Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:小林愛実さん「理想の音を追い求め、一音一音紡いでいます」

2021年10月、「第18回ショパン国際ピアノコンクール」で第4位入賞という快挙を成し遂げたピアニストの小林愛実さん。美しい音色と歌心に満ち、研ぎ澄まされた集中力によって紡ぎ出された演奏は多くの人々の心を打ちました。そんな小林さんにとっての音や音楽についてのお話は、演奏にも通じるものがありました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

何か特定のものというよりも、弟が車の運転中に聴いているものなど、日常で流れている曲をなんとなく耳にしていることが多いので、“これ!”というのが難しいですね……。しいて言えば、勉強のために色々な演奏家の音源を聴いたり練習のときに弾いたりしているものが、頭の中でずっと流れています。最近では、やはりショパンコンクールが終わったばかりということもあり、圧倒的にショパンですね。特によく弾いている『ピアノ協奏曲第1番』が一番聴いた曲でしょうか。ショパンの作品の中では『ピアノソナタ第2番』が大好きで、いろいろな演奏家の音源を聴いてきました。第1楽章はユリアンナ・アヴデーエワ、第2楽章はチョ・ソンジンなど、楽章ごとにお気に入りの演奏が違ったりします。演奏会で弾いたばかりのドヴォルザークの『ピアノ五重奏曲イ長調』もずっと頭の中で流れていますね。

Q2.小林さんにとって「音」や「音楽」とは?

音楽は私の人生を表すものですね。音楽は同じ曲を何度演奏しても毎回違うものですし、私の人生も刹那で移り変わっていますが、両者は常に重なっているように思います。ときどき、音楽は私自身なのかもしれないと思うことがあります。自分の感情を素直に出せますし、私が私であり続けることができます。ただ、“かけがえのないもの”というような表現とは少し違います。もっと自然に、そこにあるものなんです。“ない”ことは考えられないですし、いつか年を重ねて演奏活動から離れるようになったとしても、ピアノはずっと弾き続けていると思います。
そして音は、自分の理想を追い求める対象です。一音一音、その曲でどういう音が出したいのか。練習中はそれを常に探しています。その作り上げてきた音に演奏する環境が揃ったとき、“これだ!”というものが出せるんです。実はショパンコンクールのときもそれがありました。弱音がとても弾きやすいホールで、欲しいと思う音を出すことができました。特に第3次予選の『前奏曲集』ですね。ものすごく多彩な作品でいろいろな音が必要なのですが、それを表現することができたと思います。その中でも第15番の『雨だれ』はずっと試行錯誤していたのですが、コンクールのときは、曲に思い描いていたストーリーを納得いく形で演奏できたので、とてもうれしかったです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

音がきれいな人、多彩な音を持っている人だと思います。演奏は、構成力や歌いまわし、コントラストにテンポなど様々な表現で届けることができますが、その人独自の“音”を持っている人は、それだけでもいろいろな世界を創り出して見せてくれます。例えばアンドラーシュ・シフとかダニール・トリフォノフ、そして藤田真央さんなどがそういう人かなと思います。聴いた瞬間に“この人だ”という音を持っていますし、それこそ“遊んでいるような”音を出せる人たちですよね。

小林愛実〔こばやし・あいみ〕
1995年山口県生まれ。9歳で国際舞台デビューし、カーネギーホールなど世界中のホールでリサイタルを開催し高い評価を受け、国内外のトップオーケストラと多数共演を重ねる。2015年に「第17回ショパン国際ピアノコンクール」でファイナリストとなり、2021年開催の第18回では第4位入賞を果たした。2018年にはワーナークラシックスとのインターナショナル契約を結んでおり、既に2枚のディスクをリリース。今後さらなる世界的な活躍に期待がかかっている。
オフィシャルサイト

photo/ Makoto Nakagawa

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

8090views

音楽ライターの眼

デビュー35周年を迎える長谷川陽子の記念リサイタル

704views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

8972views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

28366views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13241views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

5795views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15140views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

5259views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

24264views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

9615views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4713views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25648views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

8215views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10871views

音楽ライターの眼

ギリシャ出身のハード・ブルース・ギタリスト、スタヴロス・パパドポウロスがロリー・ギャラガー・トリビュート作を発表

3046views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

12661views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

6776views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

9793views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

6800views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4507views

アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

アコースティックギターの保管方法やメンテナンスのコツ

633views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10188views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25648views