Web音遊人(みゅーじん)

「Pianist Lounge.」公開インタビュー

ピアニストたちと過ごすスペシャルイベントを開催、サプライズ演奏も!

国内外で活躍するピアニストの「今」をご紹介するヤマハウェブサイト「Pianist Lounge.」。その取材現場をご覧いただけるという、ヤマハフィーリングクラブ(FC)会員限定のイベントが、2015年12月27日にヤマハ銀座コンサートサロンで開催されました。

今回のイベントは、2015年1月に亡くなったヴェラ・ゴルノスタエヴァ先生を追悼するメモリアルコンサート(2016年4月26日にヤマハホールで開催予定)に先駆けて行われたもので、ヤマハマスタークラスで日本を代表するピアニストを数多く指導されたヴェラ先生の想い出を語り合っていただきました。
出演の上原彩子さん、鈴木弘尚さん、三浦友理枝さん、吉永哲道さんは、いずれもヴェラ先生の門下生。レッスンの思い出、印象に残る先生の言葉、今につながる先生の教えなど、興味深い話題をテーマにインタビューが進められました。

「Pianist Lounge.」公開インタビュー

進行役は、長年マスタークラスを取材してきた上田弘子さん(写真右・一番左)

10~12歳でヤマハマスタークラスに入り、ヴェラ先生にレッスンを受けたという皆さん。レッスンはとても厳しかったそうですが、いろいろなエピソードからは、一人の音楽家として生徒に接し、芸術と向き合う姿勢を伝えようとするヴェラ先生の指導者としての信念が浮き彫りになりました。
「最初のレッスンで『革命』のエチュード(ショパン)を弾いたのですが、『今のあなたにはこの曲は弾けません。なぜなら、これはこういう曲だからです』とおっしゃって、目の前で演奏してくださいました。いつも言葉を超えた何かを伝えようとされるご指導は、自分にとっての原点でもあります」(吉永さん)
また、「3時間で2小節しか進まなかった日もありました」という上原さんのお話に「思い当たる」というように頷く3人。会場からは少しどよめきも起こりました。先生が時間をかけて伝えようとしていたのは「響く音」。生徒たちは、先生の弾く音を聴き身体に染み込ませたのだそうです。

「Pianist Lounge.」公開インタビュー

(写真左)吉永哲道さん(写真右)上原彩子さん

「教える側になってみて、先生ならここはどう教えるだろうと思うようになりました。そんな時は、また先生の音を聴きたいと思いますね……」(鈴木さん)
「自分の殻を破りなさいと何百万回も言われました」と会場を笑わせた三浦さんも「留学などの経験を経て、自分で音楽をつくっていくということがやっとわかってきました」と振り返りました。 

「Pianist Lounge.」公開インタビュー

(写真左)鈴木弘尚さん(写真右)三浦友理枝さん

インタビューの後は撮影シーンも公開。ふだん見ることができない光景に参加者の皆さんはもちろん、いつも取材される側のピアニストたちも興味津々のようでした。
参加者からの質問コーナーでは、ピアニストと直接会話ができるということもあり、質問される方も少し緊張の面持ちでしたが、ピアニストの皆さんのあたたかいアドバイスや人柄にふれ、気持ちもほぐれ満足された様子でした。
また、公開インタビュー後に行われた4人によるサプライズ演奏では、ふだんのコンサートでは体験できない間近での鑑賞ができ、4月のメモリアルコンサートへの期待も大きくふくらみました。

「Pianist Lounge.」公開インタビュー

公開インタビューはピアニストにとってもめずらしい体験のようで、お互いの様子を撮影する光景も

「Pianist Lounge.」公開インタビュー

間近でのサプライズ演奏にため息がもれる

参加された方からは、「ヴェラ先生の指導の一端に触れることができ、同じ指導者としてとても勉強になりました」「ステージでの演奏姿とは違う、ピアニストの生の声が聴けていい機会になりました」と大きな手応えが。また、公開インタビューという形には「いつも読んでいるページが、このようにして作られているとわかって、さらに興味がわきました」という声も多く寄せられました。

「Pianist Lounge.」公開インタビュー

参加者全員に、サイン入り色紙と写真をプレゼント

最後に、ピアニストたちとの記念撮影も行われ、和やかな雰囲気のなか、ヴェラ先生を偲ぶイベントは幕を閉じました。「ピアノを弾くことがさらに楽しくなりました」と語られた参加者の笑顔が印象に残る1日でした。

「Pianist Lounge.」公開インタビュー

■ヴェラ・ゴルノスタエヴァ先生の想い出に~日本の門下生によるピアノコンサート~

日時:2016年4月26日(火)19:00開演(18:30開場) 
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F) 
料金:一般4,000円(税込)/学生2,000円(税込)
出演:上原彩子鈴木弘尚馬場みさき三浦友理枝吉永哲道(五十音順)
公演の詳細はこちら

■アーティストの「今」を知る。Pianist Lounge.

当日のインタビューは、Pianist Lounge.サイトでご覧ください。

 

特集

神保彰

今月の音遊人

今月の音遊人:神保彰さん「音楽によって、人生に大きな広がりを獲得できたと思います」

7941views

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.1

968views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

4089views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

10058views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

2554views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

3170views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

11186views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3082views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

5675views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

2159views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

1813views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

11134views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

2816views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

5675views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

1518views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

10850views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

2851views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

13787views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

5674views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3277views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

33274views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3082views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3132views