Web音遊人(みゅーじん)

ザ・キーニング

元サブローザのレベッカ・ヴァーノンが再始動。新バンド、ザ・キーニングに高まる闇の期待

レベッカ・ヴァーノンの新プロジェクト、ザ・キーニングによるデビュー・アルバム『Little Bird』が2023年10月、海外で発表された。

新世代を切り開く暗黒耽美バンド、サブローザ

レベッカは2005年、ソルトレイクシティからサブローザを率いてデビュー。アメリカン・ゴシック的な暗黒耽美ヴァイオリン・ドゥーム・サウンドが支持され、アルバム『More Constant Than The Gods』(2013)が米“ローリング・ストーン”誌の“ベスト・メタル・アルバム20選”の1枚に選出。『フォー・ディス・ウィ・フォート・ザ・バトル・オブ・エイジズ』(2016)が日本でもリリースされるなど、メタルの新世代を切り開く旗手として注目されていた。筆者(山﨑)は2017年に米“サイコ・ラスヴェガス”フェスティバルで彼らのライヴを観ることが出来たが、いかなる光も差し込むことがない闇の世界観が確立されたステージは圧巻であった。

彼らは同年、ギターのディストーションを排除した特別編成のライヴをオランダ“ロードバーン・フェスティバル”で行うなど(『Subdued』としてアルバム化された)、新しい音楽的実験も行われていた。

『〜ザ・バトル・オブ・エイジズ』はインディーズながら高評価を得て、さらなる飛躍が期待されたサブローザだったが2019年5月、突然の解散宣言。「マジックのような13年を経て、サブローザは活動を終了する(今のところは)」というメッセージは、ファンを落胆させた。

レベッカはソロ・プロジェクトを始動させると発表されたが、手製のファッジ(お菓子)を即売会で販売したり菜園で野菜を育てたりするのに忙しく、2020年の大統領選に関する話題以外はSNSに書き込むことも稀だった。そんな一方で、彼女を除くメンバー達はジ・オトリスを結成。2022年の夏にアルバム『Folium Limina』を発表する。ヴァイオリンをフィーチュアしたドゥーム風味のメタル・サウンドはサブローザ直系のもので、楽曲・演奏ともにクオリティが高く、後継バンドとしてオールド・ファンから支持されるのに加え、新規のファンも獲得している。

ザ・キーニングのデビュー作『Little Bird』

ジ・オトリスが多くのリスナーのハートを掴んだのと同時に、話題となったのがレベッカの去就だった。このままフェイドアウトするか?……とファンを心配させた彼女が復活を果たしたのが2023年8月。ザ・キーニング名義で発表された楽曲『Little Bird』だった。


THE KEENING/Little Bird

実はこの“ザ・キーニング”というソロ・プロジェクト名(死者を悼んで号泣すること・その泣き声を指す)はサブローザ解散声明でも明らかにされていたが、まさに待望の始動。『Little Bird』はヘヴィなギターを排除したという点ではサブローザ時代の『Subdued』と共通するものの、サウンドのオーケストレーションが特徴であり、ヴォーカルのレイヤーやヴァイオリン、チェロ、ダルシマーなどが重なって、メタルとは異なる“重厚感”を持っており、ダークながらゴシックとは一線を画すメロディが光る秀曲であり、新作アルバムへの期待を高めるものだった。

そしてリリースされたアルバム『Little Bird』はファンの期待を上回る、レベッカの新しい門出を飾るのに相応しい充実した作品だ。先行公開されたタイトル・トラック『Little Bird』を筆頭に、濁りのないピュアな闇の美学が貫かれている。それでいて陰鬱な印象を与えず、すんなりと聴かせる清涼感とアート感覚が彼女ならではの個性だ。

サブローザ以来の大作主義は本作でも受け継がれており、前述の『Little Bird』が9分半。2部構成の『The Hunter』が合計13分、ラストを飾る『The Truth』が17分半。それでも一瞬たりとも緊張感が途切れることがなく、真っ暗な中にいる51分間がこれほどに心地よいものかと驚かされる。

そんな中にもほのかにメタリックな要素を感じるのは、レベッカと共にアルバム制作に携わった仲間たちのバックグラウンドもあるだろう。共同プロデューサーとしてクレジットされているのはネイサン・カースン。ドゥーム・メタル・バンド、ウィッチ・マウンテンのドラマーである。また、ミックスを担当しているのはメルヴィンズ、ニューロシス、ハイ・オン・ファイアーなどを手がけてきたビリー・アンダースンだ。彼らの手腕を得て、本作は幅広い音楽リスナー層、そしてメタル・ファンにも訴求する作品となっている。

『Little Bird』のリリースを待たず、ザ・キーニングは北米で2023年9月にアメリカ西海岸を中心に短期のツアーを行っている。レベッカ(ギター、ヴォーカル)、ビリー(ベース)、ネイサン(ドラムス)、アンドレア・モーガン(ヴァイオリン)、クリスティ・ケイサー(ギター)という編成のライヴは大きな声援で迎えられた。現状はアルバムからの曲をプレイしているが、既に新曲を書き溜めているというので、2024年により規模の大きなツアーを行うときにはレパートリーの幅が拡がっている筈。なおビリーとネイサンは“本業”が多忙のため、今後は新メンバーを加えていく予定。そのことによってザ・キーニングはレベッカのソロ・プロジェクトよりもバンドとしての色彩を濃くしていくだろう。

ザ・キーニングが向かう地平線の先にどんな闇が待ち構えているか。レベッカ・ヴァーノンとバンドの未来に期待したい。

ザ・キーニング

■アルバム『Little Bird』

アルバム『Little Bird』

発売元:Bandcamp
発売日:2023年10月6日
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

森山良子

今月の音遊人

今月の音遊人:森山良子さん「音で自由に遊べたら、最高に愉快な人生になりますね」

13240views

音楽ライターの眼

2020年2月、トニー・ハドリーが来日。スパンダー・バレエの名曲の数々を歌う/2020年2月23日、ビルボードライブ東京

8554views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

11115views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

56126views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

7218views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30956views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

19166views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8679views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8404views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5886views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4652views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25165views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

9065views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14782views

音楽ライターの眼

レスリー・ウェストの追悼CDボックス2作が発売。暑苦しい夏は暑苦しいロック・ギターで

2542views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

12188views

Red Pumps BIGBAND

われら音遊人

われら音遊人:出自がさまざまなメンバーと、誰もが楽しめる音楽をビッグバンドで

563views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

13191views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

13352views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7797views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4698views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6849views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9966views