ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
音楽ライターの眼
ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

アメリカのジャズ・シーンにビートルズの影響が表われ始めたのは、1964年のことだった。

念のために確認しておくと、ビートルズがレコード・デビューを果たしたのが1962年末(アルバムは1963年)。イギリスのバンドの噂が大西洋を渡ってアメリカに届くまでにそれほど時間を要したとは考えにくいので、1963年の年末にはアメリカでも「海の向こうの若者が発している音楽が“これまでに経験したことがない”ウケかたをしている」ことに興味をもち、業界も動き始めたことは想像に難くない。

このムーヴメントにまず飛びついたのは、ジャズ・ヴォーカリストだったようだ。

1964年、エラ・フィッツジェラルドはアルバム『ハロー・ドーリー!』を制作&リリースしたが、これに「キャント・バイ・ミー・ラヴ」が収録されている。さらに、翌1965年制作&リリースの『エラ・イン・ハンブルグ』というライヴ・アルバムにも「ア・ハード・デイズ・ナイト」が収められている。

いずれも“エラ節”全開で、ほかのジャズ・スタンダードと温度差なく歌いきってしまっているのはさすがだが、それをさせたのはビートルズのメロディにR&Bの影響があったからだろう。

エラは1950年代から“ソングブック”と題して、数々のヒット曲を生み出してきたソングライターを取り上げてアルバムを制作していたが、彼女からすれば海を渡ってきたレコードに収められていたレノン&マッカートニーのサウンドは、アメリカのジャズを築いてきたスタンダード・ナンバーと肩を並べるに足る魅力を放っていたゆえのチョイスだったとも言える。

ちなみに、「ア・ハード・デイズ・ナイト」を歌い終わったあと、「サンキュー・ビートルズ・ファン!」というエラの声がこのアルバムには入っているのだけれど、収録地ドイツのハンブルクのほうがアメリカよりも先にビートルズ・フィーヴァーが高まっていたこと、それを敏感に察知したエラがレパートリーに加えたこと、なども想像できる。

エラ・フィッツジェラルドと並んで1960年代のアメリカにおけるジャズ黄金期を代表する女性ヴォーカリストであるサラ・ヴォーンも、1965年制作で1966年リリースの『ポップ・アーティストリー・オブ・サラ・ヴォーン(後に邦題“ラヴァーズ・コンチェルト”)』に「イエスタデイ」を、続いてリリースした『ザ・ニュー・シーン』(1966年)に「ミッシェル」を収録している。

サラはエラとは違って(あえて違いを出そうとしたのかもしれないが)、「イエスタデイ」ではフレンチ・ポップス風のアレンジにしたり、「ミッシェル」のAメロをフランス語で歌ったりと、ビートルズを“アメリカの曲ではないもの”として扱おうとしたんじゃないかと思えるフシがあったりして、それはそれで興味深い。

ジャズのみならずポップスの分野でも実績を残したナンシー・ウィルソンも、1966年制作&リリースの『ア・タッチ・オブ・トゥデイ』に「アンド・アイ・ラヴ・ヒム」(「アンド・アイ・ラヴ・ハー」の女性ヴォーカリスト・ヴァージョン)と「イエスタデイ」を収録。

彼女の場合は完全に“ヒット・チューンのカヴァー”というスタンスで歌っていることがうかがえ、アレンジもジャズっぽさを意識していない。逆にその「ビートルズだから“扱いに手こずった感”が薄かったこと」が、ジャズにビートルズを広めるきっかけになったんじゃなかろうか。

ヴォーカルじゃないジャズのビートルズ・カヴァーについては、次回。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 富澤えいち