Web音遊人(みゅーじん)

フラメンコ・プログレを代表するカルメンの3作品が2020年リマスター&紙ジャケット仕様CDで復刻

1970年代にフラメンコとプログレッシヴ・ロックを融合させたサウンドで人気を博したバンド、その名もカルメンのアルバム3作が紙ジャケット仕様、2020年リマスター盤で再発され、新たな注目を浴びている。

1970年、ギタリストのデヴィッド・クラーク・アレンと妹アンジェラを中心にロサンゼルスで結成。「イエスの繊細さとミュージシャンシップとレッド・ツェッペリンのパワーにフラメンコを加えた」とデヴィッドが語る音楽性とフラメンコのステップをフィーチュアしたライヴは地元で人気を博したが、あまりに斬新なスタイルゆえに各レコード会社は二の足を踏む。それでデヴィッドは「アメリカよりイギリスの方が新しいアイディアに対してオープンだ!」と、渡英を決意した。

彼らにとって転機となったのは、トニー・ヴィスコンティとの出会いだった。デヴィッド・ボウイやTレックス、シン・リジィなどの作品を手がけた名プロデューサーとして知られるヴィスコンティだが、バンドの演奏を聴いて「はたして自分にプロデュース出来るのか?」と苦悩したが、結局首を縦に振った。

1973年に発表されたファースト・アルバム『宇宙の血と砂 / Fandangos In Space』はフラメンコとプログレッシヴ・ロックが妥協することなくぶつかり合う大胆なクロスオーヴァー作品であり、その独創性あふれるサウンドは今日聴いてもスリリングだ。特に3部構成の『ブレーリアス』とタイトル曲『宇宙の血と砂』はロックと実験性のマリアージュの成功例として、2年後に発表されるクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』に比するものである。ちなみにカルメンはクイーンと同じPR担当(トニー・ブレインズビー)を雇っていたことで面識があったが、カルメンが影響を与えたのでは? という可能性についてデヴィッドはやんわりと否定。「当時は誰もが音楽の境界線を拡げようとしていた。たまたま似た方向に向かっただけ」と語っている。

『宇宙の血と砂』を聴いて魅了されたのがデヴィッド・ボウイだった。彼は自分がプロデュースするTVスペシャル『1980フロアー・ショウ』にゲストとしてカルメンを起用。この番組でのライヴはバンド唯一の映像であり、現在ではデヴィッドのYouTubeチャンネルで見ることが出来る。2曲のみの出演だったが曲の良さ、演奏力の高さ、曲中のフラメンコ・ダンスと、バンドの魅力を捉えた内容だ。


Carmen Bulerias

セールス的に成功したわけではない『宇宙の血と砂』だが、時代を超えて聴き継がれ、2015年には米“ローリング・ストーン”誌の“プログレッシヴ・ロック名盤50選”の一枚にピックアップされている。

バンドは間を置くことなく、再びヴィスコンティをプロデューサーに迎えて1974年にセカンド・アルバム『舞姫〜スペインの恋物語 / Dancing On A Cold Wind』を発表する。エッジを増した『私のセヴィーリャ / Viva Mi Sevilla』やアナログ盤B面すべてを使った組曲『回想(スペインの恋物語) / Remembrances』など起伏に富んだ作品で、アレンジやハーモニーも入り組んでいるが、驚くことに大半の曲はスタジオで書いたもので、ほとんど一発録りだったという。

1975年初めにはジェスロ・タルの北米ツアーのサポートとして同行するなど、成功への階段を上りつつあったかと思えたカルメンだが、アルバムの売れ行きは伸び悩み、長期のツアーでの経費もかさむなど、金銭的には火の車だった。そのせいでザ・ローリング・ストーンズのツアー・サポートの話はなくなり、ヴィスコンティと離れることを余儀なくされるなど、さまざまな苦難に見舞われることになる。だが彼らは1975年、3作目のアルバム『ジプシーの涙 / The Gypsies』を発表。ツアー直後にスタジオ入りして、よりロックなノリを重視しているが、ドラマーのポール・フェントンが落馬して脚を骨折したため、バスドラムが入っていない曲もある。本作はアメリカ原盤で発売されたが、やはりセールスは振るわず、バンドは解散した。

デヴィッドは現在でもロンドンを拠点に音楽活動を続けており、より自分のチカーノ(メキシコ系アメリカ人)のルーツに根差した作品を発表している。アンジェラは音楽から身を退き、ロサンゼルスで主婦をやっている。ドラマーのポールは1999年、“ミッキー・フィンズ・Tレックス”の一員として来日した。デヴィッドはカルメン時代をこう思い出す。
「若さ、タイミング、正しいメンバー、運……マジックな時代だった。デヴィッド・ボウイやクイーンのロジャー・テイラーと親しくなって、マーク・ボランがラリって椅子から転がり落ちるのも見た。今でも、当時の作品が日本で再発されている。苦労もしたけど、当時を思い出すと今でも笑みがこぼれるよ」

■インフォメーション

『宇宙の血と砂』

発売元:マーキー/ベル・アンティーク
価格:3,143円(税抜)

『舞姫〜スペインの恋物語』

発売元:マーキー/ベル・アンティーク
価格:3,143円(税抜)

『ジプシーの涙』

発売元:マーキー/ベル・アンティーク
価格:3,143円(税抜)
日本公式レーベル・サイト
デヴィッド・クラーク・アレン公式サイト

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:富貴晴美さん「“音で遊ぶ人”たちに囲まれたおかげで型にはまることのない音作りができているのです」

2124views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

3955views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

5341views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

1894views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5853views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

11090views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

9274views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

9143views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

10901views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7802views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3914views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24377views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6216views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

22629views

音楽ライターの眼

旅するチェロとギター、世界の鼓動を伝えるピアニシモ/宮田大&大萩康司デュオ・コンサート

367views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

1821views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

7418views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3269views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4396views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4132views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

890views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7589views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7084views