Web音遊人(みゅーじん)

葉加瀬太郎インタビュー Web音遊人

「今日だけの、この音」を求めて、ソロデビュー20周年の全国ツアーがスタート!/葉加瀬太郎インタビュー

ひょっとするとパガニーニってこういう感じだったのかも、と思わせるロックなバイオリニストとして注目され続け、バイオリンという楽器の可能性を大きく広げた葉加瀬太郎。ロック・バンド「クライズラー&カンパニー」での活動後、ソロデビューを果たしてから今年(2016年)で20年。それを記念した大規模なコンサートツアーが、9月15日から12月25日にかけての約3ヶ月間、全国約20カ所(48公演)で行われる。ワールドツアーや全都道府県ツアーなど、毎年のように多くのファンを楽しませてくれているが、今年は心機一転。自身のバンドをさらにパワーアップしてのスタートだ。

「15年ほどの長い間、あうんの呼吸で演奏できるようなメンバーでツアーをしてきましたが、今年はベテランのギタリストである鳥山雄司さんにバンドマスターをお願いしました。鳥山さんはこれまでもアルバムをプロデュースしてくださっていて、僕の音楽にいろいろな服を着せてくれたり、色を付けてくれたりする方。しかもプロデューサーとしてもプレイヤーとしてもストイックで、同じメロディを弾いても『僕の辞書にリピートという言葉はない』と言うほど、いつも新鮮な音楽を求めているのです」
数多くのアーティストと共演し、ヒット曲の作・編曲を手がけてきた鳥山雄司が、バンドに新鮮な空気を送り込むのは間違いないだろう。
「僕自身も、リハーサルでさっと音を出して『じゃ、あとはこんな感じでよろしく』という空気が好きではありませんから、今回のツアーは始まる前から緊張感が高まっていますね。開始の数ヶ月前からミュージシャンや音響のスタッフ全員が集まり、スタジオで音作りを始めていますし、「今日だけの、この音」を作るため、こだわり抜いています」

葉加瀬太郎インタビュー Web音遊人

コンサートでは多彩な曲を演奏するが、この8月に発売されたニューアルバム『JOY OF LIFE』からのナンバーも含まれる予定だ。アクティブなタイトル曲をはじめ、大切な音楽仲間である高嶋ちさ子をフィーチャーした『Someday Somehow』、既発売のアルバムでは森山良子が歌声を聴かせていた『もうひとつの京都』、そして地域活性のテーマ音楽として生まれた『悠久の一乗谷』『長崎夜曲』といった曲も収録されている。 「ここ数年のアルバムにはオリジナルの新曲を収録することが少なかったので、今回は溜まっていた曲のイッキ出しですね。『もうひとつの京都』など観光キャンペーンで依頼される曲もありますし、『長崎夜曲』も世界新三大夜景に認定されたことから生まれた曲。こういった曲をそれぞれの地元で演奏できるのも楽しみです」 

一方で大ヒット・ナンバーである『情熱大陸』も、今や演奏されなければ聴衆が納得しないという大切な一曲だ。「数年前から<はかせんす>という扇子をグッズで販売していますが、いつの間にか『情熱大陸』のときにはそれを振りながらお客さんが踊るようになり、そのうちにステージのメンバーも一緒になって振るようになりました。コンサートでいちばん盛り上がる曲のとき、ミュージシャンが楽器を持たずに扇子を振っているのは異常な光景ですよね。そのうちにダンスコーナーがどんどん長くなったり、ミュージカル仕立てになったり、趣向を凝らすのも楽しい時間になっています」
全国ツアーはほぼ毎日のようにコンサートがあるため、日々の燃焼ぶりにも注目したいところ。エネルギー源はいかに?
「もちろんツアーといえば、各地で美味しいものが食べられるという喜びもはずせません。うちのツアーは業界の中でもエンゲル係数が高すぎると噂されるほどで、全公演に打ち上げ付きなんです。でも長いツアーですから、そうした毎日の喜びがバンドの音を作っていきますし、ライブ感を失わずに一回一回のコンサートでエネルギーを出し切れるのです」

そんな興奮間違いなしの葉加瀬太郎ツアーを未体験の方は、ソロデビュー20周年記念で盛り上がる今年こそ大きなチャンスだ。

■アルバムインフォメーション

『JOY OF LIFE』
JOY OF LIFE 葉加瀬太郎 Web音遊人
発売元:ハッツアンリミテッド
発売日:2016年8月3日
価格:通常盤3,000円/初回限定盤(2CD)3,400円/ローソン・HMV盤(2CD+DVD)3,700円 ※すべて税抜

■ツアーインフォメーション

葉加瀬太郎 コンサートツアー2016「JOY OF LIFE」

オフィシャルサイトはこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺真知子さん「幼稚園のころ、歌詞の意味もわからず涙を流しながら歌っていたのを覚えています」

4720views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

2582views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

8901views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

19386views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12574views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

12325views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

9032views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3960views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10122views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

939views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3634views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24377views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12574views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7497views

音楽ライターの眼

ビオラの歌、共鳴するピアノ/伊藤恵&今井信子デュオ・コンサート

1209views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

4511views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

6037views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

10154views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

17057views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4036views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

890views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4845views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7084views