Web音遊人(みゅーじん)

Web音遊人 押尾コータロー

ギタリスト押尾コータローが贈るこの冬最高の音楽/押尾コータローインタビュー

圧倒的なテクニックをもって、メロディアスに歌うがごとく奏でる。押尾コータローのギターは、いつも聴く者を惹きつけて離さない。聞けば、ウォーミングアップでよく弾くのは、アーネスト・ケーラーによるフルートのエチュード集だという。
「フルートは音域がギターに近いんですよね。楽譜を読む練習になるし、何よりケーラーの曲は美しいんです」
彼が生み出す豊潤な音色の秘密は、こんなところにあるのかもしれない。

さて、そんな押尾のギターが存分に味わえるのが2015年11月25日リリースのニューアルバム『Tussie mussie II ~loves cinema~』だ。タイトルの〈Tussie mussie/タッジー・マッジー〉とはハーブを使った小さな花束を指す言葉。2009年に発表した、洋楽のカヴァーを集めたアルバムで初めて使用された。
「当時、タイトルについて『どんな意味なんですか?』とよく聞かれたんです。それで、この聞き慣れない言葉を使っていこうと決めました。このタイトルで『あっ、押尾のカヴァー集なんだな』と思っていただけたら嬉しいですね」
“loves cinema”というサブタイトルからうかがえるとおり、本作は映画音楽のカヴァー集。映画好きを公言する押尾が選んだ珠玉の11曲が収められた。
「自分が観て感動した映画の音楽をやろうと思ったんです。でも、感動したのは覚えていても、音楽をちゃんと覚えていないのも多いな、と思って、改めて観なおしたりもして、映画の世界に合わせて作り込んでいきました」

収録曲をいくつかピックアップしていこう。まるでクラシックの名曲のような気品を醸し出す『ゴッドファーザー』からのメドレーや、重厚にグルーヴする『ミッション・インポッシブル』のテーマ、タイトな音づくりと途中でリズムチェンジする遊び心をもった『スタンド・バイ・ミー』など、映画音楽の定番と呼べるものはしっかりと押さえている。加えて「安田成美さんが歌っているようなかわいい感じを出したかった」という『風の谷のナウシカ』ではウクレレやショートスケールのギターを使い、『バグダット・カフェ』の『コーリング・ユー』ではエレクトリック・ボウによるサスティンが効いた幻想的なリフレインがなんともいえない郷愁を漂わせる。ギター・インストの世界に慣れていなくても、飽きさせずに一気に聴かせ切るだけのアレンジを施しつつも、原曲の雰囲気は崩していない。だからリスナーも映画の想い出に浸りながら楽しむことができる。絶妙なバランス感覚で届けられた、まさに“音楽の花束”だ。

Web音遊人 押尾コータロー

そして2015年12月には毎年恒例のクリスマス・コンサートも予定されている。大阪で3公演、東京で1公演だが、どれも同じでなく、それぞれに趣向を凝らしているのが特徴だ。
「大阪ではいつもゲストを招いているのですが、大阪の1日目は世良公則さん。僕の同世代にはツイストのファンも多いし、熱いロックのライブになると思います」
2日目はピアニストの小原孝。うってかわってクラシカルな夜になる。
「小原さんはピアノの神様と言ってもいいくらいの人。超絶技巧なのにすごく温かくて、聴く人を包み込むようなピアノを弾くんですよね。ぜひ共演させていただきたい、とお願いをしました」
そして3日目のゲストは、ポップなギター・デュオ、DEPAPEPEだ。
「この日はもう、ギター同好会、集まりました!という感じ。ゆる〜く楽しくギター三昧の1日です」
東京ではオーチャードホールを舞台に、弦楽四重奏との共演が予定されている。
「これは、よりクリスマスらしく、しっとりとした公演になると思いますよ」

果たして新譜からの曲も聴くことができるだろうか。いずれにせよ、押尾コータローの音楽を満喫する絶好の機会である。

■アルバムインフォメーション

『Tussie mussie Ⅱ ~loves cinema~』
発売元:SME Records
発売日:2015年11月25日
価格:2,963円(税抜)

■ライブインフォメーション

▶押尾コータロー アコースティックギターコンサート 2015
 11月23日(祝・月)18:30開演/駒ヶ根市文化会館(長野)

▶押尾コータロー アコースティックギターコンサート 2015
 12月8日(火)18:30開演/庄内町文化創造館 響ホール(山形)

▶押尾コータロー クリスマス・スペシャルライブ 2015
 12月18日(金)18:30開演 <ゲスト:世良公則>
 12月19日(土)18:30開演 <ゲスト:小原 孝>
 12月20日(日)18:30開演 <ゲスト:DEPAPEPE>
 サンケイホールブリーゼ(大阪)

▶押尾コータロー クリスマス・スペシャルライブ 2015
 12月23日(祝・水)18:00開演/Bunkamuraオーチャードホール(東京)

▶Tussie mussie Ⅱ発売記念ライブ 弦音~loves cinema~
 2016年3月4日(金)18:30開演/紀尾井ホール(東京)
 2016年3月12日(土)17:30開演/三井住友海上しらかわホール(名古屋)
 2016年3月27日(日)17:30開演/いずみホール(大阪)
 2016年4月2日(土)17:30開演/札幌コンサートホールKitara 小ホール(札幌)

オフィシャルサイトはこちら

 

特集

山下洋輔さん

今月の音遊人

今月の音遊人:山下洋輔さん「演奏は“PLAY”ですから、真剣に“遊び”ます」

9770views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#018 ブルースをアフリカンな“縛り”から解放した革命のギター~ウェス・モンゴメリー『インクレディブル・ジャズ・ギター』編

783views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

2990views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

112755views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

7937views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

2466views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

22398views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10304views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21556views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

771views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4969views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24491views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9630views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13275views

音楽ライターの眼

ジャズならではのバイアスがクラシックでは意図しえない結果を生む?

3484views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

11147views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1212views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4692views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4089views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8213views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3697views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8773views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28598views