Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#007 ジャズの流れを変える予兆を秘めたホットなのにクールなライヴ盤~ウェス・モンゴメリー『フル・ハウス』編

ウェス・モンゴメリーと言えば、オクターヴ奏法を駆使した疾走感あふれる演奏でハード・バップ・シーンをもり立てた一方で、ポップスのカヴァーをストリングス・オーケストラ伴奏で演奏するスタイルを打ち出して一世を風靡したヒット・メイカーとしても知られるギタリストの“巨人”。

本作は、1962年6月にカリフォルニア州バークレーの“ツボ”というジャズ・クラブで行なわれたウェス・モンゴメリー・クインテットのステージを収めたライヴ盤です。


参考動画:ウェス・モンゴメリー『フル・ハウス(Live)』

アルバム概要

日本ではフルアコと呼ばれるエレキギター(海外ではアーチ・トップ・ギターと呼ばれ、ボディに空洞がありピックアップ・マイクを搭載しているタイプのギター)とテナー・サックス、アコースティック・ピアノとアコースティック・ベースにドラムスというクインテット(五重奏)の編成。

舞台となった“ツボ”は、1961年9月に開設されたライヴ・スペースのあるコーヒー・ハウスで、地域FM局も併設され、この地域の文化発信基地のような役割を果たしていたようです。

当時のニューヨークでは、ミュージシャンがクラブとして行政に登録されている店舗に出演する際の規制が厳しかったことから、比較的規制が緩かった西海岸へ赴いて演奏旅行を実施したようで、現地の音楽ファンもこれを喜んで受け入れていたというエピソードが、ミュージシャンの伝記などにたびたび記されています。

そうした自由な空気のなかでの溌溂(はつらつ)とした演奏と、心待ちにしていた観客の期待感との相乗効果がそのままパッケージされているところも、本作が高い人気を誇る理由のひとつでしょう。

ちなみに、タイトル・チューンの『フル・ハウス』とは、“会場が満員”であることを意味しています。

“名盤”の理由

リズム・セクションのウィントン・ケリー(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)、ジミー・コブ(ドラムス)は、マイルス・デイヴィスのバンドにも参加していた名手たち。

特にウィントン・ケリーは、当代随一の伴奏者としても知れ渡っていた存在で、フロント楽器の2人をガッチリとサポートしています。その安定感があってこその疾走感が、ギター・ファンだけでなく広くジャズ・ファンを魅了し続けるポイントになっているのだと思います。

いま聴くべきポイント

さて、あまねくファンに支持される、というようなメジャーな評価に異を唱える向きも世の中にはいるもので、特にジャズを好んで聴こうという輩には多いように感じます。

なにを隠そう、このボクも最初はそのひとりで、“ジャズを代表するギタリストの代表作だから必聴”というような専門誌の惹句に反発して、あえて避けていた時期もあったりしました。

しかし、このアルバムに未練が残っていたのは、テナー・サックスのジョニー・グリフィンが参加していたから。

“リトル・ジャイアント”と呼ばれ、走り出したら止まらないようなソロを繰り広げてくれる彼の演奏を求め、天邪鬼の屁理屈を曲げて手に取ったのが本作でした。

そのジョニー・グリフィンのソロも、ほかの作品では冗長と感じることがあったりしたのですが、本作ではライヴにもかかわらずバランスがすばらしいんですね。

バランスと言えば、キメの部分でのウェス・モンゴメリーとのユニゾンも、美しくて効果的です。

要所要所でユニゾンによるメロディ・ラインをシッカリと表現することは、アドリブを追いかけるあまりに曲から意識が離れていた演奏者自身はもちろん、聴き手の耳も曲の世界観へと引き戻す効果があります。

1950年代以降、ビバップを軸に展開して発展したジャズはアドリブ合戦の様相を呈し、特にハード・バップではそのジレンマをどう解消するかが課題でもありました。

ウェス・モンゴメリーは、ユニゾンを使ってアンサンブルを意識させることで、曲をアドリブのためだけに存在させるのではなく、曲という秩序のなかでジャズの美学を表現できる道を探ろうとしていたのではないか──。

こうした意識があったからこそ、この数年後に“ポップスのカヴァーをストリングス・オーケストラ伴奏で演奏するスタイル”を見事に完成させ、ジャズの裾野を広げる役割を果たすことにつながったわけで、その意味でも“ジャズの流れを変える予兆”を記録した“名盤”であると言えるでしょう。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

八神純子さん - 今月の音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:八神純子さん「意気込んでいる状態より、フワッと何かが浮かんだ時の方がいい曲になる」

13086views

いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

音楽ライターの眼

いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

6062views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

自宅で一流アーティストのライブが楽しめる自動演奏ピアノ「ディスクラビア エンスパイア」

56081views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

15122views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11300views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7012views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8021views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8336views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21893views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

7940views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4375views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9591views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9341views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13435views

音楽ライターの眼

連載2[多様性とジャズ]マスク着用率が高い日本で“音楽と個人主義”が語れるのかを考えてみた

1886views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9080views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4749views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

11555views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

13656views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

7935views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

2180views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2708views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24709views