Web音遊人(みゅーじん)

ピエール=ロラン・エマール

バッハやシューベルトの隠された性格と響き合うクルターグ/ピエール=ロラン・エマール ピアノ・リサイタル

誰しもいちどは「あぶり出し」をして遊んだことがあるだろう。みかんの搾り汁などで紙に絵や文字を描き、乾かす。見えなくなった画面を炎で慎重にあぶると、先ほど描いた図像が姿を現す。隠れているものをちょっとした工夫で表に引っぱり出すわけだ。フランスのピアニスト、ピエール=ロラン・エマールの演奏会(2023年12月1日、ヤマハホール)も、そんな仕掛けに満ちていた。

クルターグ作品によるプログラムの仕掛け

プログラムに並ぶのはバッハ、シューベルト、クルターグの名前。クルターグ・ジェルジュは1926年生まれのハンガリーの作曲家。エマールは、このクルターグの小曲集『ピアノのための遊び』の抜粋を、バッハ作品と組み合わせて前半に、同じくシューベルト作品と組み合わせて後半に置いた。前半は16曲、後半にいたっては55曲で演目を構成する。

とはいえ、1曲1曲はとても短いので、全体の印象に間延びしたところはない。小曲が連歌(短歌の上下句を問答調に連ねていく詩歌の一形態)のように続く。2曲目、3曲目と続いて新しい関係が生じるたびに、その前、さらにその前の曲の意味合いも少しずつ変化する。こうして、つねに内容を更新しながらプログラムは進む。その情緒変化のリズムがなんとも心地よい。

ピアニスト本人が言うように、バッハは内省的、シューベルトは社交的、クルターグは日常的とざっくり分類できよう。プログラムの仕掛けは、バッハ作品との組み合わせを通して内省的なさまを、シューベルト作品との組み合わせを通して社交的な性格を、クルターグ作品の描く“日常”から「あぶり出す」といった次第。

ピエール=ロラン・エマール

バッハやシューベルト作品の裏の顔

面白いのはここからだ。実際に演奏を聴くと、内省的なバッハとの組み合わせでは、クルターグは内省的というよりも社交的に、社交的なシューベルト作品との組み合わせでは、社交的というより内省的に響く。つまり、クルターグ作品はバッハに隠されたノリの良さや、シューベルトに隠された陰りのほうに共鳴している。本当の仕掛けは、クルターグ作品を通して、バッハやシューベルトの裏の顔をあぶり出すことにあったのだ。

内省的であるはずのバッハ作品から社交性を感じ取る。エマールは旋律に“句読点”を打って、“単語”や“句”を切り出し、各声部にまるで“台詞”を話させるかのように弾くことで、音楽の「おしゃべり」を演出する。その「おしゃべり」がバッハの「社交性」としてクルターグ作品と共鳴する。

ピエール=ロラン・エマール

一方、社交的であるはずのシューベルト作品には内省を聴く。作曲家がその“八方美人”な旋律の内に埋め込んだ影のある和音を、ピアニストがぐっと掴んで表に引き出す。それがシューベルトの「暗がり」としてクルターグ作品の奥底と響き合う。

ついでにいえば、作品の隠された性格だけでなく、聴き手の内に眠っていた聴覚や脳細胞の働きまで、エマールは「あぶり出し」てくれた。簡単な仕掛けも、ここまでいけば立派なアート。ほんの少しの工夫で、私たちの日常に違った風景を挿し入れてくれる。カーテンコールで見せた、ベテラン音楽家の「楽しかったでしょ?」と言わんばかりの顔が、とてもまぶしかった。

ピエール=ロラン・エマール

澤谷夏樹〔さわたに・なつき〕
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了(音楽学)。柴田南雄音楽評論賞奨励賞(2007年度)および本賞(2011年度)受賞。著書に『音楽家65人の修行時代』(単著)、『バッハ大解剖!』(監修・著)、『バッハおもしろ雑学事典』(共著)、『やみつき!バッハ』(共著)、『「バッハの素顔」展』(共著)。国際ジャーナリスト連盟(IFJ)会員。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

渡辺美里

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺美里さん「歌を聴きたいといってくださるファンとの時間は最高の財産です」

5921views

音楽ライターの眼

連載7[多様性とジャズ]白人が黒人の“まね”をしていたジャズには歌があったのかなかったのか?

3804views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32470views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4265views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4532views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5836views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21933views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7197views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9798views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4757views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4627views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29014views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10507views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21771views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

13688views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

43866views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

6838views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

15187views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10028views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5274views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

25823views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5198views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29014views