Web音遊人(みゅーじん)

THR100Hシリーズ

細部までアナログの質感にこだわったデジタルアンプが登場!自宅からライブ会場への持ち運びも気軽に

さまざまなシーンで快適な演奏を実現するヤマハの新コンセプトギターアンプ、THR。このたび、THRのアンプヘッド「THR HEAD」が登場した。
小型のTHR5 やTHR10が、主に自宅で「適度な音量」の「良い音」でギターサウンドを楽しむのを目的にしていたのに対し、THR HEADは、より活躍の幅を広げ、ライブで大音量を鳴らすことを前提に製作された。

まず、そのルックスであるが、デジタルっぽさは全くない。「中に真空管が入っているアンプ」と言われてもおかしくないようなクラシックな佇まいだ。ノブもアナログアンプと同様に並んでいる。
ギターを繋いでノブを回してみると、各イコライザー、GAINなどの効き方はアナログアンプのそれと同じ感覚だ。特にGAINは、アナログアンプのファジーな感じがかなり再現されていて面白い。
ヤマハの担当者によると、今回こだわったところはまさにその点で、中身はデジタルアンプだが、サウンド、インターフェイス、操作性においては従来のアナログアンプと同じ感覚で使用できるよう開発に注力したとのこと。

さらにフロントのノブを見ていこう。まず一番左側のノブでモデリングされたアンプを選ぶ。“MODERN”“LEAD”“CRUNCH”といったようにネーミングされているが、それぞれ真空管アンプの名器がモデリングされており、「“LEAD”はブリティッシュ系のあのアンプね!」という具合にそのキャラクターは分かりやすい。

フロントのノブ

液晶パネルやボタンを排除し、1つのノブには1つの役割のみを持たせることで、直感的に操作できるように設計。

アンプを選んだら、あとはアナログアンプと同じ感覚でサウンドメイキングできるので、詳しい説明は特に必要ないだろう。
“MASTER”“GAIN”の調整でクリーントーンからディストーションサウンドまでフレキシブルに作ることができ、その音にいわゆるデジタルっぽさは感じられない。
出音としてはまさに状態の良い真空管アンプといったところか。
大音量にするとデジタルっぽさが出てきそうなものだが、「大音量にした時に発生するアナログ特有の揺れの特性までモデリングしている」とのこと。そういったところまで計算しつくされているのもさすがだ。
ブースターも付いていて、さらに強く歪ませることができる。
トータルで見ると歪みに関してはかなり幅を持っており、このアンプ内でほぼ完結していると言えるだろう。

また、上段下段に2系統のアンプを搭載した「THR100H Dual」は、全く違うアンプを切り替えられるだけでなく、同時に鳴らすことができる。例えば、ブリティッシュ系アンプのディストーションサウンド(1ch)に、アメリカ系アンプのクリーントーン(2ch)を加えることができる。音を強めに歪ませると、音の芯が無くなってフレーズラインがよくわからなくなることがあるが、アンプが2つの系統を持っていれば、クリアーな音をミックスしてフレーズラインをわかり易くするということもできる。
普通はアンプを2台用意しないとできないことが、1台のアンプでできてしまうというわけだ。
アンプの系統やブースターの「オン」「オフ」に関しては、付属のフットスイッチを使ってライブで切り替えが可能だ。
このような機能がデジタルアンプならではのメリットであり、実際に試してみて、今までにないアプローチで音作りができると感じた。

THR100H Dual

スピーカーキャビネット「THRC112/ 212」は、「THR100H Dual」に内蔵された複数のアンプモデルや真空管のシミュレーションに柔軟に対応できるよう設計、チューニングされている。

そして何よりも素晴らしいのは片手で持ち運べる4.2kgという軽さである。
これなら自宅で細かく作りこんだ音を、スタジオやライブなどの現場で再現することが気軽にできる。

THR100Hシリーズは、ギタープレイ、音作りの新たな可能性が広がるアンプではないだろうか。自宅と現場を繋ぐ新たなツールとしても活躍しそうだ。

■THR100H/THR100H Dual

5kgに満たない軽量かつコンパクトボディながら、100Wのパワーを持つアンプヘッド「THR HEAD」。スタジオやライブハウスに気軽に持ち運んで、自分の作り込んだサウンドを再現できます。ヤマハの優れたモデリング技術により、大音量のライブでも、ラインでのレコーディングでも、本格的な真空管サウンドを実現します。

製品の詳細はこちら

 

特集

坂本龍一さん

今月の音遊人

【プレゼント】今月の音遊人:坂本龍一さん「かつて観たテレビアニメの物語は忘れたけど、主題歌は鮮明に覚えている。音楽の力ってすごいよね」

11032views

音楽ライターの眼

ボズ・スキャッグス、ソウル&ブルースと都会派AORを兼ね備えた2019年5月の来日公演

3439views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

自宅で一流アーティストのライブが楽しめる自動演奏ピアノ「ディスクラビア エンスパイア」

40626views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

21183views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5273views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

5244views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9231views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3459views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5339views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

5816views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

5817views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6363views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

8315views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9888views

音楽ライターの眼

連載40[ジャズ事始め]佐藤允彦が“ランドゥーガ”で試みた“民謡”という手つかずの方法論

306views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

10888views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3416views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

11720views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

13990views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3131views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

74676views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3459views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6363views