Web音遊人(みゅーじん)

葉加瀬太郎インタビュー Web音遊人

「今日だけの、この音」を求めて、ソロデビュー20周年の全国ツアーがスタート!/葉加瀬太郎インタビュー

ひょっとするとパガニーニってこういう感じだったのかも、と思わせるロックなバイオリニストとして注目され続け、バイオリンという楽器の可能性を大きく広げた葉加瀬太郎。ロック・バンド「クライズラー&カンパニー」での活動後、ソロデビューを果たしてから今年(2016年)で20年。それを記念した大規模なコンサートツアーが、9月15日から12月25日にかけての約3ヶ月間、全国約20カ所(48公演)で行われる。ワールドツアーや全都道府県ツアーなど、毎年のように多くのファンを楽しませてくれているが、今年は心機一転。自身のバンドをさらにパワーアップしてのスタートだ。

「15年ほどの長い間、あうんの呼吸で演奏できるようなメンバーでツアーをしてきましたが、今年はベテランのギタリストである鳥山雄司さんにバンドマスターをお願いしました。鳥山さんはこれまでもアルバムをプロデュースしてくださっていて、僕の音楽にいろいろな服を着せてくれたり、色を付けてくれたりする方。しかもプロデューサーとしてもプレイヤーとしてもストイックで、同じメロディを弾いても『僕の辞書にリピートという言葉はない』と言うほど、いつも新鮮な音楽を求めているのです」
数多くのアーティストと共演し、ヒット曲の作・編曲を手がけてきた鳥山雄司が、バンドに新鮮な空気を送り込むのは間違いないだろう。
「僕自身も、リハーサルでさっと音を出して『じゃ、あとはこんな感じでよろしく』という空気が好きではありませんから、今回のツアーは始まる前から緊張感が高まっていますね。開始の数ヶ月前からミュージシャンや音響のスタッフ全員が集まり、スタジオで音作りを始めていますし、「今日だけの、この音」を作るため、こだわり抜いています」

葉加瀬太郎インタビュー Web音遊人

コンサートでは多彩な曲を演奏するが、この8月に発売されたニューアルバム『JOY OF LIFE』からのナンバーも含まれる予定だ。アクティブなタイトル曲をはじめ、大切な音楽仲間である高嶋ちさ子をフィーチャーした『Someday Somehow』、既発売のアルバムでは森山良子が歌声を聴かせていた『もうひとつの京都』、そして地域活性のテーマ音楽として生まれた『悠久の一乗谷』『長崎夜曲』といった曲も収録されている。 「ここ数年のアルバムにはオリジナルの新曲を収録することが少なかったので、今回は溜まっていた曲のイッキ出しですね。『もうひとつの京都』など観光キャンペーンで依頼される曲もありますし、『長崎夜曲』も世界新三大夜景に認定されたことから生まれた曲。こういった曲をそれぞれの地元で演奏できるのも楽しみです」 

一方で大ヒット・ナンバーである『情熱大陸』も、今や演奏されなければ聴衆が納得しないという大切な一曲だ。「数年前から<はかせんす>という扇子をグッズで販売していますが、いつの間にか『情熱大陸』のときにはそれを振りながらお客さんが踊るようになり、そのうちにステージのメンバーも一緒になって振るようになりました。コンサートでいちばん盛り上がる曲のとき、ミュージシャンが楽器を持たずに扇子を振っているのは異常な光景ですよね。そのうちにダンスコーナーがどんどん長くなったり、ミュージカル仕立てになったり、趣向を凝らすのも楽しい時間になっています」
全国ツアーはほぼ毎日のようにコンサートがあるため、日々の燃焼ぶりにも注目したいところ。エネルギー源はいかに?
「もちろんツアーといえば、各地で美味しいものが食べられるという喜びもはずせません。うちのツアーは業界の中でもエンゲル係数が高すぎると噂されるほどで、全公演に打ち上げ付きなんです。でも長いツアーですから、そうした毎日の喜びがバンドの音を作っていきますし、ライブ感を失わずに一回一回のコンサートでエネルギーを出し切れるのです」

そんな興奮間違いなしの葉加瀬太郎ツアーを未体験の方は、ソロデビュー20周年記念で盛り上がる今年こそ大きなチャンスだ。

■アルバムインフォメーション

『JOY OF LIFE』
JOY OF LIFE 葉加瀬太郎 Web音遊人
発売元:ハッツアンリミテッド
発売日:2016年8月3日
価格:通常盤3,000円/初回限定盤(2CD)3,400円/ローソン・HMV盤(2CD+DVD)3,700円 ※すべて税抜

■ツアーインフォメーション

葉加瀬太郎 コンサートツアー2016「JOY OF LIFE」

オフィシャルサイトはこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:ROLLYさん「曲の素晴らしさや洋楽との出会いなど、大切なことはすべてフィンガー5から学びました」

6288views

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

音楽ライターの眼

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

16584views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

自宅で一流アーティストのライブが楽しめる自動演奏ピアノ「ディスクラビア エンスパイア」

40600views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

132061views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7586views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

5372views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

12942views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4327views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

16446views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5635views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

5815views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22353views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11887views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6787views

AKIRA’S Special Live Vol.4

音楽ライターの眼

井上鑑、岡沢章、神保彰。3人のAKIRAとの躍動感あふれる70分/AKIRA’S Special Live Vol.4

3970views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

11037views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2591views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

5293views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

13272views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3655views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

21817views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4290views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22353views