Web音遊人(みゅーじん)

WONK

高臨場感ライブビューイングがさらに進化、新システム「GPAP」がもたらすエンタメの可能性

ライブに行きたくても、さまざまな理由から叶わない。そんな課題を解決するためにヤマハが取り組んできた高臨場感ライブビューイングが、さらに一歩先へ大きな進化を遂げた。
2024年2月2日には、新たに開発したシステムを使った実証イベントを開催。人気バンドWONKのライブを、臨場感そのままにリアルタイムで遠隔会場に配信した。

音声だけでなく映像、照明のデータもwavデータに統一

実証イベントでは、ヤマハ銀座スタジオで開催しているライブ「Yamaha Presents WONK Live× Distance Viewing」の音声や映像、照明をリアルタイムでリモート会場に届ける。
この際に使われるのが、ヤマハの新システム「GPAP(General Purpose Audio Protocol)」。通常は音声や映像、照明などのデータをそれぞれのフォーマットで記録し、同期させるという方法が一般的だが、「GPAP」はオーディオ形式(wav)のデータに統一して記録、再生できる。音声だけでなく、すべてのデータをwavに書き込めるため簡単にシンクロ再生ができ、ズレもいっさいない。
このシステムに、株式会社コルグが開発した業界史上最高音質によるインターネット動画配信システム「Live Extreme」を組み合わせることで、「GPAP」で記録したデータをリアルタイムでストリーミング配信することが可能になった。

GPAP

リモート会場のステージに配されたのは、ヤマハが独自開発したパネル型スクリーン。柔軟にサイズを変更することが可能なので大小さまざまな会場に導入でき、設置・撤収も容易だという。

GPAP

折り畳み式のフレームに、パネル型のスクリーンを取り付ける方式を採用。フレームをつなげることで、会場のスペースや用途に合わせて最適なサイズに調整が可能。

そのスクリーンに、等身大のWONKが現れた。ステージ上には4台のスピーカー。ドラム、ベース、ボーカル、ピアノ/キーボード……楽器の音を別チャンネルで送ることにより、各スピーカーからメンバー4人それぞれの楽器の音や声が流れてくる。音のディテールが際立ち、音圧も十分。あたかもWONKが目の前で演奏しているかのようだ。リモート会場に設置された12台の照明はヤマハ銀座スタジオにある12台と連動し、ライブ会場さながらの空間演出が楽しめる。

GPAP

リモート会場に設置されたスクリーンに映し出されるヤマハ銀座スタジオでのWONKライブの様子。

さらに、ヤマハ銀座スタジオを埋め尽くした観客の声や拍手は、リモート 会場の両サイドと後方に設置されたスピーカーから聴こえ、ステージだけでなく空間全体の臨場感を生み出していた。
いったんリモート会場を離れ、ライブ会場であるヤマハ銀座スタジオに向かった。ふたつの会場で視聴し、生ならではの迫力と「GPAP」が生演奏に肉薄していることをあらためて実感することができた。

GPAP

ヤマハ銀座スタジオで開催されたWONKライブ。

幅広いエンタメシーンでの活用にも期待

WONKは、日本の音楽を再定義するエクスペリメンタル・ソウルバンド。ライブでは4つの若き才能がアンコールを含めた全17曲で聴き手の心をがっちりつかんだが、実はトークも面白い。この日のMCでは「WONKフランチャイズ計画」が提案された。
「このシステムを使ってメンバーが4か所に行き、全国、いや世界同時に同じライブを分業して開催する。原理的にいえば、それは可能ということですよね?」

WONKのアイディアは残念ながら観客によってダメ出しされたが、音響、映像、照明を丸ごと記録できるこのシステムを使えば、ライブだけでなく、テーマパークやイルミネーションショーなどマルチメディアを扱うさまざまなエンターテインメントにおいても別の時間や場所で丸ごと再現するといった活用も見込める。

異なるフォーマットをwavデータで保存するヤマハの世界初のシステム「GPAP」を活用した新たな高臨場感ライブビューイング。世界初が世界のスタンダードになったら、エンタメはさらに楽しいものになるに違いない。

 


ヤマハ 新技術記者発表会  記録・再生システム「GPAP」とパネル型スクリーンを発表

■高臨場感ライブビューイングシステム配信の実用化に向けた実証イベント

詳細はこちら

■ヤマハの新システム「GPAP(General Purpose Audio Protocol)」

ニュースリリースはこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

8809views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#020 個性と“ヒットの法則”を両立させたトリオ・ジャズの傑作~レイ・ブライアント『レイ・ブライアント・トリオ』編

557views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9613views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

21519views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11248views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4288views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

13822views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5269views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9884views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7700views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8009views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9737views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16971views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22112views

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?

音楽ライターの眼

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?

38172views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5896views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8539views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

5976views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13401views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5761views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

50623views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5269views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24869views