細部までアナログの質感にこだわったデジタルアンプが登場!自宅からライブ会場への持ち運びも気軽に

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
THR100Hシリーズ
細部までアナログの質感にこだわったデジタルアンプが登場!自宅からライブ会場への持ち運びも気軽に

さまざまなシーンで快適な演奏を実現するヤマハの新コンセプトギターアンプ、THR。このたび、THRのアンプヘッド「THR HEAD」が登場した。
小型のTHR5 やTHR10が、主に自宅で「適度な音量」の「良い音」でギターサウンドを楽しむのを目的にしていたのに対し、THR HEADは、より活躍の幅を広げ、ライブで大音量を鳴らすことを前提に製作された。

まず、そのルックスであるが、デジタルっぽさは全くない。「中に真空管が入っているアンプ」と言われてもおかしくないようなクラシックな佇まいだ。ノブもアナログアンプと同様に並んでいる。
ギターを繋いでノブを回してみると、各イコライザー、GAINなどの効き方はアナログアンプのそれと同じ感覚だ。特にGAINは、アナログアンプのファジーな感じがかなり再現されていて面白い。
ヤマハの担当者によると、今回こだわったところはまさにその点で、中身はデジタルアンプだが、サウンド、インターフェイス、操作性においては従来のアナログアンプと同じ感覚で使用できるよう開発に注力したとのこと。

さらにフロントのノブを見ていこう。まず一番左側のノブでモデリングされたアンプを選ぶ。“MODERN”“LEAD”“CRUNCH”といったようにネーミングされているが、それぞれ真空管アンプの名器がモデリングされており、「“LEAD”はブリティッシュ系のあのアンプね!」という具合にそのキャラクターは分かりやすい。

フロントのノブ

液晶パネルやボタンを排除し、1つのノブには1つの役割のみを持たせることで、直感的に操作できるように設計。

アンプを選んだら、あとはアナログアンプと同じ感覚でサウンドメイキングできるので、詳しい説明は特に必要ないだろう。
“MASTER”“GAIN”の調整でクリーントーンからディストーションサウンドまでフレキシブルに作ることができ、その音にいわゆるデジタルっぽさは感じられない。
出音としてはまさに状態の良い真空管アンプといったところか。
大音量にするとデジタルっぽさが出てきそうなものだが、「大音量にした時に発生するアナログ特有の揺れの特性までモデリングしている」とのこと。そういったところまで計算しつくされているのもさすがだ。
ブースターも付いていて、さらに強く歪ませることができる。
トータルで見ると歪みに関してはかなり幅を持っており、このアンプ内でほぼ完結していると言えるだろう。

また、上段下段に2系統のアンプを搭載した「THR100H Dual」は、全く違うアンプを切り替えられるだけでなく、同時に鳴らすことができる。例えば、ブリティッシュ系アンプのディストーションサウンド(1ch)に、アメリカ系アンプのクリーントーン(2ch)を加えることができる。音を強めに歪ませると、音の芯が無くなってフレーズラインがよくわからなくなることがあるが、アンプが2つの系統を持っていれば、クリアーな音をミックスしてフレーズラインをわかり易くするということもできる。
普通はアンプを2台用意しないとできないことが、1台のアンプでできてしまうというわけだ。
アンプの系統やブースターの「オン」「オフ」に関しては、付属のフットスイッチを使ってライブで切り替えが可能だ。
このような機能がデジタルアンプならではのメリットであり、実際に試してみて、今までにないアプローチで音作りができると感じた。

THR100H Dual

スピーカーキャビネット「THRC112/ 212」は、「THR100H Dual」に内蔵された複数のアンプモデルや真空管のシミュレーションに柔軟に対応できるよう設計、チューニングされている。

そして何よりも素晴らしいのは片手で持ち運べる4.2kgという軽さである。
これなら自宅で細かく作りこんだ音を、スタジオやライブなどの現場で再現することが気軽にできる。

THR100Hシリーズは、ギタープレイ、音作りの新たな可能性が広がるアンプではないだろうか。自宅と現場を繋ぐ新たなツールとしても活躍しそうだ。

■THR100H/THR100H Dual

5kgに満たない軽量かつコンパクトボディながら、100Wのパワーを持つアンプヘッド「THR HEAD」。スタジオやライブハウスに気軽に持ち運んで、自分の作り込んだサウンドを再現できます。ヤマハの優れたモデリング技術により、大音量のライブでも、ラインでのレコーディングでも、本格的な真空管サウンドを実現します。

製品の詳細はこちら

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 永田太郎