Web音遊人(みゅーじん)

“ワクワクと好奇心”をキーワードに、新鮮な音楽を創造するマルチプレイヤー/東儀秀樹インタビュー

“ワクワクと好奇心”をキーワードに、新鮮な音楽を創造するマルチプレイヤー/東儀秀樹インタビュー

「篳篥(ひちりき)や笙(しょう)といった雅楽の楽器は、非常に個性的な音がしますので存在感はありますけれど、まだまだ知られていないと実感しています。ですから常にコンサートでは楽器の紹介をしますし、雅楽の鑑賞教室などでは高校生が好きなヒット曲なども演奏するなど、いろいろな方法で『雅楽ってこんなに素晴らしいんですよ』と広くアピールしたいのです」

約1,300年前の奈良時代より雅楽を伝承してきた東儀家に生まれ、宮内庁の式部職楽部で演奏活動を行った後にソロ・ミュージシャンへ転向。伝統的な雅楽をベースにしながらも、多彩な音楽とレパートリーで独自の音楽を創造してきた東儀秀樹。約20年で20枚以上のアルバムをリリースする中、洋楽のヒット曲などを篳篥で演奏する『Hichiriki』シリーズも注目の的になっている。その最新作『Hichiriki Café』は、『As Time Goes By』『Yesterday Once More』ほか多くの人に愛される曲や、映画『君の名は。』の挿入歌であるRADWIMPSの『なんでもないや』、そして東儀によるオリジナル曲も収録。まさに心地よいカフェ気分が味わえる一枚だ。

「篳篥は人の声そのものであり、歌う楽器としての魅力にあふれています。ですからこれまでも、メロディが美しい曲や気軽に歌いたくなる曲は、ジャンルを問わずレパートリーに加えてきました。子供の頃から家庭にはクラシックや映画音楽などが日常的に流れていましたし、ビートルズや最新のポップスなどにも親しんでいたのです。小学生から中学生にかけてはアメリカの反戦フォークやブルース、ディープ・パープルやレッド・ツェッペリンといったハードロックなど、気になった音楽は積極的に聴いていましたので、それが結果的には現在の自分に通じているのでしょう。いま10歳の息子が、T.レックスやドゥービー・ブラザーズなど70年代のロックを好んで聴いていますけれど、家庭における音楽環境は人間形成に大切だということを、あらためて実感しているところです」

“ワクワクと好奇心”をキーワードに、新鮮な音楽を創造するマルチプレイヤー/東儀秀樹インタビュー

多様な趣味を楽しみ、その息子さんとのエピソードなどがテレビや雑誌などで披露されることもある中、親子の関係が作曲におよぶことも多いという。

「今回のアルバムに収録した『Little Bicycle』『君の夢を守りたい』といった曲は、息子との日常なくしては生まれませんでした。彼の未来に期待しながら、楽しい想い出を音楽として残しておきたいという気持ちもあります。作曲については日常のひらめきがすべてですし、自分が見たりリアルに出くわしたりしたことがヒントになっていますね。たとえばコンサートツアーなどでいろいろな場所を訪れた際には、その街を歩き回ることでいろんなものに出会いたいですし、流れてくる音楽にアンテナを刺激されることも多いです。若い世代のバンドを知り、音楽の作り方に新鮮な驚きをおぼえることもありました。日頃から“ワクワクと好奇心”を忘れずにいれば、新しいものに出会える喜びがありますし、それが自分の音楽を生み出していく原動力になっていくはずです」

さらには、2017年8月から11月にかけ、バイオリニストの古澤巌、アコーディオン奏者のcobaとのトリオ「TFC」による全国ツアーも行われる。それぞれがジャンルを超越した曲を自在に、そして個性豊かに演奏するプレイヤーであり、楽しさも満載のコンサートになるはずだ。

「何度共演しても未知の部分があるため、演奏はステージごとに新鮮。この3人だからこそ生まれる音楽がありますので、僕自身も楽しみながらの4か月になると思います」

デビュー20年を超えるベテランだが、好奇心のアンテナはまだまだ高感度。私たちは雅楽器の音色を気軽に、そしてじっくりと味わいながら東儀ワールドを堪能できるだろう。

■ アルバムインフォメーション
『Hichiriki Café』
Hichiriki Café
発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売日:2017年8月2日
価格:3,240円(税込)
詳細はこちら

■東儀秀樹×古澤 巌×coba 全国ツアー2017
2017年8月5日(土)よりスタート
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

8715views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

3811views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

7815views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

89672views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

9035views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

15368views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

18485views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5815views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18576views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

4843views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3994views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22026views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

9691views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8161views

音楽ライターの眼

ブルース・ホーンズビーが“スパイク・リー三部作”で新たなる飛躍へ

594views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

7297views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

4843views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

10095views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

11359views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4646views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

89672views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3982views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7786views