Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:由紀さおりさん「言葉の裏側にある思いを表現したい」

『夜明けのスキャット』の鮮烈なデビューから、2019年で50周年を迎えた由紀さおりさん。2011年にリリースしたアメリカのジャズ・オーケストラPink Martiniとのコラボレーションアルバム『1969』が世界的ヒットとなるなど、国境を超えて人々を魅了しています。昭和、平成、令和という時代を常に第一線で走り続ける由紀さんに、音楽や日本語への思いを語っていただきました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

一番多く歌ったのは『夜明けのスキャット』です。歌うということは同時に聴くことになるわけですから、人生のなかで最も多く聴いたのもやはりこの曲だと思います。
姉と一緒に童謡・唱歌を歌うときと自分で歌謡曲を歌うときとでは、声の出し方、歌い方が違うということを認識させられたのもこの曲でした。歌謡曲のステージや番組の後、姉と一緒に歌うと「低音がちょっと強すぎる」と指摘されたりね。
そして50年歌ってきて思うのは、インターネットが出現して世界が近くなったということです。YouTubeで私が歌っている映像を世界中の人が見ることができますし、それをいいと思って歌ってくださり、その姿を投稿してくださる方いて……それをまた私がキャッチできるということがあるでしょう?先日、トルコのイスタンブールとイスラエルに行ったのですが、イスタンブールで訪れたレストランで『夜明けのスキャット』が流れていて、スタッフの方が私のYouTubeの動画を見せてくださいました(笑)。
アルバム『1969』が生まれたきっかけも、Pink Martiniが私の曲を歌い、YouTubeにアップしていたことです。リーダーのトーマス・ローダンデールさんが、中古レコードショップで私のLPを“ジャケ買い”し、私の声やメロディーを面白く思って、レパートリーに入れてくれていたんです。
アメリカでのコラボもあり、また新たに歌うことが重要な曲になりましたね。ただ、とても大切な曲である一方、過去のこの歌を輝かせるためにも新しい歌を歌いたいとも思いました。その挑戦がアルバム『BEGINNING ~あなたにとって~』です。

Q2.由紀さんにとって「音」や「音楽」とは?

自分が歌うという観点からすると、大切にしているのは「言葉」であり「語感」です。いまは、日本語のボキャブラリーが少なくなっていますし、言葉のアクセントも後打ちでしょう?私の世代にとっては、抵抗感がないというと嘘になります。
そして、いまの音楽はリズムが主体ですよね。創り手の体のなかにリズムがあって、そこに言葉を乗せていくんだろうなというメロディーの創り方です。本来、日本語はリズムではなくて旋律です。また、私は言葉の裏側にある思いを表現したいとずっと思ってきました。ところがいまは、裏側なんかなくて言葉通りですね。「嫌よ嫌よも好きのうち」という都々逸がありましたが、いまは「嫌」は「嫌」なの(笑)。
『BEGINNING ~あなたにとって~』のレコーディングの際、生意気ながら申し上げたのは、バックの音が大きすぎるので少し抑えてほしいということでした。間合いや歌う前の吐息、息声、喘ぎから声の震えまでが私にとっての表現であり、余白の部分を大切にしているからです。
たとえばアメリカでも、日本語が分からない方にもそういったエロキューションというか情感の表現は伝わるんだなと思いましたね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

とても残念なことに2018年逝去された、ジャズピアニストの佐山雅弘さんを真っ先に思い浮かべます。
とても多彩な音楽活動をされていましたが、10年ほど私のバックバンドのトリオのリーダーを務めてくださいました。彼のピアノは華やかで、毎回同じことはやらないんです。佐山さんと一緒にやる即興は、楽しくてスリリングでした。やっぱり、音楽はどこかスリルがないと、ね。
ステージでは、速さやタイミングを合わせるために「ドンカマ」などのクリック音に合わせて演奏するのが一般的ですが、私はこれを使わないんです。規則正しくて面白くないし、変な間が出来てしまうことがありますから。
佐山さんの演奏は「何が始まるのかしら?」と思っているとちゃんと私の曲につながり、歌い出しの渡し方が絶妙。合いの手の入れ方もとても心地良かったですね。
彼は、あらゆる音楽を愛した人だと思います。歌謡曲を愛してくださったおひとりでもありました。お別れの会には、幅広いジャンルの方が別れを惜しんで来ていらっしゃいましたね。
佐山さんのように幅広い音楽をジャッジし、アレンジできる方がほとんどいなくなってしまったのは残念です。私は彼が弾くバラードが大好きでした。その音は、いまもずっと耳に残っています。

 

由紀さおり〔ゆきさおり〕
歌手、女優。1969年「夜明けのスキャット」でデビュー。女優としても映画、ドラマへ出演、司会、バラエティなど幅広く活躍。2011年秋アメリカのジャズ・オーケストラPink Martiniとのコラボレーションアルバム「1969」をリリース。世界50か国以上で発売、配信され、世界的なヒットとなる。2019年4月から「由紀さおり 50年記念コンサート2019-2020“感謝„」をスタート、全国約20か所で2020年初夏まで開催予定。
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人:諏訪内晶子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:諏訪内晶子さん「音楽の素晴らしさは、人生が熟した時にそれを音で奏でられることです」

18619views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

8847views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

43766views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

38935views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

14906views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

2922views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2033views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8778views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21573views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4673views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5090views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9435views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9639views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9669views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#026 ハード・バップのお手本を生み出したシンプルな編成と陽キャな企画~ブルー・ミッチェル『ブルーズ・ムーズ』編

574views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

6279views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

778views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4757views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

19907views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4452views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

12735views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5713views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24504views