Web音遊人(みゅーじん)

ティナ・ターナー

ティナ・ターナーの豊潤なソロ・キャリアを辿る。CD3枚組アンソロジー『クイーン・オブ・ロックンロール』発売

2023年5月24日に83歳で亡くなったティナ・ターナーのソロ・キャリアを網羅したCD3枚組アンソロジー『クイーン・オブ・ロックンロール』がリリースされた。

アイク・ターナーとの夫婦デュオ、アイク&ティナ・ターナーとして1960年代に『リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ』『プラウド・メアリー』などをヒットさせたティナだが、本作では2枚目のソロ作『アシッド・クイーン!』(1975)以降のナンバーが、シングル曲を中心に全55曲、約4時間収録されている。

本作はただベスト盤として楽しむことも出来るが、じっくり聴き味わうことによって、新しい発見をすることが出来るアルバムでもある。

ソロ・アーティストとしての世界的ブレイクを経て躍進を続けるティナの軌跡

本作でメインの軸となるのが『プライヴェート・ダンサー』(1984)からのナンバーだ。彼女を世界的なスーパースターの座に押し上げた名盤であり、シングルも連続してヒット。何と全10曲のうち7曲が本作に収録されている。なお収録されなかった3曲も勢いのあるオープニング・ナンバー『ソウル・サバイバー I Might Have Been Queen』、ジェフ・ベックのギターが火を噴く『スティール・クロー』、デヴィッド・ボウイの『1984』という、いずれも名曲・名演揃いで、『プライヴェート・ダンサー』を全曲入れても違和感がなかったのでは?……と思わせたりもする。

一方、改めて気付かされるのは、そのアーティスティックな絶頂期が長期にわたることだ。アイク&ティナ・ターナーが離婚解散、セールス的には成功しなかった『Rough』(1978)『Love Explosion』(1979)からの曲もピックアップしているが、『プライヴェート・ダンサー』で彼女を知ったリスナーはそのレベルの高さに驚かされるだろう。特に『Rough』はピーター・ベロッテ(ドナ・サマーの大成功に貢献したプロデューサー/ソングライター)からエルトン・ジョン、アラン・トゥーサン、そしてウィリー・ディクスンやリロイ・カーによるブルースまで多彩な楽曲をティナ節でねじ伏せてしまう強力作だ。しばしば“低迷期”といわれる1970年代後半の彼女だが、その鮮烈なヴォーカルは圧倒的な存在感を放っている。

ソロ・アーティストとしての世界的ブレイクを経て躍進を続けるティナの軌跡を、本作は追っていく。『ブレイク・エヴリ・ルール』(1986)、『フォーリン・アフェアー』(1989)、『どこまでも果てしなき野性の夢 Wildest Dreams』(1996)そして最後のオリジナルアルバムとなった『トゥエンティ・フォー・セヴン』(1999)と、決して作品数は多くなかったが、『ティピカル・メイル』『ザ・ベスト』『アイ・ドント・ワナ・ファイト』などのヒット曲が散りばめられている。『マッドマックス/サンダードーム』(1985)の『孤独のヒーロー We Don't Need Another Hero』や『007/ゴールデンアイ』(1995)の『ゴールデンアイ』など、映画主題歌も本作で聴くことが可能だ。

長くて深いティナとロックの交流

本作のタイトルである『クイーン・オブ・ロックンロール』であるが、実は生前の彼女がそう呼ばれることは決して多くなかった気がする。むしろ日本ではアイク&ティナのアルバム『Come Together』(1969)の邦題から“セクシー・ダイナマイト”と呼ばれることが多かった印象があるものの、ティナとロックの交流は長く深い。彼女は1966年にはザ・ローリング・ストーンズと共にツアーを行っているし、ザ・フーのロック・ミュージカル『トミー』の映画版(1975)に“アシッド・クイーン”役で凄演を見せるなど、古くから第一線のロック・アーティスト達と関わっている。本作に収録されている曲にもブライアン・アダムス(彼はライナーノーツも寄せている)、デヴィッド・ボウイ、エリック・クラプトン、ジェフ・ベックらを向こうに回して熱唱する彼女の歌いっぷりを聴かされて、“ロックンロールの女王”の称号に異を唱える者はいないだろう。

ちなみに本作に収録されていないライヴ・コラボレーションにも素晴らしいものがあるので、ティナの凄さに目覚めた方は掘り下げていただきたい。

ひとつは1985年、空前のチャリティ・イベント“ライヴ・エイド”でのミック・ジャガーとの共演。凄まじいテンションで『ステイト・オブ・ショック』と『イッツ・オンリー・ロックンロール』のメドレーを披露している。こちらはDVD『ライヴ・エイド』で見ることが可能だが、途中でミックにスカートを剥ぎ取られたティナが「アラいやだ!」とばかり強烈な表情を浮かべるシーンに震撼させられる。

もうひとつはライヴ・アルバム『モア・ライヴ!』(1988)に収録されているデヴィッド・ボウイとのデュエットだ。クリス・モンテスの『レッツ・ダンス』とボウイの『レッツ・ダンス』という同名曲をメドレー形式で歌うというもので、ふたつのエネルギーの塊がぶつかり合うパフォーマンスで魅せる。

CD3枚組という大ヴォリュームでティナの豊潤なソロ・キャリアを総括する『クイーン・オブ・ロックンロール』だが、これがゴールではない。彼女の音楽世界をさらに深く掘り下げるためのイントロダクションでもあるのだ。

『クイーン・オブ・ロックンロール』の最後を締め括るのは『サムシング・ビューティフル(2023ヴァージョン)』だ。『どこまでも果てしなき野性の夢』収録曲のニュー・ヴァージョンだが、“南無妙法蓮華経~”というお題目が追加されている。人生で最後の、アルバムの幕を下ろすラスト曲までサプライズに満ちた本作は、まさに彼女の人生を集約したものだといえる。

■アルバム『Queen Of Rock 'n' Roll / クイーン・オブ・ロックンロール』

Queen Of Rock 'n' Roll / クイーン・オブ・ロックンロール

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2023年11月24日
価格:4,400円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人 千住真理子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:千住真理子さん「いろいろな空間に飛んでいけるのが音楽なのですね」

8172views

音楽ライターの眼

さまざまな音楽、溶け合う楽器の音色、それらが届ける平和の祈り:井上鑑「TOKYO INSTALLATION 2022- Birds of Tokyo『願いを乗せて飛び立つうた』」

975views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

25300views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25097views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6991views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30435views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7206views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6655views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12527views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

1885views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5877views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24727views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10507views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8189views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#013 レジェンドたちが未来を託した奇跡的セッションの記録~チャーリー・パーカー『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』編

888views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

3608views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

7951views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

9056views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10028views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5052views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

21206views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6655views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9611views