Web音遊人(みゅーじん)

アマチュアオーケストラに乾杯! Web音遊人

アマオケの実態を本音で紹介、演奏する人も聴く人も必読の白書/アマチュアオーケストラに乾杯!素顔の休日音楽家たち

アマチュアこそ、音楽の本道である。
そう言われても、すぐには賛同できない人も多いのではないだろうか。選ばれしプロこそが音楽のメインストリーム。そう考える方が一般的だからだ。

しかし、本書では、作曲家・指揮者であり、アマチュアオーケストラ(アマオケ)の指揮にも情熱を傾けた故・芥川也寸志のこんな言葉を紹介している。
「プロとはある特別の才能をもった、ある特別の人間のことだろうから、音楽がそんな特別なもののために存在するなどということは、到底考えることは出来ない。あえて言えば、音楽はみんなのものであり、“みんな”を代表するもののことを、アマチュアと言ってよいであろう。この意味から言えば、アマチュアこそ、音楽の本道である」
なるほど、そう言われれば納得がいく。考えてみれば当たり前のようでもあり、しかし気付いていなかったこの指摘は、すべての音楽愛好家たちに喜びと自信を与えてくれるのではないだろうか。本書では、そんなアマチュアのなかでもアマオケに焦点をあてている。
日本は1,000団体以上のアマオケがあり、しかもその数は年々増えているという。今、アマオケが熱いのだ。

著者の畑農敏哉(はたのとしや)は、中学3年生のときに市民オケ(長崎交響楽団)に入団して以来、コントラバス奏者として活動してきた。通信社での記者生活を経てテレビ局に勤める傍ら、社会人生活を通していくつかのアマオケに所属し、2012年には自らアマオケをつくって演奏会を開くまでになった。

アマオケをこよなく愛する著者はまず、ふたつの思い込みを払拭するべく、野球などに例えながらわかりやすく説いていく。
ひとつめの思い込みは、アマチュアはプロに比べて劣っていると考えられていること。しかし、プロ野球だけが野球ではなく、高校野球を見て感動する人がいるように、アマチュアは時にプロよりも大きな感動を呼ぶ力を持っていると著者はいう。
ふたつめは、高尚で華やか、お金がかかるといったオーケストラに対するイメージ。野球の社会人チームにも草野球から企業の野球部までさまざまな種類があるように、アマオケにもいろいろな形態があることを紹介する。

こうしてアマオケの素顔をみせたところで、その実態に深く切り込んでいく展開が面白い。音楽面はもちろん、ヒト・カネ・モノといった運営面までを本音で解説。著者がオケを立ち上げ、演奏会を終えるまでの記録やコントラバス奏者の休日密着レポートなど、リアルな記述も興味深く、読み進めていくうちにアマオケの世界に引き込まれていく。
アマオケに所属している人にとっては、思わず「そうそう!」と共感したり「なるほど!」と参考になったりする内容。これから始めようかと考えている人には、背中を押す一冊となるはずだ。そして、これまでアマオケとの接点がなかった人は興味を抱き、演奏会に足を運ぶきっかけになるだろう。

演奏する人、聴く人……音楽はすべての人のためのもの。読み終わるころにはそう実感する。

■作品紹介

『アマチュアオーケストラに乾杯!素顔の休日音楽家たち』
著者:畑農敏哉
発売元:NTT出版
発売日:2015年4月23日
価格:1,700円(税抜)

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:由紀さおりさん「言葉の裏側にある思いを表現したい」

2930views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.2

2784views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

4347views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

19326views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

4706views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

14538views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12770views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5061views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14674views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5123views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3852views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5879views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

7817views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5026views

音楽ライターの眼

連載35[ジャズ事始め]佐藤允彦に音楽の方向を決めさせた1966年の“現代音楽祭”

130views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

9568views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

5175views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6656views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

13130views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

5450views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

68342views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3916views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

20761views