Web音遊人(みゅーじん)

LL-TA

気持ちよくて、ずっと弾いていたくなる!新ジャンルのギター「トランスアコースティックギター」

楽器ひとつで幅広いサウンドを奏でられるアコースティックギター(以下アコギ)。弦の振動にボディ全体が共鳴して鳴る豊かな音色は、何物にも代えがたい魅力ではないだろうか。しかしヤマハのトランスアコースティック™ギター「LL-TA」の登場で、アコギに対する価値観が大きく変わるかもしれない。

「LL-TA」の特徴を端的にいうと、アンプやスピーカーを使わず、ギター本体だけでエフェクト*をかけた演奏ができるギター。通常エフェクトをかけるときは、楽器と別にエフェクト機器を用意し、エフェクト処理を施した音は外部のアンプやスピーカーから鳴らすものだ。だが「LL-TA」は、ギターの生音にエフェクトをかけた音を重ねて鳴らすことができるという。

*残響を得られるリバーブと、音に厚みが出るコーラスの2タイプを搭載。

発音の鍵を握るのは、ボディの内側に搭載されたアクチュエーター(加振器)。弦やボディの振動を電気信号に変える仕組みはエレキギターやエレクトリックアコースティックギター(以下エレアコ)と同じだが、異なるのは音の出口。エフェクト処理を施した電気信号が加振器に伝えられ、加振器が楽器全体を振動させて音を鳴らすという、アコギと同じ発音の仕組みを採用している。
「トランスアコースティック(TA)機能は、TAスイッチを軽く押すだけで簡単にON/OFFが可能。TAスイッチをONにすれば、アコギ本体から発せられる生音と、加振器によって発せられるエフェクト音が重なり、プレイヤーを包み込むような心地よい響きが得られます」と、営業担当のヤマハミュージックジャパン 立川裕章さん。
ツマミの数を極力シンプルにしたり、本来の音を活かすために加振器の取り付け場所に工夫がされたりと、各所に開発者のこだわりが注ぎ込まれているそうだ。

気持ちよくて、ずっと弾いていたくなる!新ジャンルのギター「トランスアコースティックギター」

(写真左)奏者にとって気持ちいい音と響きを考え、加振器は体に触れる裏板側に搭載されている。(写真右)コントロール部の3つのツマミ。①リバーブコントロール(Room/Hall)②コーラスコントロール③TAスイッチ/ラインアウトボリュームコントロール

「LL-TA」は、TAスイッチをOFFにすれば通常のアコギとして弾くことができ、またシールドでアンプにつなげればエレアコとして使うことも可能。つまり、アコギ、トランスアコースティックギター、エレアコという、一本で三役こなせるという今までにないギターなのだ。

ギターを愛する人ほど、アコギは生音が全てだと思ってはいないだろうか。だが一度TA機能をONにして生音にエフェクト音を重ねてみると、豊かで懐の深い音に包まれる心地良さを感じるはずだ。
「私もギターを弾きますが、当初は『アコギ本体からエフェクト音を鳴らす必要があるのだろうか?』と思っていました。ですがTA機能を使ってみると、これがなんとも気持ちよく、ずっと弾いていたくなったのは自分でも意外でした(笑)。この気持ちよさは楽器を抱えて弾いてみないとわかりませんので、ぜひ一度店頭で試奏いただきたいです」

さまざまな技術革新を生み出してきたヤマハが送り出す、新ジャンルのギター「トランスアコースティックギター」。ベテランギタリストも思わず酔いしれる心地良い音と響きを、あなたも体感してみては?


トランスアコースティックギター演奏動画
※使用ギター:LS-TA

 

■トランスアコースティック™ギター「LL-TA」

ギター内部にアクチュエーター(加振器)を搭載することにより、アンプを使わずにリバーブやコーラス等のエフェクトをギターの生音にかけられるアコースティックギター。
詳細はこちら

トランスアコースティックはヤマハ株式会社の登録商標です。

 

特集

東儀秀樹インタビュー - Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:東儀秀樹さん 「“音で遊ぶ人”といえば僕のことでしょう。どのような楽器の演奏でも、楽しむことだけは忘れません」

2458views

演奏と語りの名手たちが、詠み、演じ、そして踊った。NHK交響楽団メンバーによるストラヴィンスキー「兵士の物語」

音楽ライターの眼

演奏と語りの名手たちが、詠み、演じ、そして踊った。NHK交響楽団メンバーによるストラヴィンスキー「兵士の物語」

1643views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

4321views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

27488views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

1521views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

1853views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

8677views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1706views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

10908views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

813views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2071views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10568views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

7231views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9282views

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

2574views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

2690views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

314views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

3249views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

8577views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

2914views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

13162views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1706views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11432views