Web音遊人(みゅーじん)

超絶テクニカル・プログレッシヴ集団、リキッド・テンション・エクスペリメントが新作『LTE3』を発表

リキッド・テンション・エクスペリメントが22年ぶりの新作『LTE3』を発表する。
マイク・ポートノイ(ドラムス/サンズ・オブ・アポロ、トランスアトランティック、元ドリーム・シアター)、ジョン・ペトルーシ(ギター/ドリーム・シアター)、ジョーダン・ルーデス(キーボード/ドリーム・シアター)、トニー・レヴィン(ベース/キング・クリムゾン、ピーター・ゲイブリエル他)というメタル/プログレッシヴ・ロック界の歴戦のスーパー・テクニカル・プレイヤー達が集結したこのプロジェクトによる新作のニュースは、世界中のファンを驚かせ、喜ばせている。

2020年の新型コロナウィルスの猛威によって、エンタテインメント業界は甚大な被害をこうむった。ドリーム・シアターも2020年2月のヨーロッパとイギリスのツアーを最後にすべてのライヴが中止となり、予定されていた5月の日本公演も10月に延期となり、結局中止となってしまった。
その後メンバー達は自宅待機を余儀なくされたが、彼らが何もせずにいたわけではない。パンデミック以前から着手していた音源を含め、数々の作品が発表されている。

ドリーム・シアター本隊の『ディスタント・メモリーズ〜ライヴ・イン・ロンドン』は2020年2月の英国ロンドン公演を収めたライヴ・アルバム/映像作品だ。『メトロポリス・パート2:シーンズ・フロム・ア・メモリー』(1999)を完全再現、最新アルバム『ディスタンス・オーヴァー・タイム』(2019)からの曲も披露するライヴは、もし日本公演が実現していたら、似た構成になっていたとジョン・ペトルーシも証言している。

そのジョンは15年ぶりのソロ・アルバム『ターミナル・ヴェロシティ』を発表。超絶テクニカル・ギターに加えてウェットな泣きのプレイ、ブルース的なフレーズも聴かせるなど、彼の多彩なスタイルを楽しむことが出来る。

そして『ターミナル・ヴェロシティ』で久々にジョンと共演して話題を呼んだのが、ドラマーのマイク・ポートノイだ。2010年にドリーム・シアターを脱退、サンズ・オブ・アポロの一員としてアルバム『MMXX』を発表したマイクだが、それに加えてニール・モース・バンド『The Great Adventour: Live In Brno – 2019』、トランスアトランティックの『ジ・アブソルート・ユニヴァース〜生命の息吹』、ニール・モースとのカヴァー・プロジェクト『Cov3r to Cov3r』、オーヴァーキルのボビー“ブリッツ”エルワースらとのプロジェクトBPMDでの『アメリカン・メイド』など、凄まじいワーカホリックぶりを見せている。

トニー・レヴィンは2020年2月から3月に予定されていたスティックメンでの来日が中止になってしまったが、自らが撮影した写真集『Images From A Life On The Road』を刊行するなどの多忙ぶりだ。
ジョーダンもソロ活動を行い、2021年5月に小規模会場でソロ・ツアーを行うことを発表するなど、ハード・ワーキングなところを見せている。

そんなスケジュールの間隙を縫ってジョン、マイク、トニー、ジョーダンが創り上げたのが、リキッド・テンション・エクスペリメントの『LTE3』である。

『リキッド・テンション・エクスペリメント』(1998)、『LTE2』(1999)以来となるニュー・アルバムは2020年7月下旬、2週間をかけてレコーディングされた。4人は必要な検査を受けた後、スタジオに集結してジャムを行っている。まさに“超音速”というタイトルがピッタリの『ハイパーソニック』から息を呑む壮絶なテクニカル・プレイで、握りしめた拳が汗するスリリングな展開が繰り広げられる。アルバムから先行リーダー・トラックとして発表された『ザ・パッセージ・オブ・タイム』は彼らがスタジオに集まった最初の曲で、ドリーム・シアターを思わせるヘヴィなリフと複雑な展開で押していく。

本作の最大のサプライズのひとつは、ジョージ・ガーシュウィン作で1924年に初演された『ラプソディ・イン・ブルー』がカヴァーされていることだ。さほど熱心な音楽ファンでなくとも主旋律はおなじみのスタンダード曲だが、彼らは13分を超えるロング・ヴァージョンへと生まれ変わらせている。

テクニックの応酬はもちろんだが、終盤『シェイズ・オブ・ホープ』『キー・トゥ・ジ・イマジネイション』などではジョンの泣きのギターもフィーチュアされており、起伏に富んだ作風は目まぐるしいまでの、まさに音楽のジェットコースターだ。

なおCD-1がアルバム本編、CD-2は同じセッションからのアウトテイクを収録した“ボーナス・ディスク”という扱いになっているが、55分にわたって4人がぶつかり合うバトルは刺激に満ちている。
なお、ドリーム・シアターとしてのニュー・アルバム制作も2020年10月から始動している。これだけ息の合ったプレイを聴かされると“ドリーム・シアターにポートノイ復帰?”という噂もあながちデマではないように感じてしまうが、マイク本人は完全否定している。

ライヴ活動を行うことが困難な昨今の状況だが、『LTE3』にはライヴと同じ量のスリルと興奮が詰め込まれている。本作はステイホームの最高のお供だ。

■インフォメーション

アルバム『LTE3』

発売元:ソニーミュージック
発売日:2021年3月24日
価格:3,520円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

村松崇継

今月の音遊人

今月の音遊人:村松崇継さん「音・音楽は親友、そしてピアノは人生をともに歩む相棒なのかもしれません」

2218views

音楽ライターの眼

英国ロック&ソウルの“生きる伝説”テリー・リードが2019年6月に来日

7895views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

14002views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

8638views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4646views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

29239views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4575views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8541views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9945views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

1032views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4716views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9839views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

11079views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22176views

音楽ライターの眼

指揮者の尾高忠明が第49回JXTG音楽賞の洋楽部門本賞を受賞

3692views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

3377views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9350views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

30346views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6635views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5144views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

19616views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6781views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29536views