Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#026 ハード・バップのお手本を生み出したシンプルな編成と陽キャな企画~ブルー・ミッチェル『ブルーズ・ムーズ』編

1950年代のハード・バップ全盛期に頭角を現わし、伸びやかな音色と粒立ちのいいフレージングでモダン・ジャズのファンが抱く期待を裏切らない上質な演奏を提供し続けたトランペット奏者──というのが、ブルー・ミッチェルに対するボクの個人的なイメージです。

巧いのはもちろんですが、しかしアクは強くなく、でもパワーとスピードは文句なし……。

そんなバランスのとれた才能ゆえに、フロントのホーン・アンサンブルを重視する傾向が強まっていった1950年代後半にあって引っぱりだこ状態のブルー・ミッチェルでしたが、その彼には珍しい、ワンホーン・クァルテットの作品です。


Avars/Blue Mitchell

アルバム概要

1960年8月にスタジオで収録、同年リリースされたアルバムです。

オリジナルはA面に4曲、B面に4曲の8曲構成のLP盤で、CD化でも同曲数同順になっています。

メンバーは、トランペットがブルー・ミッチェル、ピアノがウィントン・ケリー、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムスがロイ・ブルックス。

収録内容は、いわゆるジャズ・スタンダードと呼ばれるカヴァー曲が5曲、ビバップのオリジネーターであるチャーリー・パーカーのカヴァー曲が1曲、ブルー・ミッチェルのオリジナル曲が1曲、ウィントン・ケリーとの共作が1曲となっています。

“名盤”の理由

ワン・ホーン編成でじっくりタップリとブルー・ミッチェルを堪能できることが本作の魅力の最右翼なわけですが、じっくりタップリのために選曲を工夫したことが、ヒットの要因だったのではないかと考えています。

本名リチャード・アレン・ミッチェルである彼が、トランペットを始めたころからの愛称である“ブルー”と呼ばれたのは、その音色やニュアンスがブルージーな、つまり“憂いを帯びたプレイスタイル”だったことが推測されるわけで、実際にプロとして記録されている音源も、ルイ・アームストロングやディジー・ガレスピーといった先輩たちに比べると、中音域を意識したフラットなトーンを持ち味としたプレイヤーであることがわかります。

そうした抑制のきいたストレートなプレイだったからこそ、個人技によるバトル的な展開の行き詰まりからアンサンブル志向へと転換していったハード・バップ・シーンで“重宝される存在”になったわけですが、自分名義のアルバムでは“違う抽斗(ひきだし)”を披露してみようとしたんじゃないか……。

というのも、メジャー・キーやユーモラスなニュアンスの曲の比率が高く、「あれ、ブルー・ミッチェルってこんな陽キャなトランペッターだったっけ?」と思わせる工夫が随所に感じられるからなのですが、そんなギャップと全体的な明るさが聴きやすさにつながって、本作を“名盤”へと押し上げたのではないかと思うのです。

いま聴くべきポイント

ブルー・ミッチェルがいつもの“ブルー”な自分ではない部分を意識して録音に臨んだのであれば、本作はちょっと“よそ行き”にまとめられていると言えるはずです。

それはつまり、アフリカ系アメリカ人のジャズに偏りすぎないバランスをとった作品であることを意味し、日本でも根強く支持されているのはそれ故だと考えるわけです。

“日本でも根強く支持されている”といえば、大学のジャズ研で本作が必聴盤だったという“都市伝説”もあるようですが、その背景にもアフリカ系ジャズ的な“ブルーすぎないまとめ方”が関係しているんじゃないでしょうか。

──と、まぁ、ここまで本作の陽キャ推しをしてきたわけですが、改めてひと通り聴き返してみると、マイナー・キーの『エイヴァース』のスタイリッシュなかっこよさが際立っているんですけどね……。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

渡辺美里

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺美里さん「歌を聴きたいといってくださるファンとの時間は最高の財産です」

5921views

音楽ライターの眼

ジュネーブ国際音楽コンクールチェロ部門優勝──世界に飛翔する上野通明の挑戦

2143views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44030views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16893views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10301views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30435views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12972views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8351views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9798views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6600views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4627views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9611views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11129views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21771views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase10)ミヨーとジョビンのサウダージ、見出されたブラジル、ボサノバの発明

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase10)ミヨーとジョビンのサウダージ、見出されたブラジル、ボサノバの発明

1249views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14687views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5703views

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

楽器探訪 Anothertake

【動画】「楽しさ」をまるごと運ぼう!「ELC-02」の分解、組み立て手順

17502views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7206views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5169views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4265views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6655views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29014views