Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:松居慶子さん「音楽は生きとし生けるものにとって栄養のようなもの」

全米デビューから32年。多くのアルバムが権威ある『ビルボード』のチャート上位にランクインし、欧米諸国をはじめとするさまざまな街でコンサートを行っている、ジャズピアニストの松居慶子。気心知れた仲間たちと作ったアルバム『Echo』が好評を博し、ワールドツアーも行っている中、お気に入りの曲などをうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

音楽が好きな両親でしたので、自宅には映画音楽やビリー・ジョエル、スティーヴィー・ワンダー、オスカー・ピーターソン、エラ・フィッツジェラルドなどいろいろなレコードがあり、それを聴いて育ちました。これまでの人生で特定のアーティストや作曲家にハマったことはないのですが、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は中学生の頃から大好きです。
2018年の夏は自分への誕生日祝いにハリウッドボウルのコンサートへ行き、グスターヴォ・ドゥダメルが指揮するロサンゼルス・フィルのコンサートを聴きました。もちろんピアノ協奏曲第2番が演奏されるからです。お目当てのカティア・ブニアティシヴィリがキャンセルをしてしまい、別のピアニストが弾いたのですが、曲が聴ければもう満足でしたから幸せでした。独特の哀愁やメロディーラインの美しさは代えがたい魅力がありますし、ラフマニノフらしいピアニズムも素敵です。ずいぶん手が大きな人だったようで、私は手が小さいですから弾いてみると届かないところもありますけれど、ずっと憧れの曲でした。お友達のご主人が教えてくれたのですが、ボブ・ディランが彼のアルバムで、第3楽章のメロディーをカバーしているんです。あのしゃがれ声で歌っているのが、また味があってすごくいいんです。

Q2.松居さんにとって「音」や「音楽」とは?

自分を映し出す鏡であり、いちばん正直なものですね。人間だけではなく生きとし生けるものにとっては栄養のようなものだと思いますし、人と人とが心を通わせるためのギフトではないかと感じるときもあります。
特にこの数年は長い期間にわたってコンサートツアーをすることが多く、いろいろな国や街を訪れますが、それぞれ会場の様子や雰囲気などが違っていながらも私の音楽を受け入れてくれるお客様の笑顔は共通していて、この人たちのために私は音楽をやっているのだなと実感します。蝶のパビリオンで館長をされている方が「館内にKEIKOの音楽を流しておくと蝶のコンディションがいいんだ」とおっしゃっていたという話も聞きましたし、湾岸戦争に赴いた一人の兵士から、いつ故郷へ帰れるか、家族と再会できるか、いつ危機に直面するかという不安の中、私の音楽が希望になったという手紙を受け取ったこともあります。自分が知らないうちに、私の音楽がいろいろな方の人生で生かされていることを、とてもありがたく幸せに思います。毎回のコンサートで、“音楽は、国籍・人種・宗教など全てを乗り越えて人の心を繋いでくれる”という体験をお客様と分かち合っています。この時間を捧げることこそが、私のミッションなのだと確信しています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

「音楽っていいな」と思って楽しんでいる人は、ミュージシャンであれ聴衆であれ、みんな「音で遊ぶ人」だと思います。私自身も、もちろんその一人ですよ。特にライブは楽しいですね!作曲をすることも、レッスン時代は“作らなければ”というモードでしたが、ある時点から“メロディーや素材を受け取る”というプロセスに変わりました。それは、「無になって音が聴こえて来るのを待ち、書き留める」という、ちょっと神秘的な時間でもあります。
アルバム制作に入る直前、いつも自分にプレッシャーをかけ過ぎてしまうのですが、「先までコンサートは決まっていて、ファンは新しい曲を待ってくれている。そして、何を作ってもいいという自由がある。これってなんて幸せなこと!」と自分を叱咤激励するんです。長いキャリアではありますが、私には常に音楽があってファンのサポートがあったからここまで来ることができたと思うと、ただただ有り難い気持ちでいっぱいです。コンサートでは、ファンの笑顔からエネルギーをたくさんもらって、疲れも吹き飛びます。特にここ数年は、新たなチャプターに入ったと感じているので、これからどこへ行こうかとワクワクしています。

松居慶子〔まつい・けいこ〕
ピアニスト。東京生まれ。5歳からクラシックピアノを始め、高校在学中に映画音楽の作曲など音楽活動も始める。18歳でヤマハとアーティスト契約。その後独立して渡米。1987年に発表した自主制作アルバム『水滴』が『ロサンゼルス・タイムズ』や音楽専門誌で絶賛され、アメリカのFM局の「スムースジャズ」フォーマットで中心的存在となる。2001年、アルバム『ディープ・ブルー』が全米ビルボード誌コンテンポラリー・ジャズ部門において日本人初の第1位を獲得。また、最新作『Echo』で3度目の第1位を獲得する快挙を達成。全米のみならず、フィンランド、モロッコ、アラブ首長国連邦、トルコ、南アフリカ、ロシア、ジョージア、ウズベキスタン、ウクライナ、リトアニア、ポーランド、イタリア、ドイツ、シンガポール、マレーシア、台湾など、世界各地で演奏している。2020年1月13日(月・祝)よみうり大手町ホール(東京)にてソロピアノ公演開催予定。
松居慶子オフィシャルレーベルサイト https://avex.jp/keikomatsui/

特集

八代亜紀さん

今月の音遊人

今月の音遊人:八代亜紀さん「人間だって動物だって、音楽がないと生きていけないと思います」

3435views

音楽ライターの眼

赤裸々に自己の内面を綴った『エフゲニー・キーシン自伝』

1861views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

13311views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

4256views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9363views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

2379views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1737views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2215views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3418views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

5066views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2265views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12042views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

2376views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

14471views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターとビートルズの出逢い~なぜ『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』まで出逢えなかったのか?

728views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

3965views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

1281views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

3351views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

2186views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

2408views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

12651views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3153views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13850views