Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:由紀さおりさん「言葉の裏側にある思いを表現したい」

『夜明けのスキャット』の鮮烈なデビューから、2019年で50周年を迎えた由紀さおりさん。2011年にリリースしたアメリカのジャズ・オーケストラPink Martiniとのコラボレーションアルバム『1969』が世界的ヒットとなるなど、国境を超えて人々を魅了しています。昭和、平成、令和という時代を常に第一線で走り続ける由紀さんに、音楽や日本語への思いを語っていただきました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

一番多く歌ったのは『夜明けのスキャット』です。歌うということは同時に聴くことになるわけですから、人生のなかで最も多く聴いたのもやはりこの曲だと思います。
姉と一緒に童謡・唱歌を歌うときと自分で歌謡曲を歌うときとでは、声の出し方、歌い方が違うということを認識させられたのもこの曲でした。歌謡曲のステージや番組の後、姉と一緒に歌うと「低音がちょっと強すぎる」と指摘されたりね。
そして50年歌ってきて思うのは、インターネットが出現して世界が近くなったということです。YouTubeで私が歌っている映像を世界中の人が見ることができますし、それをいいと思って歌ってくださり、その姿を投稿してくださる方いて……それをまた私がキャッチできるということがあるでしょう?先日、トルコのイスタンブールとイスラエルに行ったのですが、イスタンブールで訪れたレストランで『夜明けのスキャット』が流れていて、スタッフの方が私のYouTubeの動画を見せてくださいました(笑)。
アルバム『1969』が生まれたきっかけも、Pink Martiniが私の曲を歌い、YouTubeにアップしていたことです。リーダーのトーマス・ローダンデールさんが、中古レコードショップで私のLPを“ジャケ買い”し、私の声やメロディーを面白く思って、レパートリーに入れてくれていたんです。
アメリカでのコラボもあり、また新たに歌うことが重要な曲になりましたね。ただ、とても大切な曲である一方、過去のこの歌を輝かせるためにも新しい歌を歌いたいとも思いました。その挑戦がアルバム『BEGINNING ~あなたにとって~』です。

Q2.由紀さんにとって「音」や「音楽」とは?

自分が歌うという観点からすると、大切にしているのは「言葉」であり「語感」です。いまは、日本語のボキャブラリーが少なくなっていますし、言葉のアクセントも後打ちでしょう?私の世代にとっては、抵抗感がないというと嘘になります。
そして、いまの音楽はリズムが主体ですよね。創り手の体のなかにリズムがあって、そこに言葉を乗せていくんだろうなというメロディーの創り方です。本来、日本語はリズムではなくて旋律です。また、私は言葉の裏側にある思いを表現したいとずっと思ってきました。ところがいまは、裏側なんかなくて言葉通りですね。「嫌よ嫌よも好きのうち」という都々逸がありましたが、いまは「嫌」は「嫌」なの(笑)。
『BEGINNING ~あなたにとって~』のレコーディングの際、生意気ながら申し上げたのは、バックの音が大きすぎるので少し抑えてほしいということでした。間合いや歌う前の吐息、息声、喘ぎから声の震えまでが私にとっての表現であり、余白の部分を大切にしているからです。
たとえばアメリカでも、日本語が分からない方にもそういったエロキューションというか情感の表現は伝わるんだなと思いましたね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

とても残念なことに2018年逝去された、ジャズピアニストの佐山雅弘さんを真っ先に思い浮かべます。
とても多彩な音楽活動をされていましたが、10年ほど私のバックバンドのトリオのリーダーを務めてくださいました。彼のピアノは華やかで、毎回同じことはやらないんです。佐山さんと一緒にやる即興は、楽しくてスリリングでした。やっぱり、音楽はどこかスリルがないと、ね。
ステージでは、速さやタイミングを合わせるために「ドンカマ」などのクリック音に合わせて演奏するのが一般的ですが、私はこれを使わないんです。規則正しくて面白くないし、変な間が出来てしまうことがありますから。
佐山さんの演奏は「何が始まるのかしら?」と思っているとちゃんと私の曲につながり、歌い出しの渡し方が絶妙。合いの手の入れ方もとても心地良かったですね。
彼は、あらゆる音楽を愛した人だと思います。歌謡曲を愛してくださったおひとりでもありました。お別れの会には、幅広いジャンルの方が別れを惜しんで来ていらっしゃいましたね。
佐山さんのように幅広い音楽をジャッジし、アレンジできる方がほとんどいなくなってしまったのは残念です。私は彼が弾くバラードが大好きでした。その音は、いまもずっと耳に残っています。

 

由紀さおり〔ゆきさおり〕
歌手、女優。1969年「夜明けのスキャット」でデビュー。女優としても映画、ドラマへ出演、司会、バラエティなど幅広く活躍。2011年秋アメリカのジャズ・オーケストラPink Martiniとのコラボレーションアルバム「1969」をリリース。世界50か国以上で発売、配信され、世界的なヒットとなる。2019年4月から「由紀さおり 50年記念コンサート2019-2020“感謝„」をスタート、全国約20か所で2020年初夏まで開催予定。
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

5456views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

2706views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

18238views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

30487views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

2816views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

9544views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5842views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1262views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

13457views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

564views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

1600views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

12460views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

1872views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

3764views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.9

1073views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

2927views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

3695views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

3075views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

9263views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3277views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

5076views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1912views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

11131views