこちら

■デビュー10周年&“ビヨンド・オービット”発売記念 挾間美帆m_unit 日本ツアー2023

9月15日(金)那須野が原ハーモニーホール(栃木県大田原市)
9月17日(日)北國新聞赤羽ホール(石川県金沢市)
9月18日(月・祝)刈谷市総合文化センター アイリス(愛知県刈谷市)
9月23日(土・祝)グランシップ 中ホール・大地(静岡県静岡市)
9月24日(日)長岡市立劇場 大ホール(新潟県長岡市)
9月29日(金)文京シビックホール 大ホール(東京都文京区)
9月30日(土)東大阪市文化創造館 Dream House大ホール(大阪府東大阪市)
詳細はこちら

photo/ 阿部雄介

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:佐渡裕さん「音楽は、“不要不急”ではない。人と人とがつながり、ともに生きる喜びを感じるためにある」

6889views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.5

3683views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4677views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

3574views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9609views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

11442views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

1992views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8203views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18535views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4725views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7792views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28548views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8503views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8069views

音楽ライターの眼

言葉なき歌をうたう/マイケル・コリンズ 天才クラリネット奏者が贈る室内楽の愉悦

4865views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

3155views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7547views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11447views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

10735views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5200views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

53736views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2753views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9393views