ヤマハピアノを輝かせるため、チーム一丸で全力を尽くした「ショパンコンクール」

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
ショパンコンクール - Web音遊人
第17回ショパン国際ピアノコンクール - ピアノをめぐる物語
ヤマハピアノを輝かせるため、チーム一丸で全力を尽くした「ショパンコンクール」

2013年春、ヤマハのポーランド支店長としてウィーンからワルシャワに移った田所武寛氏は、ワルシャワの街を車で走りながら、ウィーンのラジオのクラシック音楽番組から流れる華やかなワルツを聴き、「この街並にこの音楽は似合わない……」と感じていた。ショパンの『マズルカ』のCDをかけると、どこかもの悲し気な雰囲気の街並に、それはピタリとはまった。

5年に1回、ワルシャワの国立フィルハーモニーホールで開催されるショパン国際ピアノコンクール。ポーランド支店にやってきた田所氏にとって、ヤマハとして1985年から築いてきた素地が土台にあるコンクールは重要な業務の一つだった。
大きな役割のひとつが情報収集。「ショパン演奏に必要な楽器の特性」といった、ショパン生誕の地だからこそ得られる情報を求め、動いた。「ショパン弾き、イコール審査員。だから、現地のピアニストからショパン演奏に必要な音作りの情報を得ることは、コンクールで弾かれるピアノの調整にも役立つことになる」と考え、審査員でもあるピアニストのコンサートには何度も足を運んだ。

ショパンコンクール - Web音遊人

元ポーランド支店長 田所武寛氏

ショパンに特化した楽器の特性とは何か。一例はシフトペダルだという。「ショパンの演奏では、シフトペダルを踏んだ瞬間に音色が変化し過ぎないことが求められるとわかりました。静かに歌う演奏表現のなかでシフトペダルが効き過ぎると、音がたたなくなってしまう。こうした情報を技術チームと共有しました」
ピアノは生き物。数値化できない微妙なニュアンスをピアノの調整に活かすには、ポーランドに住み、街に漂う空気感と文化の香りを肌で感じながら、生きた情報を得ることがとても大事だ。「ポーランドで聴くショパンは、日本で聴いていたショパンとは印象が違っていました」

一方、ポーランドのショパン協会との関係づくりにも力を入れた。協会主催のイベントをサポートするなど、地道な活動を通じて「ショパンコンクールの成功に貢献したい」という思いを表わし、信頼を得た。そして今回、ヤマハはポーランド・ショパン協会でピアノメーカーとして初となる、公式パートナーとなった。
また、ホールスタッフとの関係構築も欠かせない。コンクール以外のピアノフェスティバルにもピアノを提供し、国立フィルハーモニーホールにたびたび足を運ぶうちに、スタッフたちと気軽に挨拶を交わせる関係に。すると、コンクールでのピアノの調整などもスムーズに行うことができた。同時にホールの音響特性なども事前に把握できたのは大きな収穫だった。

ショパンコンクール - Web音遊人

ポーランド支店スタッフ(2015年10月当時)

2015年10月3日、ショパンコンクールが幕を開ける。ヤマハが投入したのはコンクールのために選定され、ショパンに特化した弾き込みと調整をしたフルコンサートグランドピアノ「CFX」。予備予選からも好評だったCFXが、一次予選前の選定終了時点で最も多く選ばれていると協会のオフィシャルサイトで報じられると、世界が騒然となった。
「これだけ世界が見ているのかと、その反響の大きさに驚きました。そして、技術チームとも一丸となって、我々ができることは全部やろうと、ギアをフルモードにしたのです」

元々準備していた練習室のみでは足りず、急遽ポーランド支店の一室を練習室に変えてコンテスタントたちに提供した。昼夜を問わず、休日返上でコンテスタントたちの希望に応じる。ステージ上のCFXの調整も、与えられた時間に何ができるか、いかに効率よく最高の状態に仕上げるかを考え、文字通り寝る間を惜しんで全力でやり抜いた。
「コンテスタントからのリクエストは、みなさんにほぼ満足していただけるようクリアできたと思います。ショパン協会に協力しながら、正々堂々とピアノを提供し、ピアノの品質と私たちの対応の両面で認められたことは、今回のショパンコンクールに関わったスタッフ全員の誇りです」

ショパンコンクール - Web音遊人

練習室として開放されたポーランド支店の一室

2015年10月20日、2週間あまりにわたって行われたコンクールはグランドファイナルの結果発表をもって幕を閉じた。コンクール全体を通して高い選定率を誇り、ファイナリストの5人がヤマハを弾く、という快挙を達成。しかし今回は、惜しくも「優勝ピアノ」にはなれなかった。その悔しさと、できることのすべてをやり切ったという思いで、田所氏は涙が止まらなかった。「人と人との絆や熱い思い」に突き動かされるように、全身全霊を傾け、駆け抜けた日々は終わった。
「今回、ホスト支店として、先輩たちが長年積み上げてきた実績の上で、最大限に自分のできることをやり尽くしました。これからも、ヤマハピアノをさらに輝かせていくために、同じ思いをもった多くのスタッフとひとつの目標に向かって集中的に取り組み、この貴重な経験を活かして努力を続けていきます」
音の進化を求め続ける道に終わりはない。さらなる高みに向かって、CFXはすでに新たな歩みを始めている。

 

第17回ショパン国際ピアノコンクール – ピアノをめぐる物語

▼ピアノ調律技術者 花岡昌範氏
演奏者の想いが聴き手に伝わったとき、調律技術者としての喜びを感じた

▼ピアニスト シャルル・リシャール=アムラン氏
このピアノなら自分の意図する表現に応えてくれると思った

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 芹澤一美