Web音遊人(みゅーじん)

フラメンコギター、クラシックギター、ジャズギター、3種のギターが交わる名演奏/沖仁×大萩康司×小沼ようすけ“TRES”

フラメンコギター奏者・沖仁、クラシックギター奏者・大萩康司、ジャズギター奏者・小沼ようすけ、人気の3名手が集まって、ソロ、デュオ、トリオを披露した。スペイン語で「3」を意味する「TRES(トレス)」と題する演奏会。

前半は、沖と大萩のソロ&デュオ。

1曲目、沖のオリジナル『カジャオ』はソロで。修業時代に住んだスペインの首都マドリッドの繁華街。都会の日常の緩急や光と影などを、マイナーコードのニュアンスで際立たせた演奏だった。

次いで、大萩のソロの『そのあくる日』は、キューバ出身マイアミ在住の敬愛するギター奏者&作曲家、レイ・ゲーラの作品だ。静かに夜が明け、柔らかな風に人が目覚め、今日ここにいる幸せを感じているような曲調。大萩ならではの美しい音色で、少ない音数が優しいささやきのように綴られていく。

デュオは、スペインの作曲家ファリャのバレエ組曲『三角帽子』の『粉屋の踊り』や、ビゼーの人気オペラ『カルメン』の『セギディーリャ』など、オーケストラ用の曲をギターアレンジで。このコーナーで2人の楽器の違いが如実に表れる。

フラメンコギターは、クラシックギターより胴の板も胴体の厚みも薄いので、音の立ち上がりが速く、歯切れもいい。だから、薬指、中指、人差し指で「でこパッチン」するように弦をダウンストロークし、親指のダウンアップと組み合わせてジャラジャラ~ンと軽快にかき鳴らしたり、胴体をたたくなど、楽器の特徴を生かした奏法が複数ある。クラシックギターにも、似たような奏法がなくもないが、響きは明らかに違う。沖は絶妙のテクニックで、大萩のクリアな音とハーモニーを創る。大萩もハイポジションを駆使し、旋律を軽妙な響きで奏でたりして、デュオの妙味を披露するのだった。

休憩をはさんで、後半は小沼のソロ、沖と小沼のデュオ、最後にトリオという進行。

まず小沼のオリジナル『Flyway』のソロから。渡り鳥が集まってV字で飛んでいく情景を描いた曲が、3人の集まるライヴに合うと思ったそうだ。ナイロン弦の柔らかな響き、自然な呼吸感で、聴き手に語りかけるかのよう。耳に溶け込む柔かな音に、まんまと心を盗まれる心地よさ。

デュオは「兄弟の演奏」といった風情で、ボンファの『黒いオルフェ』を、リラックスムードでコール&レスポンス。続いて小沼のオリジナル『デュオ・カ』は、リゾート地の穏やかな海を思わせる。ゆるいグルーヴ感が魅力的で、互いのテクニックが行き交う。寄せる波のようなストロークやベース音、海風のようなトレモロ、ハーモニクスが響くたびに波頭のきらめきを感じた。

沖と小沼は同い年で、気心の知れた仲のせいかトークも絶妙。そこに少し年下の大萩が加わると、まさに「最強のギター3兄弟」状態で、さらに盛り上がる。

そして演奏が始まると、聴き手は、それぞれのギターの音色や波長、奏法や持ち味などが違うから、聴く楽しみがン倍増することを改めて思い知るのだ。料理でいうなら、食材の食感、味の違いがあってこその煮込みのおいしさ、だろうか。

例えば、アサドの組曲『夏の庭』の『インビテーション』では、大萩が情景を描き、沖がそこに漂う空気やムードを醸し、小沼は聴き手をその世界に招き入れる。見事な連携である。

締めのロドリーゴ『アランフェス協奏曲』の『アダージョ・ボル・ブレリア』では、沖のストロークと大萩の旋律、その逆バージョン、小沼のハイポジションでの旋律と沖&大萩の伴奏など、三者が組み合わせや役割りを変えつつ、各自のソロも挟んで進行。バリエーション豊かな演奏を最後まで続けた。

休日午後の「トレス(3、3人)」。アンコールのディアンス『タンゴ・アンド・スカイ』も含め、聴き応えたっぷりの約2時間半だった。

 

原納暢子〔はらのう・のぶこ〕
音楽ジャーナリスト・評論家。奈良女子大学卒業後、新聞社の音楽記者、放送記者をふりだしに「人の心が豊かになる音楽情報」や「文化の底上げにつながる評論」を企画取材、執筆編集し、新聞、雑誌、Web、放送などで発信。近年は演奏会やレクチャーコンサート、音楽旅行のプロデュースも。書籍「200DVD映像で聴くクラシック」「200CDクラシック音楽の聴き方上手」、佐藤しのぶアートグラビア「OPERA ALBUM」ほか。
Lucie 原納暢子

 

photo/ koichi morishima

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

6454views

音楽ライターの眼

2020年はベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤー ~師・サリエリに捧げられた3曲のヴァイオリン・ソナタ

3589views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

26079views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

18524views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

8858views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

8990views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

10063views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5167views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18180views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

4725views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4699views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7604views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8451views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

18774views

DOWNLOAD JAPAN 2019

音楽ライターの眼

DOWNLOAD JAPAN 2019はスレイヤー最後の日本メタル・フェス出演となるか

7156views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

11914views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

4174views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

7179views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

6761views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

3625views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

87868views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7432views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7604views