Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

クレイジーケンバンドで渋い歌声を響かせ、作詞作曲も手がける横山剣さん。2016年は、ボーカリスト、作詞作曲家としてのデビュー35周年にあたります。音楽に対する思いをうかがうと、妥協のないサウンドと同様、独特のこだわりが次々にあふれ出てきました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

小学校4、5年生の時にヘビーローテーションしていたのが『円楽のプレイボーイ講座12章』というアルバム。12曲の中で1曲挙げるとすれば『貴方と夜と音楽と』という曲ですね。先代の三遊亭円楽さんが、「第1章 女」「第2章 ギャンブル」というふうに、プレイボーイのマニュアルを語り、そのMCが終わると音楽がかかるという構成のアルバムでした。MCは完全にコピーして、遠足のバスの中で披露していました。
音楽も、早く大人になりたいと思わせるセクシーな響きのあるものでしたね。演奏は「前田憲男とプレイボーイズ」というバンドで、ドラムが日野元彦さん、ギターが沢田駿吾さん、ピアノが前田憲男さんなど、そうそうたるメンバー。真っ赤な夜の音楽という感じで、聴くとものすごく興奮するんです。素っ気ないぐらいのクールさを漂わすジャズミュージシャンのプレイが大人っぽくて良かった。
5年生の時、中古レコードの実演販売のお手伝いをしていたことがあって、このアルバムをかけながらのMCもしました。インストゥルメンタルなので、その上に自分のメロディーを即興作曲するんです。その時期は鍵盤で一から作曲することもやっていましたが、既存音源を流用するヒップホップな作曲法も、今につながっていますね。

今月の音遊人 横山剣

Q2. 横山さんにとって「音」や「音楽」とは?

ジェームス・ブラウンは「ミュージック」と「ビジネス」、クインシー・ジョーンズは「ミュージック・ビジネス」と言ったように、ビジネスだからこそ音楽がよりエキサイティングになると思うんです。子どもの頃から商業音楽が発する緊張感にしびれました。演奏をしながらやたらと時計を気にしたりして、契約に対する苛立ちとスリリングな緊張感、それが張りのある音とか演奏にも反映される。逆に、自分の楽しみだけで音楽に接してる人の演奏を聴いても、楽にはなれるけどスカッといかない。音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも。
自分は怠け者で楽な方へ行きがちなので、緊張感を持って音楽をやっているジェームス・ブラウンのような人に、余計に憧れを持ちますね。自分はまだ何かを成し遂げたという感じがないので、もっとビッグな存在になりたい。愚痴や文句を言うのはその後でいい。「世の中、金じゃないよ!」ってことを本気で言えるぐらい売れてみたい(笑)。なんせ、11人もいてやたら経費のかかるバンドなので。それでも足りない、ストリングスが欲しいという時もある。そういう欲求に対して、まあいいかとは言えない。メロディーだけ良ければいいのではなくて、サウンド的な充実という欲もあるのでね。売れるということは、その分たくさんの人が聴くってことなので、拘りを持ってないと終わるのも早いですからね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

僕の創作活動自体が、そうなのかもしれないですね。音楽のことを考えて音楽が出てくるのではなく、香りとか、見たものとかがメロディーに変換されるんです。サウンド的に影響を受けた音楽はいっぱいあるけれど、それらを真似て、似て非なるものを作っても面白くない。音楽と関係ないものを音楽に変換すれば、聴いたことのない曲が自然と出てくるんですね。
クルマの運転が大好きなので、8割は車の運転中に生まれます。それぞれの土地から発生している磁場みたいなものから反応して出てくるものもあれば、『タイガー&ドラゴン』みたいに『トンネル抜ければ海が見えるから』と、見た景色がそのまま歌になっている曲もある。あれは、運転しながら歌詞とメロディーが同時に出てきました。スタジオで「さあ曲を作ってください!」って言われたからって出て来るものじゃないし、ホテルに缶詰になったからって歌詞が浮かぶわけじゃないですからね。
箱根に行けば箱根の曲、バリ島に行けばバリの曲、タイに行ったらタイ。行ってすぐより、たいがいは忘れた頃に思い出して曲になります。旅行のような、ちょっとした刺激に押し出されるのかな。

横山 剣〔よこやま・けん〕
歌手/作曲家/プロデューサー。1960年横浜市生まれ。1978年にクールス・ロカビリークラブのローディーとして音楽業界に入り、1981年頃からボーカリストとしての活動を開始。1997年にクレイジーケンバンドを結成し、翌年アルバム『PUNCH! PUNCH! PUNCH!』でデビュー。テレビやライブ活動を通じて全国的な人気を博す。SMAPやTOKIO、和田アキ子らへの楽曲提供をはじめ、執筆やラジオなど、幅広いジャンルで活躍。2016年は「横山剣デビュー35周年」を記念したアルバム『香港的士』をリリースした。
クレイジーケンバンド オフィシャルサイト http://www.crazykenband.com/

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺香津美さん「ギターに対しては、いつも新鮮な気持ちでいたい 」

1423views

ザ・ダークネス

音楽ライターの眼

ギター不況を吹っ飛ばすライヴ・アルバム/ザ・ダークネス『ライヴ・アット・ハマースミス』

3173views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

4763views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

71870views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5751views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

10331views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

15915views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4368views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5387views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

4000views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3726views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18953views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5325views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6850views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

3641views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

7379views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5673views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

23415views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

16294views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3586views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

9115views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

8092views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6428views