Web音遊人(みゅーじん)

アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭の「イル・トロヴァトーレ」でヴェルディを堪能する

真夏のイタリアの音楽祭といえば、アレーナ・ディ・ヴェローナでの野外オペラが人気である(16,000人収容)。古代ローマ円形競技場におけるスケールの大きなオペラ公演には、世界各国から聴衆が訪れる。

ヴェローナはシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となった場所。市内にはモデルとなった「ジュリエッタの家」(イタリア語読み)があり、ジュリエット像と有名なバルコニーが。

ヴェルディの「アイーダ」が初めてここで上演されたのは1913年8月10日。おりしもこの年はヴェルディ生誕100年祭が催されることになっており、各分野の著名人が企画を出し合ったが、妙案は生まれてこなかった。

ちょうどそのころ、ヴェローナ出身のアメリカで成功を収めたテノール歌手ジョヴァンニ・ゼナテッロが帰国。彼は夕日に赤く染まるアレーナを見て「ここでグランド・オペラをやろう!」と提案する。紀元前1世紀に作られ、それまでは格闘競技や騎馬戦、ゴルドーニの人形劇などに使われていたアレーナは、この年以来その機能を劇場に変えた。

現在ではオペラ・ファン憧れの地となり、毎夏7月から8月までイタリア・オペラ・フェスティヴァルが華々しく開催されている。アレーナの広さは長径153メートル、幅128メートル、高さ30.5メートルだが、舞台上でポンと手をたたくと、階段の一番上でもその音が聴こえるほどすばらしい音響を備えている。

イタリアの夏は日が長い。オペラが始まるまで世界各地から訪れた人々は、交通の遮断されたアレーナ周辺のカフェやレストランでワインを飲んだり食事をしたりしながら、場外アナウンス「アタンシオーネ、アタンシオーネ」という呼びかけをゆっくりと待っている。

アレーナ・ディ・ヴェローナには夕刻のまだ明るい時間から聴衆が集まり、やがて空は茜色、紫色、漆黒へと変化していく。

さて、毎年ヴェルディのオペラはいくつか上演されるが、2019年は中期の傑作のひとつ「イル・トロヴァトーレ」が上演された。ライヴ収録もされDVDがリリースされている。その映像で臨場感あふれるオペラを楽しみたい。

「イル・トロヴァトーレ」は15世紀初頭のスペイン、アルゴン地方が舞台。レオノーラ(ソプラノ、領主の夫人に仕える女官)、マンリーコ(テノール、吟遊詩人《トロヴァトーレ》)、ルーナ伯爵(バリトン、アルゴン地方の貴族)、アズチェーナ(メゾ・ソプラノ、ロマ《ジプシー》の女)の4人が主たる登場人物。

アズチェーナに育てられたマンリーコはレオノーラと恋仲だが、ルーナ伯爵もレオノーラを愛しているため、ふたりは決闘になってしまう。実は彼らは離れ離れになった兄弟で、以前アズチェーナは兄弟の父親に母を火刑で殺害されたことを恨み、マンリーコをさらって殺そうとしたが、誤って自分の息子を焼き殺してしまったという暗い過去を背負っている。レオノーラがマンリーコを愛するため、怒りに燃えたルーナ伯爵はマンリーコを処刑してしまう。最後にアズチェーナが「マンリーコは弟だ」と告白し、自害するという物語。

この悲劇的な物語にヴェルディは圧倒的な存在感を放つ音楽をつけ、主役4人のアリア、重唱、合唱、オーケストラにいたるまで、一瞬たりとも気を抜けないほど劇的で感情豊かな音楽が満載、フィナーレまで一気に聴かせる。

今回はアンナ・ネトレプコ(レオノーラ)、ユシフ・エイヴァゾフ(マンリーコ)、ルカ・サルシ(ルーナ伯爵)、ドローラ・ザジック(アズチェーナ)といずれ劣らぬ名歌手が集結。歌手たちの実力とともに、特筆すべきはフランコ・ゼッフィレッリの演出&舞台だ。ヴェルディの魔力にかかったような、異次元の世界に迷い込んだようなひとときが味わえる。

※ページのトップ写真:アディジェ川が流れるヴェローナ。風光明媚な土地である。

■インフォメーション

『ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」』(Blu-ray)
ピエル・ジョルジョ・モランディ(指揮)、アレーナ・ディ・ヴェローナ管弦楽団、同合唱団、同バレエ団

発売元:キングインターナショナル
発売日:2020年7月17日
価格:6,018円(税抜)
詳細はこちら

 

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:亀田誠治さん「音楽は『人と人をつなぐ魔法』。いまこそ、その力が発揮されるべきだと思います」

7077views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#017 ジャズをつなぐエッセンスを詰め込んだ“絶好調”のポスト・ビバップ~ハンプトン・ホーズ『ザ・トリオ VOL.1』編

866views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

4268views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

20719views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9340views

オトノ仕事人

テレビ番組の映像にBGMや効果音をつけて演出をする音の専門家/音響効果の仕事

1677views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20197views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2708views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10961views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5636views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6896views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9591views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6979views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21747views

音楽ライターの眼

指揮界の革命児、クルレンツィスがベートーヴェン・イヤーに放つ衝撃的な「運命」

4192views

小林洋平

オトノ仕事人

感情や事象を音楽で描写し、映画の世界へと観る人を引き込む/フィルムコンポーザーの仕事

926views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1462views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

9033views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

18653views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4500views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

5465views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7181views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9591views